当サイト経由の入会で毎月先着10名に婚活支援金3万プレゼント!

2022.06.24 更新

結婚しない男のずるい心理を解説|男性に結婚を意識させる方法も

結婚しない男のずるい心理を解説|男性に結婚を意識させる方法も

長く付き合っている交際相手がいるのに結婚しない男性や、結婚しないと決めて自由に過ごしている男性を見て、ずるいと感じた経験がある方も少なくないはずです。

実際、結婚しない男性の数は年々増加傾向にあります。

この記事では、結婚しない男性はどのくらいいるのかや、結婚しない男性がずるいと感じる理由、結婚しない主義の男性に結婚を意識させる方法などを徹底解説します。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

結婚しない男性が増加中!彼らの「ずるい」心理も解説

結婚しない男性が増加中!彼らの「ずるい」心理も解説

実は、近年は結婚しない男性が増加しています。なかでも、なんらかの事情で結婚できないのではなく、自分の意志で結婚しないことを選んでいる男性の割合が増えているのです。

内閣府の調査によれば、1975年には4.3%だった男性の生涯未婚率(※)は、2020年には26%にまで上昇しています。

また、国立社会保障・人口問題研究所の出生動向基本調査によると、「一生結婚するつもりはない」独身男性の割合が、1987年には4.5%であったのに対し、2015年には12%と、3倍近くにまで上昇しています。

さらに、結婚する意志を持つ未婚者でも、約半分の人は「理想の結婚相手が見つかるまでは結婚しなくてもかまわない」と、結婚に関して消極的な方が多いことがわかりました。

これらのデータを見ても、結婚しないことを選ぶ男性が増えているだけでなく、「いつかは結婚したい」としつつも実情は結婚に消極的な男性の数も多いことがうかがえます。

なぜ彼らは結婚しないのか、ここでは「ずるい」ともいえる、男性にありがちな心理について解説します。

※生涯未婚率:50 歳時点で一度も結婚をしたことのない人の割合。2005 年までは「人口統計資料集(2009 年版)」、2010年以降は「日本の世帯数の将来推計」より45 歳~49 歳の未婚率と50 歳〜54 歳の未婚率の平均。

ずるい心理 1.自由を奪われたくない

自由を奪われたくないと、結婚しない選択をする男性は少なくありません。

結婚すると、独身のときと同じようにお金や時間を自由に使うことは難しくなりがちです。

特に自分の趣味があったり仕事に打ち込みたかったりするような男性は、結婚によって制限が増えると感じやすい傾向にあります。そのため、「自由でいたいから」「自分のお金も時間も自由に使いたい」という理由で結婚をしない男性が少なくないのです。

ずるい心理 2.もっと結婚にふさわしい相手がいるかもしれない

「彼女のことは好きだけど、結婚と考えるともっとふさわしい女性がいる気がする」と感じ、結婚を決めない男性は少なくありません。

恋愛と結婚は似て非なるものです。だからこそ、恋愛にはぴったりなお相手でも、結婚にぴったりなお相手とは限りません。

恋愛と結婚は違うものだと認識している男性だと、「もっと結婚にふさわしい相手がいるかもしれない」とついつい考えてしまうようです。

恋愛と結婚の違いについてはこちらの記事もチェック>>

ずるい心理 3.責任を取りたくない

結婚によって生じる責任から逃れるために、結婚しない選択をする男性もいます。

結婚をするということは、お互いにお互いの人生に無責任なままではいられません。特に男性は「自分が家族を養わなきゃ」「パートナーの人生は自分が支えなきゃ」という責任を感じる方も多く、重たい責任を果たす自信が持てずに、結婚しないことを選択するケースがあるのです。

ずるい心理 4.結婚に価値を見いだせない

「結婚にはデメリットばかり感じる」と結婚にマイナスのイメージがあったり、「結婚の必要性を感じられない」とそもそも結婚に興味がなかったりして、結婚に価値を見いだせない男性もいます。

一昔前までは「ある程度の年齢になれば結婚して当然」「いつかは家を出るもの」という風潮もありましたが、最近ではそういった風潮が薄れています。そのため、独身でいることや実家で暮らすこと、事実婚などといった選択肢も選びやすくなっているといえるでしょう。

このように、結婚に価値を見いだせない方は無理に結婚しなくても、幸せに暮らしていけるような状況になっていることも、結婚しない男性が増えている理由の一つです。

その他にもさまざまなずるい心理がある

上記で解説したもの以外にも「金銭的な余裕がない」「ひとりで暮らすほうが気楽」など、結婚しないことを選ぶ男性にはさまざまな理由があります。

以下の記事では、結婚に対する価値観の移り変わりや結婚しないメリット・デメリットも解説しているので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

日本の「結婚」は変わりつつある?結婚している人は本当に幸せなのか>>

彼はずるい男かも?結婚しない男性の特徴を解説

彼はずるい男かも?結婚しない男性の特徴を解説

自分の恋人や気になる男性に対して、「結婚する気がないのかな?」と不安に思った経験を持つ女性は少なくないはずです。

実際に、自分は結婚するつもりで交際していた恋人に結婚の話をしてみたら、結婚する気がないことが発覚して「ずるい」と感じている女性もいるでしょう。

もしあなたが結婚したいのであれば、しっかりとお相手の結婚願望を見極めることも大切です。

ここでは結婚しない男性によくある特徴を紹介しますので、自分の恋人や気になる男性に当てはまるポイントがないかチェックして、彼の気持ちを見極めましょう。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

結婚の話をはぐらかす

交際中に「◯歳までに結婚したいな」「結婚願望はある?」などと結婚に関する話をしても、彼があいまいな返事ではぐらかしてくる場合には要注意です。

結婚の意志を見せてきても、具体的な時期や希望を伝えてこないのであれば、その場を収めるためだけの返答かもしれません。

ただし、付き合って間もない段階では「まだ結婚は意識できない」というケースも多いです。これから結婚を意識していくという段階で結婚を迫ると、逆に結婚を意識してもらいづらくなる可能性もあるため、焦りすぎないようにするのも大切です。

独身を楽しんでいる

趣味が多かったり人付き合いが多かったりする男性の場合、独身を楽しんでいるために「結婚に縛られたくない」と感じている可能性があります。

また、趣味や人付き合いがそれほど盛んではない場合でも、「一人で過ごす時間が好き」「自分なりのルーティーンが多い」などという男性は独身を楽しんでいて、結婚を考えられないケースも。「結婚することで自分の生活が乱されそう」と、結婚にネガティブなイメージを抱きやすいのです。

面倒事が嫌い

面倒事が嫌いな男性は、結婚を面倒なものと考えて消極的になってしまう傾向にあります。

結婚には幸せなことも多いものの、家事や育児、親戚付き合いなど結婚しているからこそ大変な事柄があるのも事実です。

面倒事が嫌いな男性にとっては、「大変さも幸せの一部」とは思えず、ただ「結婚は面倒」という印象になりがちなのです。

普段の生活のなかで、面倒なことがあるとすぐに気分を損ねたり投げ出してしまったりするような男性は、面倒事が嫌いなタイプといえます。結婚を面倒と思っている可能性も疑って、注意深く彼の考えを探ってみてください。

金銭的な余裕がない

金銭的な余裕がない男性は、「自分の経済状況では結婚なんてできない」と考えてしまいがちです。

結婚するとなると、さまざまなシーンでお金がかかるものです。本人だけではなく、子どもや親の老後の問題もあります。

特に、責任感の強い男性だと「こんな金銭状況で結婚したら、家族を苦労させてしまう」と不安を抱えてしまうものです。

女性からすると「いまどき共働きなんて当たり前だし、ふたりで頑張れば大丈夫でしょ!」と感じるかも知れませんね。しかし、「男としての責任がある」とプライドを持っている男性は想像以上に多いのです。

彼に結婚を意識させる!結婚しないずるい男性への対処法3つ

彼に結婚を意識させる!結婚しないずるい男性への対処法3つ

恋人や気になる男性が結婚しない主義だと気付き、「どうにか彼に結婚を意識させたい」と悩んでいる女性もいるはずです。

ここからは、結婚しないずるい男性に結婚を意識させるための方法を3つご紹介します。彼に結婚を意識させたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.明るい将来のイメージを伝える

彼が「そんな将来があるなら、結婚してもいいかも」と前向きになってくれるような、明るい将来のイメージを伝えていくのが大切です。

結婚しない主義の男性の多くには、結婚に対するイメージがついていなかったり、結婚にいいイメージがなかったりします。

だからこそ、「結婚したら夜ご飯は毎日私が作るね」「結婚したら、年に1回は家族で旅行に行きたいね」などと、普段の会話のなかで明るいイメージを具体的に伝えていくと、彼も幸せな結婚生活を想像できるようになるはずです。

将来の話をキッカケに、「◯歳までに結婚したいとかある?」「子どもは何人ほしいと思う?」など、彼の気持ちや理想を確かめやすくもなるメリットもあります。

2.自分の人生設計をシェアする

自分の人生設計をしっかり彼にシェアするのも、彼に結婚を意識させるのに有効な手段のひとつです。

「◯歳までには結婚したい」「◯歳までには子どもがほしい」という人生設計を持っている女性は多いですよね。

しかし、男性は女性に比べると人生設計がのんびりしている傾向にあるので、お互いの人生設計をシェアしないまま交際しているとズレを感じやすいでしょう。

結婚しない派の男性でも、「今はしないだけで、そのうちしたい」「彼女が望むのであれば考えてみよう」など、「絶対に結婚しない」のではなく「機会があれば結婚も考える」という男性もいます。

そういった男性には女性側の人生設計を伝えることで「彼女もこういってるし、そろそろ結婚したほうがいいかも」「彼女の人生設計に乗ってもいいかな」などと結婚を決断させるキッカケを与えられるでしょう。

まずは他愛もない話のなかで、自分が結婚したい年齢や子どもを産みたい年齢などをシェアしてみるのがおすすめです。

3.結婚しないなら別れも考える

明るい将来のイメージを伝えても、人生設計をシェアしても「それでも自分は結婚したくない」という男性もいるはずです。そうした男性の場合には、「結婚を諦めて付き合い続ける」か「結婚ができないなら別れる」かの選択をしなければなりません。

「このまま付き合い続けていれば、なんだかんだで彼も結婚を意識してくれるはず」と淡い期待を抱くのは絶対NGです。

誰しもが結婚を目標にしているわけでも、子どもを持ちたいとも思っているわけでもありません。信念を持って、結婚をしない選択をする人もいます。

付き合い続けるなら結婚は絶対にできないという覚悟を持たないと、あとから後悔をすることになりかねないです。自分の気持ちとよく向き合って、結婚しない主義の彼と付き合うか別れるかを判断しましょう。

結婚したいなら結婚相談所で理想の男性を探そう!

結婚したいなら結婚相談所で理想の男性を探そう!

「同じように結婚をしたいと考えている男性に出会いたい」「彼が結婚しない主義だったので新しい出会いを探したい」というのであれば、結婚相談所での婚活がおすすめです。

なぜなら、結婚相談所には理想の男性と結婚しやすいためのサービスやサポートがたくさんあるからです。

ここでは、結婚相談所がおすすめな理由を詳しく解説していきます。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

結婚の意志がある男性しかいない

結婚相談所には結婚の意志を持っている男性しかいないため、交際を始めてから彼が結婚しない主義だと知って悩むようなことはありません。

結婚相談所は結婚したい男女が出会うためのサービスです。ほとんどの結婚相談所では「結婚の意志があること」を入会資格に定めていることもあり、結婚しない主義の男性はいないのです。

特に「◯歳までに結婚」「◯歳までに出産」という理想を持っている女性の場合、交際してからお相手に結婚の意志がないことが発覚すると時間のロスになってしまいます。しかし、結婚相談所であれば結婚を前提に交際を進められるので、時間を無駄にせず結婚へと歩んでいけますよ。

理想の男性を見つけやすい

結婚相談所には何万人もの会員がいるため、自分の理想の男性と出会える可能性が高いです。

また、結婚相談所では条件マッチングや価値観マッチング、アドバイザーからの紹介など、さまざまな方法で出会いを探せます。収入や職業、年齢や趣味など、自分の理想条件にマッチした男性を見つけやすいため、理想のお相手との結婚を目指せるでしょう。

「自分の理想がわからない」という場合には、アドバイザーがサポートをしてくれて、自分の理想や価値観を明確にするところから始められますよ。

さらに、結婚相談所では結婚を前提に出会うからこそ、お互いの結婚に関する価値観を擦り合わせたうえで交際に進めるのもポイントです。

女性におすすめの結婚相談所ランキングもチェック>>

アドバイザーが間に入ってくれる

一般的に結婚相談所では、アドバイザーがついて婚活のサポートをしてくれます。

サポートは婚活計画の立案やお相手探しだけに限りません。気持ちや条件の部分など、自分では聞きづらいことをアドバイザーがお相手に確認してくれたり、自分からは言いづらいことをアドバイザーが代わりに伝えてくれたりもします。

「交際したいけど、自分から告白する勇気はないからお相手の気持ちが気になる……」「30歳までに結婚したいけど、焦ってると思われそうで自分からは言いづらい」などといった場合でもアドバイザーが手助けしてくれるので、スムーズに婚活が進みます。

あなたに合う結婚相談所を診断

結婚相談所によってサービス内容や価格帯はさまざまです。
どの結婚紹介所が自分にあっているのか見極めるために、まずは結婚相談所の資料を取り寄せるところから始めてはいかがでしょうか。

年齢やご職業などからあなたに合う結婚相談所を自動でピックアップし、お取り寄せの手配をまとめて行えます。 資料のお取り寄せに費用はいっさいかかりませんので、お気軽にご利用ください。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

関連記事ピックアップ

2022年秋の最新キャンペーン

パートナーエージェント

シングルマザー応援プラン

初期費用50%OFF 月会費最大8,000円OFF!

子育てや仕事で忙しいシングルマザー向けのプランです。
いつでも頑張るママを、婚活までひとりで頑張らせたくない、
ママとお子さんにとって素敵なお相手を一緒に見つけたいという願いのもと、
私たちはシングルマザーの方のための料金プランをつくりました。

★初期費用50%OFF★
★月会費最大8,000円OFF★

シングルマザー応援プラン初期費用月会費登録料成婚料
コンシェルジュコース52,250円
(通常104,500円)
9,900円
(通常18,700円)
33,000円55,000円
コンシェルジュライトコース33,000円
(通常33,000円)
8,800円
(通常12,100円)
33,000円55,000円

※上記は全て税込み金額です。
※お子さんの年齢が20歳までのシングルマザーが対象。

キャンペーン対象
年齢
20歳以上
性別
女性
地域
全国
その他
シングルマザーのみ
詳しく見る
閉じる
パートナーエージェント

U29プラン

初期費用最大約50%OFF 月会費最大3,000円OFF!

20代の婚活を応援するプランです。
安い費用で20代にぴったりの婚活ができます。

★初期費用最大約50%OFF★
★月会費最大3,000円OFF★

U29プラン初期費用月会費登録料成婚料
コンシェルジュコース
(エリアⅠ)
52,250円
(通常104,500円)
16,500円
(通常18,700円)
33,000円55,000円
コンシェルジュコース
(エリアⅡ)
52,250円
(通常104,500円)
13,200円
(通常15,400円)
33,000円55,000円
コンシェルジュライトコース
(エリアⅠ)
33,000円
(通常33,000円)
12,100円
(通常14,300円)
33,000円55,000円
コンシェルジュライトコース
(エリアⅡ)
33,000円
(通常33,000円)
8,800円
(通常12,100円)
33,000円55,000円

※上記は全て税込み金額です。
※エリアやプランにより異なります。
※~29歳まで(~29歳にご入会で、満31歳の誕生日を迎えるまで継続可能です。)

エリアⅠ 該当店舗エリアⅡ 該当店舗
東京エリア
新宿店 西新宿店 銀座店 池袋店 上野店 丸の内店
関東エリア
横浜店 大宮店 船橋店
中部エリア
名古屋店 豊田店
関西エリア
大阪店 京都店 神戸店 姫路店
北海道エリア
札幌店
東北エリア
仙台店
関東エリア
高崎店
中部エリア
静岡店 浜松店
中国エリア
広島店
九州エリア
福岡店 北九州店
キャンペーン対象
年齢
20〜29歳まで
性別
共通
地域
全国
詳しく見る
閉じる
サンマリエ

ひとり親特別プラン

初期費用が187,000円→55,000円、月会費が17,600円→11,000円に!

おひとりで子育てをされている方向けの割引プランです。

初期費用が55,000円、月会費が11,000円となる割引が適用されます。

費用ひとり親特別プラン
初期費用55,000円
(通常187,000円)
月会費11,000円
(通常17,600円)
成婚料220,000円
(通常220,000円)

※18歳未満のお子さんと同居しているひとり親の方が対象

店舗によってプランを利用できない場合もあります。
詳細はお問い合わせください。

キャンペーン対象
年齢
20歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
シングルマザーのみ
詳しく見る
閉じる

都道府県から結婚相談所を探す

結婚相談所一覧から結婚相談所を探す