当サイト経由の入会で毎月先着10名に婚活支援金3万プレゼント!

2022.07.20 更新

50代独身者の人生は悲惨?豊かな日々を過ごすための方法を解説

50代独身者の人生は悲惨?豊かな日々を過ごすための方法を解説

独身のまま50代を迎え、孤独や将来の不安を感じている人は少なくありません。「50代で独身なのは悲惨」という声を聞くこともありますが、50代独身は本当に悲惨なのでしょうか。

この記事では、50代独身男性・50代独身女性の特徴や、50代の独身者が豊かな日々を過ごすための方法をご紹介します。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

50代独身は悲惨なのか?独身者のリアルな声を紹介

50代独身は悲惨なのか?独身者のリアルな声を紹介

近年、結婚しない人の割合は増えています。内閣府の調査によると、50歳時点で一度も結婚したことのない人の割合は、男性で26%、女性で17.4%(※)とされており、50代独身者の割合は決して少なくありません。

独身でいることが珍しいわけではないのに、なぜ「50代独身者の人生は悲惨」と言われることがあるのでしょうか。独身者が抱えているリアルな孤独や不安を紹介していきます。

※2020年時点の生涯未婚率に関するデータより

孤独を感じやすい

家族や子どもを持っている友人や知人が多いなか、自分は独り身であることに孤独を感じる50代の独身者は少なくありません。

若い頃は自分と同じように独身の友人や知人がいて、好きなときに遊んだり飲みに行ったりして寂しさを感じることがなかった人もいるでしょう。しかし、50代になり気軽に会える友人や知人が減ったことで、急に孤独を感じてしまうケースが多いです。

また、50代になると親や親族も高齢になっていたり、身内の多くが他界してしまったりしている場合もあり、家族がいないことに対する孤独感がより強まりやすいです。

もしものときに頼れる相手がいない

若い頃はちょっとした風邪さえひいたことがなかった人でも、50代になると病気や怪我に見舞われる機会が多くなりがちです。健康診断の結果に、いつまで健康でいられるのか不安を感じる人もいるでしょう。

独身者はもしものときに頼れる人が周囲にいないケースも多く、不測の事態にも一人で対応していかなければいけません。病気や怪我をした際や、日常でちょっとしたトラブルが起きた際などに「独身は大変だ」と感じることがあります。

将来に対する漠然とした不安を感じる

具体的な不安や心配事はないものの、「このまま一人で過ごしていて幸せなのだろうか」と将来に対する漠然とした不安を抱える50代の独身者もいます。

特に、前述した孤独や独り身ならではの大変さを体感すると「このまま独りで死んでいくのか」とネガティブな気持ちになりやすいです。

「悲惨」と感じてしまいやすい50代独身男性・独身女性の特徴5選

「悲惨」と感じてしまいやすい50代独身男性・独身女性の特徴5選

ここまでは50代独身者の孤独や不安など、マイナスの面を紹介しましたが、独身には独身ならではのメリットもあります。

たとえば、お金や時間を自由に使えたり、煩わしい親戚付き合いがなかったり、独身だからこそ充実した人生を過ごせるケースも少なくありません。

家族のために趣味や仕事を我慢している人や、親戚付き合いでトラブルを抱えている人の話を聞いて「大変そうだな」と感じた経験を持つ人もいるでしょう。

実際、結婚するよりも独身のほうがいいと感じて、あえて結婚しない人もいます。そう考えると、一概に「50代独身者の人生は悲惨」とは言えませんよね。

とはいえ、なかには独身であることにデメリットを感じやすい人も。ここでは、独身であることを悲惨に感じてしまいやすい人の特徴を紹介します。

結婚しない派の価値観や結婚のメリット・デメリットについてはこちらもチェック>>

1.友人や知人が少ない

独身でも、日頃一緒に過ごせる友人や知人がいる人はそれほど孤独を感じません。

仲のよい友人や知人がいれば「もしものことがあったらこの人に頼れる」という安心感にもつながります。友人や知人のほうから「何かあったときは相談して」と言われていることもあるでしょう。

しかし、友人や知人が少ないと、寂しさや不安を抱えやすくなります。また、周りと比べて人とのつながりが少ない自分の人生が充実していないようにも感じてしまいがちです。

2.これといった趣味がない

趣味があれば、お金や時間を自由に趣味につぎ込める点を独身ならではのメリットと感じられます。

既婚者で趣味に使う物を好きなように購入できたり、休日をすべて趣味のための時間に使えたりする人はなかなかいませんよね。だからこそ、「独身は趣味に没頭できて楽しいな」と独身のメリットを感じやすいのです。

また、趣味がある人だと、趣味のつながりで友人や知人がいるケースも多いため、孤独も感じづらくなります。

一方、趣味がない場合はお金も時間も持て余してしまいがちで、独身ならではのメリットを感じるどころか、むしろデメリットを感じやすくなります。

3.仕事に張り合いを感じていない

成し遂げたい仕事があったり、仕事が生きがいと考えたりする人は、「仕事に打ち込めるから独身でいたほうがいい」と感じやすくなります。

ところが、仕事に張り合いを感じていない人の場合は、何のために仕事を頑張っているのかわからなくなってしまうケースが少なくありません。仕事でノルマや目標がない場合はなおさらです。

仕事に張り合いを感じられないと、「家族がいれば、家族のために仕事を頑張れるのに……」と独身であることに悲惨さを感じてしまいます。

4.幸せな家庭に憧れがある

幸せな家庭に憧れがある場合は、理想と現実を比べて「自分はなんて悲惨な人生を歩んでいるんだ」と感じてしまいやすくなります。

特に、「家庭を築くことが人生最大の幸せ」という価値観を持っていて、周囲に結婚している人が多ければ多いほど「みんな結婚しているのに50代でも結婚できていない自分には何か問題があるのではないか」と自己否定に陥ってしまいがちです。

結婚はご縁やタイミングの問題も大きいはずですが、自己否定に陥ると独身であることがコンプレックスになってしまいます。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

5.子どもがほしい

子どもがほしいと考えている人の場合、50代になると「もう子どもは望めないのではないか」と不安に思い、ますます自分の人生が悲惨なように感じてしまいます。

同世代の人の子どもは成人を迎えていたり、孫が生まれていたりするケースも多いため、周囲と自分の圧倒的な差を感じてしまうことが珍しくありません。

金銭面も時間もゆとりがあり、傍から見ると人生を楽しんでいるように見える独身者でも、自分の人生が周りの人より劣っているような感覚に陥ってしまう場合があります。

悲惨な人生から抜け出すために!50代独身者の日々を豊かにするための方法

悲惨な人生から抜け出すために!50代独身者の日々を豊かにするための方法

自分で自分の人生を悲惨だと感じている50代の独身者もいます。しかし、生活にちょっとした変化を取り入れるだけで、充実した毎日を送れるようになります。

今の時点で「50代独身は悲惨」と感じている場合は、以下のようなことに挑戦してみるのをおすすめします。

趣味や没頭できることを見つける

まずは、自分が没頭できることを探してみましょう。

趣味や仕事など、何かしら没頭できることがあるだけで、日々に張り合いを感じやすくなり「独身は悲惨」と考えることがなくなります。むしろ、何かに没頭していると「自分が思うように好きなことをできるなんて、独身でいてよかった」とさえ感じられるはずです。

これまで経験を積んできた仕事を急に変えることは難しいかもしれませんが、新しい趣味なら気軽に取り組めるのではないでしょうか。

趣味によっては、その趣味を通じて友人や知人が増えることもあります。料理教室に通ってみたり、話題のソロキャンプを始めてみたり、自分が興味を持てる趣味に挑戦してみましょう。

ペットを飼ってみる

ペットがいると孤独を感じづらくなるだけでなく、家族の一員であるペットのことを考えて生活や仕事への張り合いが出るケースもあります。

「このおやつをあげたら喜ぶかな」「このおもちゃを買ってあげよう」「休日にはあそこへ連れて行ってみよう」など、楽しみも増えてプライベートが充実するでしょう。

犬や猫のようにコミュニケーションが取りやすい動物だと、より孤独を感じづらいです。ただ、世話が難しそうであれば小鳥やモルモットといった小動物を飼うと世話が楽ですよ。

住宅事情で難しい場合や、どうしても動物の世話をする自信がない場合は、近年人気を集めている「ペット型ロボット」もおすすめです。

サークルに参加してみる

興味のあるサークルに参加して新たな人脈を作ってみるのも、日々を楽しくする方法の一つです。

友人や知人がいれば、独身ならではの孤独や不安を感じづらいですが、日々の生活で新しく誰かと友人関係に発展するのは難しいですよね。毎日職場と家の往復だけという場合は、出会いそのものがないため、より難しくなります。

しかし、サークルであれば普段の生活では出会えない人々に出会えるチャンスがあります。

サークルというと「テニス」や「フットサル」など、趣味を通じて交流するイメージがあるかもしれません。ただ、なかには「食事会を通じて交流するだけ」だったり、「50代で同年代の友達作りをしたい人が集まるだけ」だったりするサークルもたくさんあり、気軽に参加できますよ。

婚活をしてみる

「結婚したい」「老後を一緒に過ごせる素敵なパートナーがほしい」と感じている人には、婚活が最適です。婚活とは、文字通り結婚をするために行う活動のことです。

世間ではマッチングアプリや結婚相談所など、さまざまな婚活サービスが展開されています。「50代になったら結婚はできないだろう」と諦めていた人でも、婚活をすれば理想に近い異性と出会えるチャンスがあります。

「婚活は20代・30代の若い人がするもの」と考える人がいるかもしれませんが、婚活を始めるのに「遅い」というタイミングはありません。日々を豊かにするために婚活を始めてみてはいかがでしょうか。

50代におすすめな結婚相談所はこちらの記事をチェック>>

悲惨な独身人生を変えたい50代の婚活には「結婚相談所」がおすすめ!

悲惨な独身人生を変えたい50代の婚活には「結婚相談所」がおすすめ!

「婚活を始めてみようかな」と感じても、婚活の方法は複数あるため、どのような方法で婚活をすべきか迷ってしまいますよね。

婚活を考えている50代には、結婚相談所での婚活がぴったりです。ここからは、なぜ50代の婚活には結婚相談所がおすすめなのか、その理由を解説します。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

年齢をネックに感じづらい

結婚相談所であれば、年齢をさほど気にせずに婚活が進められます。

一般的に、婚活のボリューム層は20代後半~30代と言われています。そのため、50代が婚活を始めると、年齢をネックに感じてしまうシーンが少なくありません。

若者が気軽に利用できるマッチングアプリは「登録してみたものの、年代が合う人がいない」といったケースがあります。また、対面で出会いを探せる婚活パーティーでも、「参加したいのに年齢制限に引っかかってしまう」といったケースがあるでしょう。

一方、結婚相談所では幅広い年齢層の会員が活動しています。50代以降の会員も少なくないため、「同年代がいない」「登録できない」といったようなシーンはほとんどありません。

50代独身男性の婚活は年齢的に厳しいはず……と感じている人はこちらの記事もチェック>>

アドバイザーにサポートしてもらえる

結婚相談所では、アドバイザーが婚活に関するあらゆるサポートをしてくれるので、スムーズかつ効率的に婚活を進められるのもポイントです。

いざ婚活をスタートさせようとしても、何から始めればいいのかわからなかったり、どのように婚活を進めればいいのかわからなかったりと、活動が難航してしまう人も多くいます。

しばらく恋愛から遠のいていた場合は、せっかく出会いがあっても気持ちだけが焦ってしまい、スムーズに関係性を発展させることができないこともあるはずです。

結婚相談所では、アドバイザーが婚活計画の立案・お相手の紹介・気になるお相手とのコミュニケーションに関するアドバイスなど、幅広いサポートをしてくれます。しばらく恋愛から遠のいていた人も、初めて婚活をする人も、結婚相談所であれば安心して婚活を進められます。

自分に合ったお相手が見つかりやすい

自分の理想や希望に合ったお相手が見つかりやすい点も、結婚相談所のメリットのひとつです。特に、大手の結婚相談所であれば会員が何万人もいるため、普段の生活では出会えないような幅広いお相手と出会えます。

結婚相談所には結婚を望んでいる会員しかいないため、お互いに気に入ればスムーズに成婚できる可能性が高い点もポイントですよ。

また、結婚相談所では、条件検索やアドバイザーからの紹介、会員同士の婚活パーティーによる出会いなど、出会いのスタイルも多種多様です。自分に合った方法で、多くのお相手候補のなかから自分にとって理想的なお相手を探せます。

結婚相談所の特徴や婚活の流れについてはこちらの記事もチェック>>

あなたに合う結婚相談所を診断

結婚相談所によってサービス内容や価格帯はさまざまです。
どの結婚紹介所が自分にあっているのか見極めるために、まずは結婚相談所の資料を取り寄せるところから始めてはいかがでしょうか。

年齢やご職業などからあなたに合う結婚相談所を自動でピックアップし、お取り寄せの手配をまとめて行えます。 資料のお取り寄せに費用はいっさいかかりませんので、お気軽にご利用ください。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

関連記事ピックアップ

2022年秋の最新キャンペーン

パートナーエージェント

シングルマザー応援プラン

初期費用50%OFF 月会費最大8,000円OFF!

子育てや仕事で忙しいシングルマザー向けのプランです。
いつでも頑張るママを、婚活までひとりで頑張らせたくない、
ママとお子さんにとって素敵なお相手を一緒に見つけたいという願いのもと、
私たちはシングルマザーの方のための料金プランをつくりました。

★初期費用50%OFF★
★月会費最大8,000円OFF★

シングルマザー応援プラン初期費用月会費登録料成婚料
コンシェルジュコース52,250円
(通常104,500円)
9,900円
(通常18,700円)
33,000円55,000円
コンシェルジュライトコース33,000円
(通常33,000円)
8,800円
(通常12,100円)
33,000円55,000円

※上記は全て税込み金額です。
※お子さんの年齢が20歳までのシングルマザーが対象。

キャンペーン対象
年齢
20歳以上
性別
女性
地域
全国
その他
シングルマザーのみ
詳しく見る
閉じる
パートナーエージェント

U29プラン

初期費用最大約50%OFF 月会費最大3,000円OFF!

20代の婚活を応援するプランです。
安い費用で20代にぴったりの婚活ができます。

★初期費用最大約50%OFF★
★月会費最大3,000円OFF★

U29プラン初期費用月会費登録料成婚料
コンシェルジュコース
(エリアⅠ)
52,250円
(通常104,500円)
16,500円
(通常18,700円)
33,000円55,000円
コンシェルジュコース
(エリアⅡ)
52,250円
(通常104,500円)
13,200円
(通常15,400円)
33,000円55,000円
コンシェルジュライトコース
(エリアⅠ)
33,000円
(通常33,000円)
12,100円
(通常14,300円)
33,000円55,000円
コンシェルジュライトコース
(エリアⅡ)
33,000円
(通常33,000円)
8,800円
(通常12,100円)
33,000円55,000円

※上記は全て税込み金額です。
※エリアやプランにより異なります。
※~29歳まで(~29歳にご入会で、満31歳の誕生日を迎えるまで継続可能です。)

エリアⅠ 該当店舗エリアⅡ 該当店舗
東京エリア
新宿店 西新宿店 銀座店 池袋店 上野店 丸の内店
関東エリア
横浜店 大宮店 船橋店
中部エリア
名古屋店 豊田店
関西エリア
大阪店 京都店 神戸店 姫路店
北海道エリア
札幌店
東北エリア
仙台店
関東エリア
高崎店
中部エリア
静岡店 浜松店
中国エリア
広島店
九州エリア
福岡店 北九州店
キャンペーン対象
年齢
20〜29歳まで
性別
共通
地域
全国
詳しく見る
閉じる
サンマリエ

ひとり親特別プラン

初期費用が187,000円→55,000円、月会費が17,600円→11,000円に!

おひとりで子育てをされている方向けの割引プランです。

初期費用が55,000円、月会費が11,000円となる割引が適用されます。

費用ひとり親特別プラン
初期費用55,000円
(通常187,000円)
月会費11,000円
(通常17,600円)
成婚料220,000円
(通常220,000円)

※18歳未満のお子さんと同居しているひとり親の方が対象

店舗によってプランを利用できない場合もあります。
詳細はお問い合わせください。

キャンペーン対象
年齢
20歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
シングルマザーのみ
詳しく見る
閉じる

都道府県から結婚相談所を探す

結婚相談所一覧から結婚相談所を探す