婚活支援金プレゼント!当サイト経由で3ヶ月以内に入会した方全員に30,000円

2024.03.22 更新

再婚のベストタイミングっていつ?しない方がいいタイミングも解説

この記事はプロモーションを含む場合があります。
再婚のベストタイミングっていつ?しない方がいいタイミングも解説

再婚を考える際、最適なタイミングを見極めることは、新たな人生のスタートを切るうえで非常に重要です。しかし、再婚には適した時期とそうでない時期があります。この記事では、再婚を成功させるためのベストタイミングと、再婚を見送るべき状況について詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

再婚のタイミングとして多いのは?

2021年の人口動態調査 人口動態統計のデータを調査してみたところ、男女ごとの再婚のタイミングとして以下のような結果が明らかになりました。

離婚から再婚までの期間
5年以内55.2%51.4%
5~10年以内23.7%23.9%
10年以上21.1%24.7%

上記の通り、離婚から再婚までが「5年以内」の人が半数以上を占める結果となりました。男性の場合は「1年以内」の割合が最も多く、年数が増えるにつれて徐々に割合が低くなっています。

また、期間が延びるにつれて再婚率も低くなっていくなかで、男女共に「10年以上」の数字も高くなっています。これは、子育てや仕事が一段落して自分の時間が増えていくなかで、新たなパートナーと共に人生を歩んでいきたいと決意する人が多いことを表していると予想できます。

再婚におすすめのタイミング

続いて、再婚のタイミングとしておすすめな時期をまとめていきます。子どもがいる場合といない場合、それぞれのタイミングで計5つ解説していきます。

心から幸せを感じる相手がいる

再婚を考える際には「この人しかいない」と心から思える相手に出会えたかどうかが、踏み切るべき重要なタイミングです。離婚を経験しているからこそ、自分にとっての結婚の意味が明確になり、苦労を共に乗り越えられる相手であるかを見極めることができます。

また、同棲などを通じて一緒にいる時間が幸せであると感じることは、再婚生活のなかで直面するであろう困難を乗り越えるための大きな力となります。相手への愛情が深く、一緒にいることに幸せを感じることができれば、それは再婚を決断するのに適したタイミングであると言えるでしょう。

新しく子どもを授かった

深い関係を築いているなかで、新しい命を授かることもあると思います。その喜びを共に分かち合えるなら、それは再婚を考える絶好の機会です。新たな家族を迎え入れる準備をしましょう。

しかし、妊娠の機会によって再婚する場合は慎重に進める必要があります。一部には否定的な見方をする人もおり、家族からの反対に直面する可能性もあり得ます。夫婦が互いを支え合い、周りの理解を得るためには、積極的なコミュニケーションが必要になります。

子どもの物心がつく前

子どもの物心がつく前に再婚すると、新しい生活への適応がスムーズに進む傾向があります。この時期の子どもは「お父さん」「お母さん」の概念を明確に認識していないため、再婚相手を自然に受け入れやすく、生活環境の変化にも柔軟に対応できます。また、再婚相手にとっても、実の親と比較される心配が少なく、関係構築のプレッシャーや負担が軽減されるメリットがあります。

しかし、シングルマザーの再婚に際しては、子どもへの虐待リスクに特に注意が必要です。特に低年齢の子どもを持つ再婚家庭では虐待が起こりやすいため、再婚を決める前にパートナーとの信頼関係をしっかり築き、子どもにとって安全な環境を確保することがとても重要です。再婚は新しい家族関係を築くチャンスであると同時に、子どもの安全と幸せを最優先に考える責任も伴うことを忘れてはいけません。

子どもの進学に合わせる

子連れ再婚を考える際、子どもの進学や進級のタイミングを選ぶことは、子どもにとってストレスを最小限に抑える適切な方法です。特に、新しい学校年度の始まりに合わせて再婚することで、子どもが引っ越しや名字の変更によるストレスや、イジメのリスクを避けやすくなります。

小学校や中学校への入学を控えている場合、春の入学式から新しい環境に慣れることは、途中で転校するよりも子どもにとって有利です。再婚のタイミングを遅らせてしまうと、子どもの教育機会に影響を及ぼす可能性があるため、計画的に進めることが重要です。このプロセスでは、再婚相手との十分な相談と理解が必要となります。

子どもが自立したあと

子どもが独立したあとは、再婚を考えるうえで最もスムーズなタイミングと言えます。この時期のメリットとして、子どもが親の再婚を理解しやすい年齢になっていること、再婚相手と子どもが一緒に暮らす必要がないこと、そして周囲からの祝福を受けやすい環境があります。ただし、このタイミングでの再婚では、年齢的な理由から再婚相手との間に子どもを持つことを諦めなければならない可能性も考慮する必要があります。

もし再婚に関してお互いに合意があれば、子どもが自立した後は再婚に適した時期と言えるでしょう。特に、再婚を急いでいないシングルマザーにとって、子どもが社会人や大学生になり、親の人生を歩むことに理解を示す年齢になっている時期は、再婚を考えるうえで良いタイミングです。

再婚しないほうがいいタイミング

再婚しないほうがいいタイミング続いて、再婚に適していないタイミングをまとめていきます。

離婚直後で立ち直れていない

離婚後の心の傷がまだ癒えていない状態での再婚は、リスクが伴います。前の配偶者への未練が残っている場合、新しいパートナーとの比較をしてしまいがちですが、これはどちらにとっても幸せにつながる行為ではありません。

さらに、以前の結婚生活での苦痛が心に残っている場合、新しい家庭でも心から安らぐことが難しくなります。孤独感や他者からの圧力によって急いで再婚することは避けるべきです。離婚による心の傷が完全に癒え、前向きに新しい結婚生活を迎えられる状態になるまで、再婚のタイミングを見極めることが大切です。

親に反対されている

親や家族からの反対があるなかでの再婚は、慎重に進める必要があります。親の反対を無視して再婚することは適切ではなく、親との関係が悪化したり、子どもが祖父母の愛情を受けられなくなったりする可能性も考慮する必要があります。再婚を考える際には、家族の意見を尊重し、時間をかけて親を納得させることが後悔を避けるために重要です。

また、成人した子どもがいる場合、再婚による相続の問題も生じることがあり、子どもや将来の相続人との間でトラブルが起こらないよう、事前にしっかりと話し合い、信託契約などを通じて財産の扱いを明確にすることが、家族間の問題を解決し再婚への道をスムーズにする方法となります。再婚に際しては、家族全員が納得し、幸せを感じられる解決策を見つけることが大切です。

子どもが再婚を受け入れていない

子連れ再婚を考える際には、子どもの気持ちを最優先に考えることが重要です。特に、子どもが思春期にある場合、再婚を急ぐよりも、子どもが新しい家族構成を受け入れることができるタイミングを待つべきです。思春期の子どもは反抗期にあり、シングルマザーの再婚は特にデリケートな問題となります。子どもが再婚相手に対して反感を持つことが予想されるため、子どもの前で過度に親密な態度を避け、再婚相手からの過度な干渉を控えるなど、慎重に関係を築いていく必要があります。

また、子どもが精神的に不安定になったり、非行に走るリスクを考慮し、子どもが心から受け入れられる環境を整えることが、再婚を成功させるためには不可欠です。子どもと再婚相手との関係をじっくりと築き、家族全員が幸せになれる再婚を目指しましょう。

信頼関係を築けていない

幸福な結婚生活を送るうえで、夫婦間の信頼関係はとても重要です。相手を心から信じられなければ、生じる問題を共に解決していくことが難しくなります。信頼関係を築くうえで重要な要素には、次のようなものがあります。

  • 約束を必ず守る
  • 相手の話に耳を傾ける
  • 相手の意見を重んじる
  • 感謝の気持ちを適切に表現する
  • 間違いを認めて素直に謝る

もし信頼関係に何らかの問題があると感じる場合は、再婚を急がずに、関係の改善に努めることが賢明です。

再婚前のタイミングに確認すべきこと

最後に、再婚前のタイミングで確認すべきことをまとめていきます。これまでのおさらいにもなっているので参考にしてみてください。

子どもの心境を確認する

子連れ再婚を考える際、多くの人が幸せになることへのためらいを感じることがあります。特に子どもの将来を第一に考えると「再婚しないほうが良いのでは?」と迷う方も珍しくありません。もし再婚が子どもにとってプラスに働き、笑顔が増えるのであれば、再婚は親だけでなく子どもにとっても幸せな選択となり得ます。

子どもの感情を尊重しながら、再婚の適切なタイミングや、子どもの成長に合わせた接し方、教育方針についても事前に話し合うことが大切です。

お互いの親の理解を得る

夫婦間での親族関係は重要ですが、お互いの考え方が異なる場合、衝突する可能性があります。例えば、親戚付き合いの行事や、お互いの意見をどのように尊重するかなど、夫婦での距離感や考え方について事前に話し合っておきましょう。

お互いの家族や親族に関する不満や感じたことを話し合うことは難しいかもしれませんが、夫婦が互いの立場や感情を理解し、サポートし合うためにも、このような話題についてもオープンに話し合うことが大切です。

金銭面の話し合いをしておく

共働きの夫婦が増えるなかで、お互いの収入について詳しく把握していないケースも少なくありませんが、共同生活を送るうえで基本的なルールの設定は欠かせません。生活費の管理や、高額な買い物をする際の事前の相談など、難しい話題も含めてしっかりと話し合うことが大切です。

また、再婚の際、それぞれが持ち込んだ預貯金や不動産などの個人財産は、基本的には共有財産から除外されます。しかし、再婚後の生活が始まると、どの財産が個人のもので、どれが夫婦の共有財産であるかが不明瞭になることがあります。そのため、個人財産と共有財産を明確に区分し、お互いに確認しておくことが重要です。

再婚のタイミングについてまとめ

再婚のタイミングについてまとめ再婚を考える際、最適なタイミングを見極めることは、新たな人生の幕開けにおいてとても重要です。再婚の成功には、子どもの心情、経済的準備、前の配偶者との関係性など、多くの要素が関わってきます。

再婚は、単に二人の大人が新たな人生を始めるだけでなく、家族全員にとって大きな変化をもたらします。そのため、再婚のタイミングは、すべての関係者が心から幸せになれる瞬間を見極めることが肝心です。

再婚のタイミングについての関連記事

再婚の年齢を考えている方向けの関連記事はこちらです。

2024年春の最新キャンペーン

ノッツェ

お得なペア割

入会金20,000円OFF!

2人で入会すると入会金が安くなる割引制度です。
友人や親子、同僚、同性、異性同士など、どのような組み合わせでも入会可能。
1人で入会した後でも、入会後に紹介した方が入会された場合、紹介した方と紹介された方両方に商品券2万円をプレゼントしています。

★入会金20,000円OFF★

お得なペア割入会金活動初期費用月会費情報提供料
ベーシックコース13,000円
(通常33,000円)
52,250円
(通常52,250円)
4,950円~
(通常4,950円~)
85,800円
(通常99,000円)
お見合いアシストコース13,000円
(通常33,000円)
52,250円
(通常52,250円)
21,450円
(通常21,450円)
-

※上記は全て税込み金額です。
※ベーシックコース・お見合いアシストコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。
※男性は20歳以上で定職者の方が対象。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
その他のみ
詳しく見る
閉じる
ノッツェ

他社から乗りかえ料金プラン

入会金0円 活動初期費用0円!

お得に他社からの乗り換えができる婚活プランです。
入会金と活動初期費用が0円のため、費用面での負担なく入会できます。

★入会金0円★
★活動初期費用0円★

費用他社からの乗りかえプラン
入会金0円
(通常33,000円)
活動初期費用0円
(通常77,000円)
月会費4,950円~
(通常4,950円~)
情報提供料85,800円
(通常99,000円)

※上記は全て税込み金額です。
※ベーシックコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。
※男性は20歳以上で定職者の方が対象。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
他社乗換のみ
詳しく見る
閉じる
ノッツェ

シングルマザー限定料金プラン

活動初期費用0円 月会費1,650円OFFなど!

再婚を考えているシングルマザーの婚活を応援するプランです。
活動初期費用や月会費、情報提供料の割引により、費用の負担を抑えて婚活を始められます。

★活動初期費用0円★
★月会費1,650円OFF★
★情報提供料56,100円OFF★

費用シングルマザー限定料金プラン
入会金33,000円
(通常33,000円)
活動初期費用0円
(通常77,000円)
月会費3,300円~
(通常4,950円~)
情報提供料42,900円
(通常99,000円)

※上記は全て税込み金額です。
※20歳未満の学生のお子さんをお持ちの独身女性(再婚・未婚を問わず)が対象。
※ベーシックコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
女性
地域
全国
その他
シングルマザーのみ
詳しく見る
閉じる

都道府県から結婚相談所を探す

結婚相談所一覧から結婚相談所を探す