結婚したい郵便局員さんへ

郵便局員は結婚しにくいって本当?

郵便局員さんの未婚率は、非常に高いです。安定した大企業で働いているはずなのに、郵便局に勤めている男性の未婚率はとても高く、いまや独身男性が社内にあふれています。
ある企業が男性の既婚者率を4,800名の方にアンケートを行いランキングにしました。男性の25歳から49歳の既婚率ランキングは

1位経営者71%
2位公務員69%
3位医療関係者(医師・薬剤師)59%

となっています。
それに比べると郵便局員さんの既婚率はとても少なく未婚率が高いのです。

職場には窓口業務をこなしている女性もたくさんいますが、女性の窓口業務の仕事も男性と同じくノルマを課される割には、お給料が満足がいく水準ではなく、すぐに退職してしまう人がとても多いです。
リクルート調べの結婚相手との出会いランキング1位である職場での出会いがあまり期待できないのです。
また、女性にとっては、結婚相手として積極的には選ばない職業なのかもしれません。
実際の仕事内容は想像以上に大変なのに同じ金融系のお仕事をしている人に比べると年収が低く、魅力が薄いというイメージを持たれてしまうようです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

郵便局員が結婚できない理由

偏見を持たれてしまう

女性にとって結婚相手の職業は周りからのイメージが華やかで高収入であることは重要です。 近年ドラマの主人公が銀行員などとして取り上げられることが多々ありますが、郵便局員さんが主人公のドラマはなかなか想像がつきません。

男性が女性から職業を聞かれたときに、郵便局で勤めていると言うと必ず持たれてしまうイメージは、地味で年収もそこそこ。
女性は、夫の職業を知人・友人から聞かれたときにできるだけ華やかに聞こえる職業を好むことがあります いつの時代もできるだけ周りよりは少しいい生活をしていると思われたい女性が多いのです。

近年は女性の高学歴化が進み、男性と同様の年収がある女性も少なくありません。そこで、同じく都市部に集まる大手企業の人のほうが合コンで社名を聞かれたときはブランドイメージが高くなってしまいます。仕事にまじめでキャリア志向の女性は自分と同じ、またはそれ以上の年収を求めるひとが大半です。ですからできるだけ華やかな職業を選んでしまうのでしょう。

郵便局員さんの実際の仕事内容やお給料が知られることもない職業となりがちです。郵政民営化が行われてから数年、お仕事はのんびりで安定していることはなくなりました。過酷なノルマがありそれを達成できるかどうか常にプレッシャーを抱えており、そのハードさと言ったら想像以上です。
お仕事が大変なのにもかかわらず、あまりお給料をもらえないという偏見を持たれていることは確かなのです。

金融関係で業務内容が似ている、銀行や保険会社との過酷な競争をしなければならないこともしばしばあります。
一般的に郵便局を利用するときには、ちょっとした荷物を送付するのに立ち寄る程度の利用頻度なのでその仕事内容の大変さは大半の女性が知ることはあまりないのも、偏見を持たれてしまうことの原因となります。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

郵便局員が結婚するならどんな女性が理想?

結婚相手として向いているのは、地元を基盤に安定した気持ちで子育てをしたい女性。

女性が憧れる大企業の男性は全国転勤、海外転勤などで転居を伴い子供を転校させたり、奥様に地元を離れていただく可能性があります。
結婚しても地元から離れたくないと願っている女性は実はたくさんいます。長い間地元で暮らしてきて友達や両親と離れることは辛い選択。子供が生まれれば、女性にとって一番近くにいてほしい存在は実の母です。

郵便局は、転居を伴う異動がない職種を選んで入社することができる数少ない大企業です。女性は、実家にいつでも頼ることができ、落ち着いた結婚生活、育児生活を送れること間違いないでしょう。

あなたにとっても、奥様の実家がそばにあることは心強い。

疲れて帰ってきたら、いつも笑顔の奥さんに迎えられたい。そんな願望を抱えている男性も多いでしょう。

女性は、子供ができ育児にバタバタしているときに、つい夫への笑顔を忘れがちになってしまいます。結婚し、子供が生まれて幸せなはずなのに、なぜか心がすれ違い破局してしまう夫婦もいるくらいです。

イクメンになろうと休みの日には家事も頑張っていては、平日も休日も心が休まることはないでしょう。奥さんが少しでいいから、子供を預けたい、そんなとき、いつでも手助けしてくれる奥様の実家が近くにあるという条件は大変心強いです。

奥さんが、ちょっと美容院にいきたい、ちょっとひとりの時間がほしいそんなとき、助けてもらえれば、奥さんは常に笑顔で主婦業に専念ができますし、夫婦間の会話内容も明るい話題が増えてくることでしょう。

また、同じく奥さんが仕事をしたい場合、お子さんが幼いころに働きに出るには、やはり手助けが必要となりますよね。共働きかつ、子育てのサポートも受けやすいとなれば、経済的にもゆとりが生まれます。家族みんなにとって心に余裕がある結婚生活がなによりも重要です。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

郵便局員さんは安定した大企業で、実は結婚相手としては大変魅力的です。

郵便局員さんは、ほとんどの女性にとって小さいころからなんとなく身近な存在だけれども、そこで働く郵便局員さんの一日の中身をしっかりと把握する機会がないのです。

郵便局を知らない小学生はいないでしょう。こんなに身近な存在なのにも関わらず、女性が結婚したい職業ランキングは、公務員、医師、薬剤師などなど郵便局員が入っていることはあまりみかけません。
また、幼稚園や、小学生のあこがれの職業ランキングに郵便局員がランクインしていることもあまりありませんね。

このように、郵便局員が憧れる職業、なりたい職業としてマスコミから取り上げられることがないことが、女性からの偏見につながっているのです。しかしながら郵便局の職場環境は実は悪くありません。
郵政民営化後、保険販売、投資信託販売などの商品販売に力を入れている状況です。
厳しいノルマがあることは確かですが、その仕事にやりがいをもって、ノルマ以上の仕事をすればその分が給料にプラスされることもあり、モチベーションアップにもつながります。

また、週2日のお休みがしっかりととれるので、家族での時間がしっかりととれること間違いないでしょう。
このようないい点を実態をぜひ多くの女性に理解していただけるように、まずは、女性に仕事の中身をよく知っていただくことが重要なのではないでしょうか。

大企業の中では他県への転勤があるところも多くマイホームを計画的に建てることも難しいことがありますが、郵便局員さんの場合は地域に根差して転居を伴う移転をしなくてもよいので、落ち着いた生活を送っていけます。

郵便局にお勤めの男性が理解のある人と出会うには、 結婚相談所がおすすめ

今まで結婚したくても日々の忙しさで避けて通ってきた方、そもそも「結婚相談所」という手段を知らなかった方、いろいろいらっしゃると思います。

しかしながら、結婚相談所という出会い方は、「出会いがない」「偏見を持たれている」郵便局にお勤めの方には、ぴったりなんです。

郵便局員に結婚相談所がおすすめな理由

いつでも会える

土日はお休みの郵便局員さんでも、平日過酷な労働をしていては、なかなか積極的に出会いの場に出かけようとする気力もなくなっているのではないでしょう。また、お勤め先によっては、土日も仕事がある場合もありますよね。

最近、はやりの大型イベントである「まちこん」なども土日に行われることが多く、積極的に出会いの場に行くことも難しいですね。

そんなあなたは、結婚相談所に相談すれば、前向きに女性との出会いを効率よく提供してくれるのです。最近では、ネットでやりとりできる結婚相談所もあるので、ご自身のスケジュールに合わせて相談してみましょう。

お互いの条件にぴったりの女性を探すことができる

郵便局員さんのように、地域に根差したお仕事をしている男性には、同じように愛着のある地元で住んでいる女性など、お互いの条件がぴったりな相手を見つけるのがいい結婚をする近道でしょう。

社会人になって、何年もたっているとなかなか同窓つながりで出会う機会もなくなってきてしまいます。   結婚相談所であれば条件さえ合えば出会いから結婚までとんとん拍子で話が進むので、結婚までの道のりも早いのではないでしょうか。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

人にばれない?だまされない?…心配ご無用です!

プライバシーマークをご存知でしょうか?
ここでは詳しく説明しないのですが、国の基準のプライバシー保護をしっかりやっている団体にだけ渡されるマークです。2年ごとに更新なので、マークをとった時はよかったんだけど現状は管理できていません、ともなりません。

私どもはプライバシーマークをとっている結婚相談所だけ紹介します。
また、郵送物なども、結婚相談所と分からない封筒で届くので、安心いただけます。

業界全体で悪いことをしていないかチェックしあっています

次に、だまされないの?と思う方、ご安心下さい。
結婚相談所は、「怪しいと心配される」ことを自覚して、結婚相談所業界自体をブラッシュアップし続けています。
お互い悪いことをしていないか、見張りあう組織としてMISA(結婚相手紹介サービス協会)という組織を作っています。

その業界基準を満たしている結婚相談所だけご紹介します。

郵便局員におすすめの結婚相談所4選

結婚相談所と一口に言っても、仲人紹介型やデータマッチング型、イベントなど行えることは様々。

ここでは、数ある結婚相談所のなかから、特におすすめの大手結婚相談所4社を紹介します。

楽天オーネット

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社オーネット
会員数 49,070人
成婚実績 5,880人
※2018年1~12月の実績かつ会員同士のみの成婚者数
主なエリア 関東、関西、中部地方を中心に全国各地
全国支店数 40店舗
6ヶ月の活動費の目安 20代女性:約11.2万円
30~50代男女:約18.9万円
他社との違い プラン内容に関わらず成婚料が0円

もっと詳しく>>

おすすめの理由

楽天オーネットは、初期費用(100,000円)と月会費(13,900円)のみというシンプルな料金体系と、年代別や条件別のプランが用意されているのがポイント。

活動休止中は月会費が500円とかなりリーズナブルな上に、会員同士の成婚の場合はお祝いをもらえるという特典もあります。

写真検索やパーティーへの参加を通して、簡単に自分に合う相手を自分で探すことができるのがメリットです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

ツヴァイ

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社ツヴァイ
会員数 27,758人
成婚実績 5,427人
※2018年2月21日~2019年2月20日の実績で、会員同士・会員外含む成婚者数
主なエリア 関東、関西、中国地方など全国各地
全国支店数 51店舗
6ヶ月の活動費の目安 20代女性:約13.2万円
30~50代男女:約15.8万円
他社との違い お得なエリア限定プランもある

もっと詳しく>>

おすすめの理由

ツヴァイは大手結婚相談所のなかでも特にリーズナブルな料金設定が魅力となっています。
さらに、特定の店舗を利用することで、初期費用と月会費を合わせても10万円以下に抑えることも!

条件マッチングや価値観マッチングなどにより、住んでいる場所や趣味、考えや価値観が自分と近い人と出会える結婚相談所です。

自分で相手を探す以外に、専任のマリッジコンサルタントによるサポートを受けながら婚活を進めることも可能です。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

パートナーエージェント

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社パートナーエージェント
会員数 24,439人
※CONNECT-shipの会員数含む
成婚実績 成婚率:27.2%
※2017年4月〜2018年3月の年間成婚退会者÷年間平均在籍会員数×100で算出
主なエリア 関東、関西、中部地方を中心に全国各地
全国支店数 30店舗
6ヶ月の活動費の目安 20代女性:約13.4万円(+成婚料5万円)
30~50代男女:約22.1万円(+成婚料5万円)
他社との違い 返金制度がある

もっと詳しく>>

おすすめの理由

パートナーエージェントは1年以内の結婚を目指す婚活支援エージェントです。

3ヶ月以内のお見合い実績率が99.4%と非常に高く、また、3ヶ月以内に出会いがなかったら登録料を全額返金するという魅力的な制度もあります。

行動心理学に基づいたPASS試験や行動特性の分析、結婚観などのデータに基づいて専任コンシェルジュのサポートを受けられるのがおすすめのポイントです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

ノッツェ.

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社 結婚情報センター
会員数 非公開
成婚実績 非公開
主なエリア 関東、関西、九州、東北など全国各地
全国支店数 21店舗
※その他、サテライトオフィスあり
6ヶ月の活動費の目安 20代女性の場合:約12万円
30~50代男女:約21万円
他社との違い ペアで相談所を利用すれば割引がある

もっと詳しく>>

おすすめの理由

ノッツェ.には、お見合いパーティーへの参加、専任アドバイザーのサポートを受けられるといったサービスのほかに、「シングルマザーの再婚サポート」など、一人ひとりに合うプランが用意されています。

月会費3,000円で始められるコースもあり、他社と比べてリーズナブルな料金設定も人気の秘密。

また、友達同士や同僚、姉妹など、2名で利用すれば入会金から2万円割引というお得なペア割もおすすめです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」…など、さまざまな理由で婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの方法をご紹介します。

20代なら迷わず大手の割引プラン!

仕事を始めたばかりで、まだ貯蓄が少ない20代にとって心強いのが「20代割」のプランです。 20代は積極的に相手を探したい男女も多いですし、20代女性と出会いたい男性も一定数いるため、大手の結婚相談所ではそうした利用者をターゲットに割引プランを用意しているところもあります。 ただし、サービス内容は各社大きく異なるため、じっくり検討する必要はあります。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所選び、最初の一歩に迷ったら一括資料請求

どの結婚紹介所を選んだらいいのかわかないという方は、まずは結婚相談所の資料を取り寄せるところから始めてはいかがでしょうか。

お住まいの地域などからあなたに合う結婚相談所を自動でピックアップし、お取り寄せの手配をまとめて行えます。

資料のお取り寄せに費用はいっさいかかりません。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

郵便局員との婚活体験談

自分の職業一覧に戻る