20代前半で結婚するメリットとは?理想的な男性と出会う婚活方法

20代前半の女性は結婚するには早すぎると言われることも多いですが、実は若いうちに結婚することにはたくさんのメリットが!
今回は、20代前半で結婚するメリットや体験談、理想の男性と出会える婚活方法、おすすめの結婚相談所などをご紹介します。

20代前半の結婚率

年齢 女性の結婚率
20~24歳 25.20%
25~29歳 57.45%

出典元:国立社会保障・人口問題研究所

国立社会保障・人口問題研究所が発表した2017年の「性,年齢(5歳階級)別初婚率」によると、20代前半女性の結婚率は約25%。

20代後半と比べると約30%の差があり、同じ20代でも20~24歳で結婚する人がいかに少ないかがわかります。
20代前半で結婚する人がこれだけ少ないのですから、周囲に「早い」と思われるのも納得できるでしょう。

20代前半で結婚する5つのメリット

20代前半で結婚をするのは早すぎると感じる方も多いと思いますが、女性の結婚平均年齢が29歳という点から考えても、必ずしも早すぎるとはいえないでしょう。
では、20代前半で結婚するとどのようなメリットがあるのでしょうか。主な理由を5つご紹介します。

  • 体力がある20代のうちに出産・育児できる
  • 世帯収入が安定し、その分貯金できる
  • 20代のうちに職場復帰できる
  • 子どもが完全に独り立ちする頃まで働き盛りなため安心
  • 恋愛や婚活などに振り回されず暮らしが安定する

体力がある20代のうちに出産・育児できる

ライフワークスタイルが変わり、多くの女性が社会へ出て働く時代となった今、20代前半で結婚する余裕がない方もいるでしょう。

ですが、昔も今も人間の体は変わらず、20代が妊娠適齢期です。

年をとるにつれて、妊娠率・出産率は低下します。
特に35歳以上になると妊娠・出産におけるリスクが高まり、体への負担も大きくなってしまうので、20代のうちに出産・育児するのが理想的です。

また、子どもが2人以上欲しい場合、2人目以降の出産・育児も考えて、20代のうちに第1子をと考える方も多いです。

世帯収入が安定し、その分貯金できる

20代前半女性の場合、年収は200~300万円台がほとんど。
一人暮らしをしている場合は、貯金がまったくできないという話もよく聞きます。

ですが、結婚して世帯収入が安定すれば、毎月貯金をする余裕もでてきます。

たとえば、23歳で結婚した人と33 歳で結婚した人の貯金総額を比較した場合、収入の差こそありますが、結婚が10年早い分、前者の方が貯金総額上回る可能性が高いのです。

20代のうちに職場復帰できる

20代前半で結婚、20代半ばで妊娠・出産した場合、28歳になる頃には子どもを保育園に預けての職場復帰が可能になります。

同期に遅れをとってしまうからと、結婚や出産を後延ばしにする女性は少なくありませんが、20代のうちに職場復帰するのと、30代の働き盛りの頃に産休・育休をとるケースを比較して考えてみてください。

もちろん個々人の状況によって違いがあるかもしれませんが、30代の働き盛りの頃に職場を離れるほうが、20代のそれよりキャリア的ダメージが大きいと想定されます。

また、仕事と育児の両立を考えたときに、育児世代にやさしい制度が整っている会社に転職したいとなることも十分ありえます。

転職は若い人のほうが求人が多い、採用されやすいと言われますから、やはり20代のうちに復帰できるというのは大きなメリットなのです。

子どもが完全に独り立ちする頃まで働き盛りなため安心

今の時代は晩婚が進み、高齢出産で子育てする中高年夫婦も少なくありません。

年齢を問わず、子どもが持てることは喜ばしいことですが、年齢が高いほど体力的にも大変ですし、病気のリスクも高まります。
一家の大黒柱が教育費の一番かかる時期に亡くなったり、病気で働けなくなったりしたら大変なことです。

若い時に子育てをスタートすれば、子どもが医学部に行きたい、大学院に行きたい、留学したいと希望しても、夫婦現役で働けるので子どもの夢を応援できる余裕が持てます。

恋愛や婚活などに振り回されず暮らしが安定する

20代のうちは恋愛に一喜一憂して、30代になったら婚活に慌てふためくという女性は大勢います。

特に、20代後半~30代は恋に仕事に忙しい女性が多いですが、年齢が上がるほど、婚活が難しくなるのは周知の事実でしょう。

ですが、20代前半で結婚している場合には、早々に落ち着いて育児や仕事に専念できるので、将来不安を抱えることなく平穏な暮らしを楽しめます。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

経験者に聞く! 20代前半に結婚した結果は?(体験談)

実際に、20代前半で結婚し、出産・育休を経て28歳で職場復帰を果たした、結婚7年目の女性から「20代前半で結婚した結果」を聞いてみました。

大事なのは精神年齢

20代前半での結婚は早すぎる、若すぎて失敗すると言われがちです。

たしかに、10代や20歳になったばかりの人や、学生さん、社会に出たことがない人、できちゃった婚をしたケースなど、精神年齢が大人になりきれていない場合には夫婦関係や子育てでの失敗もあるかもしれません。

ですが、23~24歳頃で精神年齢も年相応という女性の場合なら、子どもにも家庭にも十分に責任を持てる時期です。

交際期間がある程度長く、男女ともにしっかりしているなら、若く結婚したからといって失敗するようなことはありません。

幸せになれるかどうかは結婚相手しだい

なかなか20代前半で結婚に踏み切れない理由の1つに、20代前半で結婚しても失敗しない・幸せになれるというイメージがわかないということがあげられます。

当たり前のことではありますが、幸せになれるかどうかは結婚相手によって決まります。

結婚後に性格が変わったり、一緒に暮らしてストレスがたまる、生活水準が著しく悪くなったなど、一緒にいても幸せを感じられない男性と結婚したとすれば、20代前半でも、30代でも幸せにはなれません。

一方、 この人となら幸せになれると感じた理想的の男性と出会えれば、20代前半で結婚していても和やかで温かな家庭を築けるのです。

結婚して良かったこと

では、どんな時に結婚して良かったと思えるのかを、実際の体験からご紹介しましょう。

一番キレイな時にウェディングドレスを着れた

20代のうちならという女性は多いですが、アラサーとなる28~29歳より、23~24歳の方が体のラインもキレイで、自分も自信を持ってウェディングドレスを着こなせます。

28歳だと躊躇しそうなキュートなプリンセスラインのドレスも、恥ずかしがることなく着れました。

プロのカメラマンに雑誌みたいな写真を撮ってもらいましたが、モデル気分になれたのも若いからこその自信や結婚にワクワクできる、弾ける気持ちがあったからだと思います。

育休によるキャリアロスがほとんどなかった

産休・育休の取得は、一般的には20代後半から30代前半頃になります。

その歳の頃といえば、まさに働き盛りのキャリアアップ形成期です。
そのため、築いたものが大きければ大きいほど、産休・ 育休で職場を離れることによるキャリアロスのダメージが大きくなります。

実際、職場復帰してみたらすでに別の人がかつての自分のポジションで活躍しており、本意ではない部署にまわされてしまうということがよくあります。
つまり、20代後半では仕事を捨てて家庭を取る、従来の女性のジレンマにつながるのです。

一方、私は入社して3年、仕事が一人前にこなせるようになった20代半ばの段階で産休・ 育休を取得し、28歳で職場復帰を果たすことができました。
これから産休・育休で職場を離れそうな同年代の女性に対して、しばらくは職場離れがないと判断され、重宝されたのは事実です。

20代なら転職もしやすいので、復職してしばらく経った後、ワーキングママがより働きやすい制度が整っている会社に転職しました。

毎月20万円くらい貯金できるようになった

夫婦そろっての年収はほぼ平均ではありますが、毎月の貯金額は20万円くらい、学資保険なども加えると毎月30万円ほど貯蓄できるようになりました。

家賃、光熱費、生活費、家財道具などが結婚してまとまったことが大きな要因です。

仮に5年ほど結婚が遅かったら、30代の段階で1,000万円以上貯蓄総額に差が出ますから、迷わず結婚してよかったと思っています。

結婚して後悔したこと

では、20代前半で結婚し、子育てを始めたことで全く後悔はなかったのでしょうか。
気になる点を探っていきましょう。

主婦化=おばさん化する自分との戦いが20代で始まった

結婚して子どもができると、一気に思考や言動が主婦化します。

若い頃は好きな服やブランド品を気軽に買えたのに、今は節約思考が瞬時に働きます。
いわゆるおばさん化的な傾向が見え、20代のうちに中身がおばさんっぽくなるのは嫌だなと、自分との戦いがありました。

ですが、結婚後も早期に職場復帰して働き続けることで、オフィスにいる女性の同僚や後輩から刺激をもらって、おばさん化を食い止められます。

20代前半で理想の結婚相手と出会う! おすすめの婚活方法

婚活にもさまざまなスタイルがありますが、20代前半にはどのような婚活方法が適しているのでしょうか。
おすすめの方法とメリット、デメリット、注意すべき点などをご紹介します。

マッチングアプリ(恋活アプリ・婚活アプリ)

ネット世代の20代の恋人探しは、やはりマッチングアプリが主流です。
女性は無料で利用できるケースも多いので、気軽に婚活を始められます。

ですが、気軽に参加できる分、結婚意欲のない男性も多く、お付き合いを始めても時間の無駄になるケースも少なくありません。

また、同じ世代の男性は年収も低く、まだ結婚が考えられない人も多いのが現実です。
そのため、20代前半のうちに結婚したい場合には向きませんが、とりあえず恋人が作れればいい、30歳までに結婚できたらそれでいいという方は試してみてもいいかもしれません。

ただし、年収や職業を詐称するケースや、既婚者や恋人がいる人が遊ぶ相手を探しているだけなど、とんでもない相手と出会ってしまう方も。

中には犯罪目的で若い女性を探している人もいるので、利用には注意が必要です。

婚活パーティー/お見合いパーティー

婚活パーティーも20代前半女性には人気です。

会社帰りに毎日開催されているパーティーがあったり、女性はワンコインなど格安料金で気軽に参加できたりするケースも多いからです。

20~30代男性との出会いの場として人気が高く、マッチングアプリなどと比べると、実際に結婚願望の強い男性も集まってきます。

ですが、男性より女性の参加希望者が多く、女性の熾烈な争いが起きたり、男性参加者が少なすぎて、これぞと思う男性となかなか出会えなかったりするケースもあります。

また、人気の婚活パーティーは女性の参加希望者が殺到し、2~3 ヶ月待ちなんてことも起こりえます。

結婚相談所

結婚相談所は結婚したいと強く望む20~40代の男女が集まる場所です。

結婚に一番近いとされる一方で、出費が大きいというデメリットもあります。

ですが、入会金や月会費を払って登録するので、生半可な気持ちの人は会員になりません。

特に、男性会員になるには定職についていることや収入が安定していることが求められます。
アプリやパーティーと異なり、身分証明書や収入証明書のチェックをきちんと行うので、身分や立場の詐称も起こりにくいです。

また、入会金などの高さから平均より高年収の男性が多いので、20代後半~30代前半で仕事ができる人や一流企業勤めなどの高収入男性と出会いたい方におすすめです。

20代前半の女性は男性会員のあらゆる層から人気で、お見合いの申し込みも驚くほど入ります。
お互いに結婚願望がある者同士なので、結婚観についてじっくり語り合うことができ、結婚後に相性が悪くて失敗する心配もありません。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

20代だと結婚相談所は利用料が少なくてすむ!

20代前半の若い女性は結婚相談所の男性会員に大変人気ですが、一方で20代前半女性の入会者はそれほど多くありません。

そこで大手結婚相談所をはじめ、近年では個人の仲人仲介所や小さな結婚相談所でも、 20代や20代前半の会員だけ適用される特別料金メニューが用意されています。

利用料金が通常の半額近くになるケースもあり、お得に婚活ができるのです。
結婚相談所が気になる方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

20代前半の婚活体験談

実際に20代前半で結婚相談所を利用して婚活をした方の体験談をご紹介します。

憧れの職業の人と結婚できて幸せです

■ 22歳女性/アパレル系/年収300万円
私は中学生の頃から自衛隊員に憧れていました。

自宅の近くに自衛隊の駐屯地と官舎があった関係で、制服姿の隊員さんに憧れて育ったのです。
その後、震災などで災害地支援など懸命に頑張る隊員さんの姿をテレビなどで見て、ますますその気持ちが強まりました。

結婚相談所に入会した際も、第一条件は自衛隊勤務でした。

希望が実り、海上自衛隊に勤務する方と交際がスタートしたのですが、船に乗っている間、長く会えない分、会える時の感動やうれしさはひとしおでした。
会えない時間が愛を育てると言いますが、過ごした時間は少ないのにすぐにゴールインできたのです。

今は義理の両親と同居しているのですが、彼の親だけあって、とても優しく包み込んでくれます。
そのため、彼が航海中の間も寂しくなく過ごすことができ、本当の親のようで一つの家族になれました。

ドラマに出てきそうな運命の出会いをしました

■ 24歳女性/教師/年収400万円
私は産休の教師の交代要員として臨時教員をしていましたが、なかなか正規採用になれず、将来に不安を抱いていました。

せめて結婚して安定を得れば、焦らずに正規の教員になれるよう頑張れるのではと考え、婚活パーティーに参加したのです。

そこで好みのタイプの彼を見つけたのですが、残念ながらカップルにはなれませんでした。
2回目の婚活パーティーに参加したところ、なんと、あの彼がまたいるではありませんか。
フリータイムに頑張って話しかけたものの、話が盛り上がらず、2回目も撃沈でした。

口下手な私には婚活パーティーは無理だと悟り、結婚相談所に登録しました。

もちろん、あの彼のこともあきらめていたのですが、なんと、紹介されたプロフィールの中に彼がいたのです。

3度目の正直というか、これこそ運命と感じた私は今度こそとお見合いを申し込みました。
婚活パーティーと異なり、アドバイザーの方のフォローも得られたので、交際がスタートできました。

彼も3回も偶然会ったことに赤い糸を感じたのか、入会からわずか2ヶ月目にプロポーズしてくれました。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

20代前半におすすめの結婚相談所4選

20代前半といえば社会に出て間もない頃。できるだけ費用を抑えて結婚相談所を利用したいと考える人も多いですよね! そこで今回は、数ある結婚相談所のなかから、特におすすめの大手結婚相談所4社をご紹介します。

楽天オーネット

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社オーネット
会員数 48,688人
※休止中の会員を含む
成婚実績 5,880人
※2018年1~12月の実績かつ会員同士のみの成婚者数
主なエリア 関東、関西、中部地方を中心に全国各地
全国支店数 40店舗
6ヶ月の活動費の目安
※20代女子プラン
約11.2万円(成婚料なし)
他社との違い プラン内容に関わらず成婚料が0円

もっと詳しく>>

おすすめの理由

楽天オーネットは、20代女性向けの低価格プランがあることがおすすめの理由。

早めに婚活を始めたいと思っても、費用が高いとなかなか手が出せないという人も多いでしょう。

「20代女子プラン」を利用すれば、初期費用は通常(プレミアムプラン)の半額、さらに月会費は約4,000円安くなります。
専任のアドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、初めての婚活でも安心です。

ツヴァイ

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社ツヴァイ
会員数 27,758人
※休止中の会員を含む
成婚実績 5,427人
※2018年2月21日~2019年2月20日の実績で、会員同士・会員外含む成婚者数
主なエリア 関東、関西、中国地方など全国各地
全国支店数 51店舗
6ヶ月の活動費の目安
※パーソナルサポート プレミアム
約16万円(成婚料なし)
※20代割引き適用時:約13万円(成婚料なし)
他社との違い お得なエリア限定プランもある

もっと詳しく>>

おすすめの理由

ツヴァイは大手結婚相談所のなかでも特にリーズナブルな料金設定が魅力ですが、さらにお得な料金で利用できる「20代割引き」があるのでおすすめです。

入会初期費用が安くなる割引きサービスで、パーソナルサポート プレミアムの場合は25歳なら入会初期費用が145,000円から50,000円に割引きされます。

20代の成婚退会者のうち、2人に1人は活動期間が半年未満という実績も魅力的です。

パートナーエージェント

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社パートナーエージェント
会員数 24,439人
※CONNECT-shipの会員数含む
成婚実績 成婚率:27.2%
※2017年4月〜2018年3月の年間成婚退会者÷年間平均在籍会員数×100で算出
主なエリア 関東、関西、中部地方を中心に全国各地
全国支店数 30店舗
6ヶ月の活動費の目安
※コンシェルジュコース(エリアⅠ)
約22.1万円(+成婚料5万円)
※U29バリュー適用時:13.4万円(+成婚料5万円)
他社との違い 返金制度がある

もっと詳しく>>

おすすめの理由

パートナーエージェントには、年代や地域に合わせたさまざまなプランがあり、「U29バリュー」「U24バリュー」という本気で結婚を考えている20代向けの低価格プランを提供しています。

通常プランと比較すると、6ヶ月の活動費の目安は9万円近くも安くなります。「婚活したいけど費用が心配…」という人でも利用しやすいです。

また、3ヶ月以内に出会いがなかったら登録料を全額返金するという制度があるほど紹介・成婚に自信を持っている結婚相談所なので、とにかく早く結婚がしたいという人にもおすすめです。

ノッツェ.

基本情報

項目 概要
運営会社 株式会社 結婚情報センター
会員数 非公開
成婚実績 非公開
主なエリア 関東、関西、九州、東北など全国各地
全国支店数 21店舗
※その他、サテライトオフィスあり
6ヶ月の活動費の目安
※さっとさっとコース
約12万円(成婚料なし)
他社との違い ペアで相談所を利用すれば割引がある

もっと詳しく>>

おすすめの理由

ノッツェ.も、20代女性限定の婚活プランがあるのでおすすめです。

通常プラン(ベーシックコース)の場合は半年で約21万円かかりますが、「さっとさっとコース」を利用すれば約12万円まで費用を抑えることができます。

また、友達同士や同僚、姉妹など、2名で利用すれば入会金から2万円割引きされる「ペア割」というのもあるので、1人で婚活は心細いという人は検討してみるのもよいでしょう。

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめ方法をいくつかご紹介します。

地域限定プランをチェック!

20代割のほかに、地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

関連記事 PICK UP

「20代女性の婚活市場価値│おすすめの婚活方法・婚活成功体験談」を読む>>

年齢別の婚活情報一覧に戻る