27歳だけど結婚できる気がしない│結婚相談所で本気の婚活体験談

27歳といえば、友人や同僚の結婚・出産報告を受けることが増える年齢。
恋人もいなければ結婚する予定もないという方にとっては、結婚への焦りがでてくる時期でもあります。
今回は、27歳における婚活事情や体験談をご紹介します。

27歳までに結婚する人の割合

27歳は、結婚・出産ラッシュが始まる年齢です。

平成27年の国勢調査によると、27歳の結婚率(既婚者率)は男性が約26%、女性が約36%となっています。
半分以上は未婚ですが、女性は28歳の時点で約10人中4人は結婚をしている計算になります。

学生時代の友人が結婚し始めた、会社の同僚も結婚を意識するようになったと周囲の状況が変わり始め、焦りを感じやすい年齢でもあります。

今から婚活することを考えると、決して遅くない、のんびりはしていられないのが27歳の婚活です。

27歳の結婚率(男女)

28歳になるまでに結婚する割合少ないので、もしかしたら安心している方がいるかもしれません。

ですが、結婚を前提にお付き合いしている恋人がいたり、婚約中の方も未婚者に含まれるので油断は禁物です。
28~29歳の結婚率と比較すると、27歳の独身のうち2割ほどが結婚前提のお付き合いをしている可能性があります。

結婚をすることは珍しくない、そろそろ自分も結婚の波に乗らなくてはいけないと意識する方も増えてくるので、うかうかしてはいられないと言えるでしょう。


27歳男性 27歳女性
結婚率 25.9% 36.3%
未婚率 73.1% 61.4%
離婚率 0.9% 2.3%

出典元:総務省統計局

28歳の結婚率(男女)

28歳になると、既婚者の割合がグンとあがります。
27歳の時には2割ほどだった男性既婚者は3割を超え、3割だった女性既婚者は4割を超えます。
特に28歳の女性の場合、未婚者の割合は約半分ほどになり、2人に1人は結婚していてもおかしくない計算になります。


28歳男性 28歳女性
結婚率 32.4% 43.3%
未婚率 66.5% 54.0%
離婚率 1.1% 2.6%

出典元:総務省統計局

27歳までに結婚できなかった理由

では、27歳までに結婚できなかった理由を4つご紹介します。

  • 理想的な結婚相手が現れない
  • 仕事や趣味に夢中で忙しかった
  • 気恥ずかしくて婚活ができなかった
  • なかなか両思いになれない

理想的な結婚相手が現れない

結婚をしたいという気持ちはあるものの、自身の考える結婚像を叶えてくれる男性が周囲にいないという話をよく耳にします。

医者や弁護士など高収入の職業の人が良い、容姿端麗の人が良いなど、年収や職業、外見などに強いこだわりを持っている場合、要求が高い、あるいは条件が細かいほど理想的な結婚相手を見つけることが難しくなることがあります。

また、優しい人・寛容的な人など抽象的な理想を抱いているパターンも、相手選びに失敗したり、決断しきれなかったりと、結果的にうまくいかない可能性があります。

仕事や趣味に夢中で忙しかった

20代は仕事や趣味に夢中になる方も多いです。

  • やりがいを感じるので仕事に打ち込みたい
  • 覚えること・学ぶことが多すぎてプライベートを満喫する余裕がない
  • 拘束時間が長い・シフト制で休みが不定期などの理由で時間がない
  • 趣味を思う存分楽しみたいため、誰かと交際したいと思わない
  • 趣味がたくさんあるため、暇がない

などの理由で恋愛や婚活を後回していたら、気づけば周囲は既婚者・カップルだらけ…という状況になっていることも。

無茶できる・自由に過ごせるのは若いうちだけ、という考えが婚活の意思を弱らせるのかもしれませんね。

気恥ずかしくて婚活ができなかった

「本格的な婚活をする=結婚に焦っている」というイメージがあることから、婚活をすることに恥ずかしさを感じる人もいるようです。

特に結婚相談所などは入会金などがかかるので、お金を払ってまで相手を見つけたいのかという気持ちになり、20代のうちはもう少し気軽な婚活で…と思う方も少なくありません。

しかし、マッチングアプリなど無料で始められる婚活は、結婚願望が低い男性や遊び相手を探している男性、年収や職業などを偽っている男性が紛れている可能性があるので、運が悪いとムダな時間を過ごすことに。

20代のうちなら格安で利用できる結婚相談所もあるので、30歳になる前に結婚したいという方におすすめです。

なかなか両思いになれない

気になる男性ができても、

  • 自身に魅力が足りない/魅力をアピールできていない
  • 自分から積極的に誘うことができない などの理由で、交際にいたらないと悩む方も多いです。

特に自分から相手を誘うことができない性格の人は、ひたすら待ち続けて失恋する流れを繰り返すうちに、30代突入ということもよくあります。

自然な出会いでは成就が難しいタイプの人間なのだと割り切り、受身な性格でも相手がすぐに見つけられそうな婚活サービスを検討してみるとよいでしょう。

27歳は婚活に苦戦する人が続出

30歳になるまでに結婚をしたいと考える人にとって、27歳は婚活を始めるのに最適な年齢で、婚活スタートを宣言する女性も多くいます。

とはいっても、まだ20代だからと気軽な婚活を考える人も多く、恋活アプリや婚活アプリなどのマッチングアプリに登録して満足する人も少なくありません。

もちろん、マッチングアプリが出会いのきっかけとなり結婚にいたるケースもありますが、あくまで恋人探し・男女の出会いの場という側面が強く、利用者の中には結婚を考えていない男性もいます。
また、27歳以下の利用者数が多いので、若くてモテモテという状態にもなりません。

場合によっては理想的な相手にまったく出会えず、気づけば貴重な1年をムダにしていたということもありえます。

27歳から婚活を始めるのは遅い?

では、婚活に苦戦する人が多い27歳で婚活を始めるのは遅いのでしょうか。 27歳女性の婚活市場価値から考えてみました。

27歳なら、まだモテる!

恋活アプリや婚活アプリなど20代前半の男女も多く利用している環境だと、27歳は浮いてしまうかもしれません。
ですが、婚活パーティーや結婚相談所など、本気の婚活をする場所では婚活市場価値も高くなります

27歳女性の市場価値 婚活方法
低い 恋人探しがメインとなる婚活サービス
例:合コン/街コン/マッチングアプリ
中くらい 結婚前提の恋人探しがメインとなる婚活
例:婚活パーティー
高い 結婚相手探しがメインとなる婚活サービス
例:結婚相談所

婚活方法しだいでは、3ヶ月以内に理想の人と出会える!?

例えば、結婚相談所など本気度がより高い婚活方法の場合、20代なら1~3ヶ月以内に理想の相手と出会い、入会してから半年~9ヶ月でプロポーズされたという人も多数います。

合コンやマッチングアプリなどとは違い、結婚を前提にお付き合いすることを目的としてる男性ばかりなので、カップル成立後はプロポーズまでが早く、とんとん拍子で話が進む傾向にあるのです。

高収入などスペックが高い男性とも出会いやすいというメリットがあるので、気になる方はぜひチェックしてみるとよいでしょう。

27歳におすすめの婚活方法

27歳で婚活を成功させるためには、年齢に合った婚活方法を選ぶことが重要です。
こちらでは、27歳におすすめの婚活方法をご紹介します。

婚活パーティー/お見合いパーティー

婚活パーティーやお見合いパーティーは、20代~30代男性との出会いの場として人気があります。

28歳から34歳までのアラサー女性の参加者が多いので、27歳であれば年齢的に優位にたてるのが最大の魅力と言えるでしょう。

ただし、婚活パーティーは男性より女性の希望者が埋まりやすい傾向があります。2~3ヶ月先の婚活パーティーでもどんどん埋まっていくので、早めに行動しましょう。

また、婚活パーティーでカップル成立となっても、その後本格的なお付き合いができるかはわかりません。なかにはカップル成立後に食事にいったら、年収や職業が嘘だったことが発覚して破局というケースもあります。

1度や2度で出会えるとは思わずに、根気よく参加し続ける必要があります。

結婚相談所

結婚相談所は結婚を本気で考えている方が集まります。

20代後半から40代の男女が集まる場で、同年代をはじめとして年上との出会いも期待できます。
平均年齢層が30代以上となるので20代なら若く見られ、デートやお見合いの申込みが殺到する傾向にあります。

男性側も結婚を前提にお付き合いを考えているので、交際スタート後はプロポーズまでが早いのが魅力です。
なるべく早く結婚したいと考える方におすすめです。

ただし、入会金や月会費、成婚料など、ある程度お金がかかります。20代のうちなら割引対象という結婚相談所も多いので、複数社じっくり比較検討するとよいでしょう。

27歳の婚活体験談

27歳の婚活体験談をご紹介します。
実際にどのような婚活をしているのか、具体的なイメージを掴むための参考にしてみてください。

「結婚相談所なんてまだ早い」と思っていました

■ 27歳女性/年収200万円以下

結婚相談所はモテない男女が駆け込む最後の砦というイメージがあり、まったく興味がなかったのですが、可愛いい同僚が結婚相談所で出会って結婚したので考えが変わりました。

結婚式で会った新郎も同じく20代のごく普通の男性で、結婚相談所のイメージががらがらと崩れましたね。

消防士と出会いたいと言っていたので、その願いを叶えているところにも驚きました。

婚活パーティーは企画内容が大事

■ 27歳女性/年収600万円

結婚願望が強い友人と2人で婚活パーティーに参加しました。
男性は年収1,000万円以上というハイステータスな人ばかりのパーティーです。

初めての婚活パーティーでわくわくしたのですが、短時間で何人もの男性とぽつぽつ会話して次にいくので、誰が誰だか全然覚えられず、誰も記入しないまま2人とも婚活パーティーをあとにしました。

その後、おしゃれなレストラン貸切や水上パーティーなど、婚活パーティーにもいろいろな企画があることを知り、結果が得られなくても楽しめそうなものだけに参加することにしました。

自然と男性との会話もはずみ、初めて参加した婚活パーティーのような残念感はありませんでした。

27歳におすすめの結婚相談所4選

27歳といってもまだまだ若いので、できるだけ費用を抑えて結婚相談所を利用したいと考える人が多いはず!
そこで今回は、数ある結婚相談所のなかから、特におすすめの大手結婚相談所4社をご紹介します。

楽天オーネット

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社オーネット
会員数 48,688人
※休止中の会員を含む
成婚実績 5,880人
※2018年1~12月の実績かつ会員同士のみの成婚者数
主なエリア 関東、関西、中部地方を中心に全国各地
全国支店数 40店舗
6ヶ月の活動費の目安
※20代女子プラン
約11.2万円(成婚料なし)
他社との違い プラン内容に関わらず成婚料が0円

おすすめの理由

楽天オーネット、20代女性向けの低価格プランがあることがおすすめの理由。

早めに婚活を始めたいと思っても、費用が高いとなかなか手が出せないという人も多いでしょう。

「20代女子プラン」を利用すれば、初期費用は通常(プレミアムプラン)の半額、さらに月会費は約4,000円安くなります。
専任のアドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、初めての婚活でも安心です。

ツヴァイ

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社ツヴァイ
会員数 27,758人
※休止中の会員を含む
成婚実績 5,427人
※2018年2月21日~2019年2月20日の実績で、会員同士・会員外含む成婚者数
主なエリア 関東、関西、中国地方など全国各地
全国支店数 51店舗
6ヶ月の活動費の目安
※パーソナルサポート プレミアム
約16万円(成婚料なし)
※20代割引き適用時:約13万円(成婚料なし)
他社との違い お得なエリア限定プランもある

おすすめの理由

ツヴァイは大手結婚相談所のなかでも特にリーズナブルな料金設定が魅力ですが、さらにお得な料金で利用できる「20代割引き」があるのでおすすめです。

入会初期費用が安くなる割引きサービスで、パーソナルサポート プレミアムの場合は25歳なら入会初期費用が145,000円から50,000円に割引きされます。

20代の成婚退会者のうち、2人に1人は活動期間が半年未満という実績も魅力的です。

パートナーエージェント

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社パートナーエージェント
会員数 24,439人
※CONNECT-shipの会員数含む
成婚実績 成婚率:27.2%
※2017年4月〜2018年3月の年間成婚退会者÷年間平均在籍会員数×100で算出
主なエリア 関東、関西、中部地方を中心に全国各地
全国支店数 30店舗
6ヶ月の活動費の目安
※コンシェルジュコース(エリアⅠ)
約22.1万円(+成婚料5万円)
※U29バリュー適用時:13.4万円(+成婚料5万円)
他社との違い 返金制度がある

おすすめの理由

パートナーエージェントには、年代や地域に合わせたさまざまなプランがあり、「U29バリュー」という本気で結婚を考えている20代向けの低価格プランを提供しています。

通常プランと比較すると、6ヶ月の活動費の目安は9万円近くも安くなります。「婚活したいけど費用が心配…」という人でも利用しやすいです。

また、3ヶ月以内に出会いがなかったら登録料を全額返金するという制度があるほど紹介・成婚に自信を持っている結婚相談所なので、とにかく早く結婚がしたいという人にもおすすめです。

ノッツェ.

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社 結婚情報センター
会員数 非公開
成婚実績 非公開
主なエリア 関東、関西、九州、東北など全国各地
全国支店数 21店舗
※その他、サテライトオフィスあり
6ヶ月の活動費の目安
※さっとさっとコース
約12万円(成婚料なし)
他社との違い ペアで相談所を利用すれば割引がある

おすすめの理由

ノッツェ.も、20代女性限定の婚活プランがあるのでおすすめです。

通常プラン(ベーシックコース)の場合は半年で約21万円かかりますが、「さっとさっとコース」を利用すれば約12万円まで費用を抑えることができます。

また、友達同士や同僚、姉妹など、2名で利用すれば入会金から2万円割引きされる「ペア割」というのもあるので、1人で婚活は心細いという人は検討してみるのもよいでしょう。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの4つの方法をご紹介します。

20代なら迷わず大手の割引プラン!

仕事を始めたばかりで、まだ貯蓄が少ない20代にとって心強いのが「20代割」のプランです。
20代は積極的に相手を探したい男女も多いですし、20代女性と出会いたい男性も一定数いるため、大手の結婚相談所ではそうした利用者をターゲットに割引プランを用意しているところもあります。

20代割を利用することで大幅なコストカットも見込めるため、婚活を始める際にはぜひ各社の割引プランをチェックしましょう。

地域限定プランをチェック!

20代割のほかに、地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

関連記事 PICK UP

「20代女性の婚活市場価値とは? おすすめの婚活方法」を読む>>
「もう崖っぷち? 28歳の婚活事情」を読む>>

年齢別の婚活情報一覧に戻る