結婚したい女性薬剤師さんへ

引く手あまたな筈なのに…30代薬剤師の未婚率は高い!?

結婚したい職業として人気の薬剤師

近年めきめきと男性人気を伸ばしてきた薬剤師。
有資格者で安定した収入があり、出産後も続けられることから薬剤師は看護師に次いで人気の医療系職業です。
そのため、婚活男性の人気も高く、引く手あまたの状態が続いています。

しかし30代未婚の薬剤師は多い……

実際に職場を見回してみると辺りは女性ばかり。入局して仕事に慣れるまでは時間も余裕もなく、恋人を作る余裕もないままあっという間に30代、という薬剤師が増えています。
そして、キャリアを積めば積むほど仕事にやりがいを感じ、楽しくなってきてますます恋愛とは遠ざかってしまう…。そんな方は結構多いのではないでしょうか?

30代後半になると、わざわざ合コンにも行かなくなり自分の趣味や友人との交流が楽しくて、あえて恋人を作ろうとは思わなくなってしまう…と、そんな風に思う薬剤師がかなりの数いることは、薬剤師の方ならご存じのファーマゲートのアンケート結果で出ています。

薬剤師が結婚できない3つの理由

理由1:出会いがない

薬剤師の勤務先は、薬局や病院です。当然同僚は医師、看護師、同じ薬剤師…となるのですが、数が多い看護師はそのほとんどが女性で、男性は滅多に居ません。(女性看護師の約5%ほどが男性看護師です)

また、医師は男性が多いですが、まずその数が圧倒的に少ないです。そのうえ部署が違うため、会う機会はあっても、恋愛に発展するほど親しくなる可能性はとても低いです。

同じ薬剤師ですが、こちらも男性よりは女性薬剤師の方が多いため、基本的に職場では出会いはありません。(男性薬剤師と女性薬剤師の比率は3:7ですが、小さな薬局ですと薬剤師が1人もしくは2人でその両方が女性などと言うのは良くある話です。)

社会人の結婚相手との出会いの場ナンバーワンを誇る職場での出会いが無いため、自然と薬剤師の既婚率が下がっていると言えます。

理由2:時間がない

これは勤務している場所によって若干変わってきますが、薬剤師は常に新薬の情報などを学ばなければなりません。 そのため、思ったより時間が取りづらくなっています。
新人の頃は新人の頃で覚えることがとても多く、恋愛にまで時間を割けない!とおっしゃる方はかなり多いです。

また、ある程度勤務して基本的な仕事には慣れたとしても、前述のように常に学ぶことはあるためなかなか気持ちの余裕を作るのが難しい、なんてこともあるようです。

これが、責任のある役職を任されるようになったら尚更です。下の者を指導しなければなりませんし、新薬等の勉強のほかに上司としてのあり方、その役職で必要な技能等についても学ばなければなりません。

理由3:一人でも楽しい

ある程度安定していて、同世代の女性よりも高収入な薬剤師。
職場での出会いがなく、多忙でも趣味を持っていればそれが楽しみになり、休日は趣味に全力投球!という方が結構いらっしゃいます。

時間に余裕があまりなくても、金銭的に余裕があるため、好きなことに没頭しているだけで満足してしまうようです。

また、同僚や友人に同じ趣味を持った人が居る場合、恋愛<趣味になってしまいがちです。

もちろん趣味は趣味で素晴らしいのですが、それが結婚できない理由になってしまう場合は思っているより多いのです。

女性薬剤師が結婚するのに最適なタイミング

薬剤師はほかの職業に比べて、職に就くタイミングが遅い傾向にあります。さらに働き始めの数年間は仕事に追われるシーンも多いので、最適なタイミングをしっかりと見極めて婚活に取り組むことが大切です。

28~29歳で結婚が理想!

薬剤師は就学期間の長い職業ですが、それでも出産や子育てのことを考えれば、28~29歳が結婚の適齢期になるでしょう。

そもそも薬剤師として働くには、高校卒業後に最短で6年の就学期間が必要。 さらに国家試験にも合格する必要があるので、働き始める頃には20代の中盤を迎えます。

また、働き始めの数年間は仕事に追われやすいので、仕事と家庭の両立は現実的ではありません。 仕事がようやく落ち着き、経済的にも精神的にも安定した28~29歳頃が結婚のねらい目となります。 つまり、薬剤師は就職してから数年間で適齢期を迎えるため、早い段階から結婚を意識しておくことが大切です。

27歳以上は遠回りしていると婚期を逃す!?

28~29歳という結婚適齢期を考えると、27歳以上の薬剤師はのんびりと出会いを待っている余裕はありません。 お付き合いから婚約まで、さらには結婚の準備にもある程度の時間がかかるので、遠回りをすると大切な婚期を逃してしまいます。 とは言え、学生時代から勉強の日々が続く薬剤師は、どうしても出会いの場が限られる職業。

また、パートナーとは今後の人生をずっと一緒に過ごすので、「やっぱり慎重に選びたい…」と感じますよね。 そのため、薬剤師の方には結婚相談所の利用など、スピーディーかつ効率的な婚活に取り組む方法がおすすめです。

3ヶ月以内に素敵な人と出会いたいなら結婚相談所がおすすめ

3ヶ月以内に素敵な男性と出会って結婚したい、と思う方にはとくに結婚相談所がおすすめです。

周囲に内緒で婚活でき、気軽に始められるリーズナブルなプランも多くあります。

結婚相談所選び、最初の一歩に迷ったら一括資料請求

どの結婚紹介所を選んだらいいのかわかないという方は、まずは結婚相談所の資料を取り寄せるところから始めてはいかがでしょうか。

年齢やお住まいの地域などからあなたに合う結婚相談所を自動でピックアップし、お取り寄せの手配をまとめて行えます。

資料のお取り寄せに費用はいっさいかかりませんので、お気軽にご利用ください。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

なかなか結婚できない!女性薬剤師の婚活体験談

まさかの10歳年下の男性とカップルに(43歳/北海道)

大規模婚活パーティーに参加してみました

先日利用した婚活パーティーはかなり大規模なもので、若い方から年配の方まで、年齢層もかなり幅広い会員さんが集まっていました。といってもメインはやっぱり若い方々。中には若い女の子に積極的に声をかけている男性もいましたが、大体は同じくらいの年齢層で集まっていました。 そんな中、私に声をかけてくれたのは明らかに若い男性。年齢を聞いてみるとちょうど10歳年下という事で私も驚いてしまいました。

» つづきを読む

女性薬剤師の就業タイプ別にみる結婚事情

女性薬剤師は就業タイプによって、収入面や将来のライフスタイルに違いが見られます。これらの点は結婚後の生活にも影響を及ぼすので、就業タイプによる違いを以下でしっかりと押さえておきましょう。

大手調剤薬局勤務の場合

大手調剤薬局に勤めるメリットとしては、安定した給与形態やキャリアプランなどが挙げられます。 大手は企業収益が安定しているので、そこで働く薬剤師の収入も安定しやすい傾向に。

また、薬局長やエリアマネージャーのように、着実にキャリアアップを狙える仕組みが整えられている点も大手ならではの魅力でしょう。

ただし、特に全国展開している店舗では、異動や転勤が増える点も意識しておきたいポイント。 異動・転勤は、結婚後のライフスタイルにも大きな影響を及ぼします。

地域密着型調剤薬局勤務の場合

地域密着型調剤薬局のメリットは、大手に比べて給与が上昇しやすいこと。 条件・交渉次第では福利厚生も充実しますし、異動や転勤も少ない傾向にあるので、安定した結婚生活を送りやすいでしょう。

ただし、各薬剤師に与えられる裁量が大きくなる分、仕事に対する責任も大きくなります。 たとえば、スタッフ不足や調剤過誤などのトラブルに見舞われた際にも、基本的には自分で解決することが求められるので、急な予定変更が必要になるケースもあるでしょう。

病院勤務の場合

患者と直接関わりながら仕事をこなす病院薬剤師は、「スキルアップ」や「キャリアアップ」を狙える点が大きな魅力。 実務を通して薬剤師としての知識を増やせるため、強いやりがいを感じながら貴重な経験を積めます。 ただし、ほかの薬剤師に比べると年収相場が低く、福利厚生もそれほどは充実していません。

また、夜勤や日直当番(当直)を任せられるケースも多いので、勤務時間や出勤日数が増える点は事前に覚悟しておくことが必要です。

ドラッグストア勤務の場合

ドラッグストアは特に待遇面が良い就職先なので、薬剤師から高い人気を誇ります。 もちろん職場にもよりますが、一般的な調剤薬局や病院に比べると、年収換算で数百万円多いケースも。 さらに60歳を過ぎても働ける場合があるので、経済面では安定しやすい就業タイプと言えるでしょう。

ただし、実務の中で調剤経験が積めない点は軽視できないポイント。 特に調剤薬局や病院に転職をする場合、「未経験」とみなされる可能性もあるため、転職先や転職のタイミングには要注意です。

女性薬剤師の結婚しやすさランキング

女性薬剤師は就業タイプによって、結婚のしやすさが大きく変わります。どのような理由で変わってくるのか、そしてどのタイプが結婚しやすいのかについて、以下で詳しくチェックしていきましょう。

総合ランキング

順位 就業タイプ 経済力 出会いの多さ 婚活に時間がとれるか
1位 ドラッグストア勤務
2位 地域密着型調剤薬局勤務
3位 大手調剤薬局勤務
4位 病院勤務

結婚のしやすさランキングでは、「ドラッグストア勤務」の薬剤師が1位という結果になりました。 パートナーの男性にとっても、経済的に安定している点はやはり魅力的な要素。 万が一自分が働けなくなっても生活を維持できるので、結婚において経済力は大きく有利に働くポイントです。

経済力

もちろん勤め先によっても変わりますが、一般的な薬剤師は「ドラッグストア>調剤薬局>病院」の順で給与が高くなります。

初任給はそれほど変わりませんが、ドラッグストアや調剤薬局は勤続年数に応じて着実に給与が増えていきます。 特にドラッグストアは、月5~10万円の「薬剤師手当」が支給される点も大きなメリットでしょう。

また、大手調剤薬局と地域密着型調剤薬局(中小規模)の違いも、しっかりと押さえておきたいポイント。 収入の安定性では大手に軍配が上がりますが、年収で比べると中小規模のほうがやや多い傾向にあります。

出会いの多さ

基本的に薬剤師は、職場での出会いが多い職業ではありません。

ただし、職場の規模が大きければ同僚や患者の数が増えるので、その分出会いのチャンスも増えていきます。 そのため、中でも大手調剤薬局は出会いに比較的恵まれた環境と言えるでしょう。 中小規模の調剤薬局やドラッグストアについても、出会いのチャンスが全くないわけではありません。

その一方で、病院勤務の薬剤師は閉鎖的な空間で働くため、どうしても出会いが少ない傾向に。 よほど規模の大きい病院でない限り、将来のパートナーを見つけることは難しい状況に置かれています。

薬剤師が結婚するならどんな人がおすすめ?

薬剤師は前述した通り、同世代の女性よりも収入があるため相手の方の理解が必要になります。

一部の男性は未だに夫の収入の方が妻より低いのは恥だと考えていますが、そういった男性ではなく薬剤師の仕事の大変さやその収入を得るためにどれだけ苦労しているかをしっかりと理解できる人となら、幸せになれる可能性はかなり高いです。
同世代の一般的な会社勤めの男性ですと、30代の平均年収は400万円程度で同世代の薬剤師の平均年収より約100万円ほど低いという結果が出ています。

薬剤師の仕事をきちんと理解してくれて、貴方をちゃんと労ってくれる優しい男性と出会えば今よりももっと幸せになれます。

女性薬剤師と相性が良い結婚相手を見分けるポイント

調剤薬局勤務の場合はここをチェック!

大手の調剤薬局に勤めている場合は、「将来のライフプラン」を意識した相手選びが大切。 職場によっては異動・転勤を命じられるので、仕事をいつまで続けるかや、パートナーに求める働き方などを考えておきたいところです。

一方で地域密着型調剤薬局の場合は、精神的に支えてくれる相手がベストでしょう。 多くの業務や責任が圧しかかる職場であっても、心を癒してくれるパートナーが近くにいれば、日々のストレスをうまく発散できます。

病院勤務の場合はここをチェック!

病院勤務の薬剤師は、日々の激務に追われやすい傾向があります。 また、収入面ではなく将来性を伸ばすために勤務しているので、「仕事に理解を示してくれること」が何よりも大切です。

さらに、家事・育児に積極的に参加してくれる点も、パートナー探しで強く意識しておきたいポイント。 特に夜勤や当直が多いような職場では、毎日家事・育児をこなしていると体が持ちません。 共に支え合いながら結婚生活を送れる、そんな協力的なパートナーが理想です。

ドラッグストア勤務の場合はここをチェック!

ドラッグストアに勤務する女性薬剤師は、休みを調整しやすいパートナーを選ぶことが大切。 年中無休の店舗が多いので、特に土日祝日が休みの男性とは予定を合わせにくい傾向があります。 また、不規則な勤務に理解を示してくれる点や、家事・育児に協力的な点も意識しておきたいポイントでしょう。 ドラッグストアの女性薬剤師は年収が比較的高いので、パートナー選びにおいては経済面ではなく、家庭でのサポートなどに目を向ける方法がおすすめです。

薬剤師におすすめな婚活方法は結婚相談所!

結婚相談所なんて、響きが古くさい…
すごくお金が掛かるんじゃ…?
そう思って今まで結婚相談所を避けて来ていませんでしたか?
ですが、最近の結婚相談所は、昔とはかなり違っています。

今まで結婚相談所の利用を検討したことがない方や、そもそもその存在を知らなかった方、ぜひ結婚相談所の利用をご検討下さい。 結婚相談所を利用することで、以下のようなメリットが生じます。

女性薬剤師に「結婚相談所」がおすすめな理由

こちらの都合に合わせて会うことが可能

前述した通り、薬剤師は常に学ぶべき事が多く多忙な方が多い職業です。
勤務先が病院と薬局、ドラッグストア等ではまた変わってきますが、全般的に多忙な方が多いです。特にシフト勤務の場合は一般的な会社勤めの男性と会う機会がなかなか作れないということになってしまうこともあります。
まずお付き合いする前の段階で、そういった面倒なやり取りをしてまで会いたいか?とどうしても考えてしまいますよね。

ですが、結婚相談所ですとそういった面倒なセッティングはお任せすることが可能です。
複数の候補の中からマッチングする事ができるので、スムーズに何人もの男性と会うことができます。たくさんの男性と会うということは、より自分に合う方を選ぶことができる、ということです。

合コンよりもコスト的にも優れている

1回の合コンの費用が約3,000円~5,000円くらいですが、もし合コンが月2回あるとしたら1ヶ月で6,000円~1万円掛かることになります。(そんなに紹介してくれる人が居ない、というのはさておき)
それを×12回で7万2,000円~12万円掛かる事になります。
しかも、相手の素性はハッキリとはしません。合コンに既婚者が紛れている、なんて事も意外と多いようです。

ですが、結婚相談所を利用するとそんな事はありません。
例えば、大手結婚相談所のノッツェですと入会金3万円+初期費用4万7,500円+毎月2名紹介料4,500円で合計8万2,000円になります。一番安い合コン費用よりはお高くなってしまいますが、それでも完全に独身者のみと出会えるのであればそれを加味してもお安いと言えます。
結婚相談所の登録者は全員独身証明書の提出が義務づけられているため、既婚者の紛れ込む余地はありません。

また、紹介人数は最大毎月10名で13,500円となっていますので、たくさんの方と会って早めに決めてしまいたい方には紹介人数が多いプランがおすすめです。

会う前に相手の情報をチェックできる

友達からの紹介や合コンでは、普通出会ってすぐに深い情報は知り得ることができません。
名前とどこに勤めているか、くらいしか最初に会った時は知ることができない事が大半です。
身近な人からの紹介ですと、紹介者に遠慮してしまいなかなか聞きたいことを聞き出せない、なんてこともありますよね。

ですが、結婚相談所ですと最初からお互いに望む条件を提示できますので、無駄なやり取りをする必要がありません。
また、お互いの両親との同居等の問題も事前に分かるため、合わない方とは会う必要がありません。
なかなか聞きにくい年収や、持ち家かどうか、車の有無などの財産関係の話についても記載があるので安心できます。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

薬剤師におすすめの結婚相談所4選

結婚相談所と一口に言っても、仲人紹介型やデータマッチング型、イベントなど行えることは様々。

ここでは、数ある結婚相談所のなかから、特におすすめの大手結婚相談所4社を紹介します。

オーネット

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社オーネット
会員数 49,936人【男性:28,390人 女性:21,546人 / 男女比 57:43】
(2019年10月1日現在。既に会費の支払いが終了した会員を含む。自己都合・交際等により一時的に活動を休止中の会員14,378人を含む。)
成婚実績 5,880人
※2018年1~12月の実績かつ会員同士のみの成婚者数
主なエリア 関東、関西、中部地方を中心に全国各地
全国支店数 40店舗
6ヶ月の活動費の目安 20代女性:約11.2万円
30~50代男女:約18.9万円
他社との違い プラン内容に関わらず成婚料が0円

もっと詳しく>>

おすすめの理由

オーネットは、初期費用(100,000円)と月会費(13,900円)のみというシンプルな料金体系と、年代別や条件別のプランが用意されているのがポイント。

活動休止中は月会費が500円とかなりリーズナブルな上に、会員同士の成婚の場合はお祝いをもらえるという特典もあります。

写真検索やパーティーへの参加を通して、簡単に自分に合う相手を自分で探すことができるのがメリットです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

ツヴァイ

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社ツヴァイ
会員数 27,758人
成婚実績 5,427人
※2018年2月21日~2019年2月20日の実績で、会員同士・会員外含む成婚者数
主なエリア 関東、関西、中国地方など全国各地
全国支店数 51店舗
6ヶ月の活動費の目安 20代女性:約13.2万円
30~50代男女:約15.8万円
他社との違い お得なエリア限定プランもある

もっと詳しく>>

おすすめの理由

ツヴァイは大手結婚相談所のなかでも特にリーズナブルな料金設定が魅力となっています。
さらに、特定の店舗を利用することで、初期費用と月会費を合わせても10万円以下に抑えることも!

条件マッチングや価値観マッチングなどにより、住んでいる場所や趣味、考えや価値観が自分と近い人と出会える結婚相談所です。

自分で相手を探す以外に、専任のマリッジコンサルタントによるサポートを受けながら婚活を進めることも可能です。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

パートナーエージェント

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社パートナーエージェント
会員数 24,439人
※CONNECT-shipの会員数含む
成婚実績 成婚率:27.2%
※2017年4月〜2018年3月の年間成婚退会者÷年間平均在籍会員数×100で算出
主なエリア 関東、関西、中部地方を中心に全国各地
全国支店数 30店舗
6ヶ月の活動費の目安 20代女性:約13.4万円(+成婚料5万円)
30~50代男女:約22.1万円(+成婚料5万円)
他社との違い 返金制度がある

もっと詳しく>>

おすすめの理由

パートナーエージェントは1年以内の結婚を目指す婚活支援エージェントです。

3ヶ月以内のお見合い実績率が99.4%と非常に高く、また、3ヶ月以内に出会いがなかったら登録料を全額返金するという魅力的な制度もあります。

行動心理学に基づいたPASS試験や行動特性の分析、結婚観などのデータに基づいて専任コンシェルジュのサポートを受けられるのがおすすめのポイントです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

ノッツェ.

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社 結婚情報センター
会員数 非公開
成婚実績 非公開
主なエリア 関東、関西、九州、東北など全国各地
全国支店数 21店舗
※その他、サテライトオフィスあり
6ヶ月の活動費の目安 20代女性の場合:約12万円
30~50代男女:約21万円
他社との違い ペアで相談所を利用すれば割引がある

もっと詳しく>>

おすすめの理由

ノッツェ.には、お見合いパーティーへの参加、専任アドバイザーのサポートを受けられるといったサービスのほかに、「シングルマザーの再婚サポート」など、一人ひとりに合うプランが用意されています。

月会費3,000円で始められるコースもあり、他社と比べてリーズナブルな料金設定も人気の秘密。

また、友達同士や同僚、姉妹など、2名で利用すれば入会金から2万円割引というお得なペア割もおすすめです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの3つの方法をご紹介します。

20代なら迷わず大手の割引プラン!

仕事を始めたばかりで、まだ貯蓄が少ない20代にとって心強いのが「20代割」のプランです。 20代は積極的に相手を探したい男女も多いですし、20代女性と出会いたい男性も一定数いるため、大手の結婚相談所ではそうした利用者をターゲットに割引プランを用意しているところもあります。 ただし、サービス内容は各社大きく異なるため、じっくり検討する必要はあります。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

女性薬剤師との婚活体験談