婚活支援金プレゼント!当サイト経由で3ヶ月以内に入会した方全員に30,000円

2024.03.12 更新

バツイチ同士の再婚は難しい?メリット・デメリットや実際の体験談を紹介

この記事はプロモーションを含む場合があります。
バツイチ同士の再婚は難しい?メリット・デメリットや実際の体験談を紹介

バツイチ同士の再婚は、過去の結婚生活から得た教訓を活かす絶好の機会ですが、同時に特有の課題も抱えています。この記事では、再婚におけるメリットとデメリットを掘り下げ、実際に再婚を経験した人の体験談を通じて、再婚が難しいと言われる理由と、それを乗り越え幸せをつかむためのヒントを紹介しました。再婚を考えるバツイチの方々にとって、前向きな一歩を踏み出すための参考になれば幸いです。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

バツイチ同士の再婚は難しい?

バツイチ同士の再婚においては、以下4つの大きな課題が存在します。

  • 再婚への焦り
  • 前の結婚相手との比較
  • 子連れ再婚の複雑性
  • 離婚率の高さ

離婚後の孤独や不安から急いで再婚すると後悔してしまうリスクがあるので、特に心の傷が癒えていない場合は、相手のことをしっかり知る機会を設けて冷静な判断を心がけましょう。また、前のパートナーと比較してしまうことは誰にでもありえることですが、悪い方向に進んでしまう可能性も高いので、優劣で考えるのではなく、生涯のパートナーとして正面からしっかり向き合うことが大切です。

そして子連れ再婚の場合は、子育てや養育費、元のパートナーとの関係などの問題があるため難易度が上がります。再婚を考える前に相手としっかりと話し合っておくようにしましょう。

さらに、バツイチ同士の再婚の離婚率は初婚よりも高く、再再婚ではさらに上昇するという調査結果もあります。これは離婚に対するハードルが低くなっていることが原因と考えられます。ただ、これはあくまでも数字の話なので、過去は過去と割り切ることが重要です。

バツイチ同士で再婚するメリット

バツイチ同士で再婚するメリット難易度が高いと言われるバツイチ同士の再婚ですが、メリットも複数存在します。

理想を追い求めすぎない

バツイチ同士の再婚は、お互いに結婚生活に対する現実的な理解があるため、理想と現実のギャップに悩まされることが少ないです。初婚の場合、理想を追求しやすいですが、それによって現実との不一致から不満が生じることがあります。しかし、バツイチ同士では、それぞれが一度結婚生活を経験しているため、過度な期待をせずに地に足のついた落ち着いた生活を送ることができます。

結婚は人と人との関係で成り立っているため、完璧な結婚生活は存在しません。ときには妥協が必要な部分もありますが、過去の経験を通じてそれを理解しているので、より現実味のある関係を築くことができます。

欠点を補い合える

バツイチの方は、過去の失敗から学び「次の結婚生活を大切にしよう」という強い決意を持っている方が多いです。自分の欠点や過去の結婚での反省点を理解し、改善に努めることで、相手に対する思いやりを持って接することができるようになります。

また、離婚の原因が自分にあると自覚することで、相手の欠点にも寛容になり、同じ過ちを繰り返さないように心がけることができます。離婚を経験した人は結婚生活の現実をよく理解しており、相手のデメリットや結婚生活への妥協点を受け入れることができるため、より現実的で健全な関係を築くことが可能です。

結婚の手続きがスムーズ

バツイチ同士の再婚では、手続きの流れを既に知っているため、事務的な準備がスムーズに進むというメリットがあります。結婚式の計画においても、初婚時に比べて形式にこだわりすぎず、お互いの負担が少ないような納得のいく選択をしやすいです。家族だけを招いた小規模な式やリゾートウェディングのように、よりリラックスした形式を選ぶ方も多いです。

再婚にあたっての戸籍や書類の手続きも効率的に進めることができ、結婚式の段取りに関するトラブルも少なくなる傾向にあります。そのため、結婚生活の本質により焦点を当てやすくなりますよ。

バツイチ同士で再婚するデメリット

バツイチ同士での再婚は、メリットがあると同時にデメリットも存在します。注意してほしい2つのデメリットを解説していきます。

子ども・元配偶者の関係が複雑

再婚する際、特に子連れや養育費の支払いが絡んでくる場合、関係性はより複雑になります。再婚相手に子どもがいる場合や、養育費を支払っている場合は、これらの事情をしっかりと話し合い、面会ペースなども含めて共有することが重要です。子どもが再婚による環境の変化でストレスを感じる可能性もあるので、子どもの精神状態を考慮しながら、再婚のタイミングを見極める必要があります。

またバツイチ同士の再婚では、元パートナーとの関係や過去の結婚生活が気になることがあります。元配偶者との関係を続けざるを得ない場合でも、未練を断ち切り、新しいパートナーとの間に強い信頼関係を築くことが大切です。

前回の失敗を繰り返す可能性がある

前述したように、バツイチ同士の再婚では前の結婚での失敗を繰り返さないよう注意が必要です。離婚の原因を相手だけのせいにし、過去からの学びがない場合、再婚も失敗するリスクが高くなります。相手が元パートナーについて否定的な発言ばかりする場合は、再婚が上手くいかないサインかもしれません。

また、孤独感や寂しさから焦って再婚すると、誤った選択をしてしまうことがあります。再婚や新しい関係を始める前には、離婚による心の傷を癒し、冷静な判断力を持って再婚相手を選ぶことが大切です。自分自身が思っている以上に、心と体が悲鳴を上げている場合もあるため、自分の内面をしっかりと見つめ直すことが重要です。

バツイチ同士の再婚を成功させる秘訣

ここまで、バツイチ同士の再婚について続けて解説してきましたが、これを成功させる秘訣は一体何なのでしょうか。主な3つのポイントを順番に説明していきます。

お互いの離婚原因を話しておく

再婚を考える際は、お互いの離婚原因を正直に話し合うようにしましょう。この過程は、過去の失敗から学び、将来の関係をより良くするための解決策を見つける機会になります。離婚原因が借金、DV、家族問題など深刻なものであれば、再婚の成功が難しい可能性があり、慎重に再考する必要があるかもしれません。離婚原因を話し合うことが相手を傷つけると感じるかもしれませんが、共に生活をするうえでこれらの事実を共有することは不可欠です。

離婚の原因を話し合うことが関係を悪化させるという考えは避け、お互いの欠点を補い合い、解決策を模索することが再婚同士のメリットとなります。DV、借金、浮気癖、依存症、義理の親との問題など、特に注意が必要な原因については、早い段階での入念な話し合いが必要です。価値観の不一致など、改善が難しい問題については、話し合いを通じて早めに解決するようにしましょう。

子どもの気持ちを尊重する

子連れ再婚を考える際には、子どもの気持ちを最優先に考えることがとても重要です。再婚が2人にとって幸せな選択であっても、子どもにとっては大きな環境の変化となり、学校の変更、名前の変更、新しい住環境への適応、血のつながらない家族との生活など、多くの不安を抱える可能性があります。

これらの不安を見過ごすことなく、子どもの意見を尊重し、再婚を受け入れられるまで辛抱強くサポートすることが、再婚を成功させるための鍵となります。

元パートナーの話は避ける

離婚原因については話し合うことが重要ですが、元パートナーとの思い出話やその持ち物の扱いには注意が必要です。元配偶者の話をしすぎると「まだ未練があるのかな?」や「比較されている」と感じさせてしまう可能性があります。

特に、元配偶者の持ち物を持っていたり使い続けたりしていることは、再婚相手に誤解を招くことがあるので、再婚を決意したら思い出の品は処分するか、少なくとも目につかない場所に保管することが望ましいでしょう。再婚前でも再婚後でも、元夫や元妻の話題は避け、新しい関係に影響を与えないようにすることが、再婚生活をスムーズに進めるための大切なポイントです。

バツイチ同士の再婚体験談

バツイチ同士の再婚体験談都内のビストロで会った49歳の大手メーカー勤務、Sさんは、昨年冬に10歳年下の女性と結婚したバブル世代の男性。彼の出会いは結婚相談所で、49歳まで独身だった理由は、若い頃の遊び心と仕事、収入面での不安から来ていました。37歳での初婚は彼にとって適齢期だったものの、結婚後すぐに妻の心の病が悪化し、離婚。しかし、Sさんは再婚に前向きで、婚活を通じて現在の妻と出会いました。

Sさんは結婚相談所での活動を通じて、月に2、3人のペースでお見合いを重ね、特に30代女性とのお見合いを希望していました。子どもを望む彼は、相手の人柄や顔写真を重視しつつも、実際に会って判断するスタンスでした。多くの断りも経験しましたが、諦めずに活動を続け、半年後には現在の妻、Hさん(39歳)と出会いました。Hさんは写真以上に魅力的で、一緒にいて楽しく、積極的にアプローチしてくれたことがSさんにとって大きな魅力でした。

結婚後、二人は新婚旅行でハワイを訪れ、夫婦の絆が深まりました。SさんはHさんの南国での様子に惚れ直し、今は新鮮な夫婦生活を楽しんでいます。晩婚であっても、二人の生活は明るく和やかなものであり、お互いの習慣や欠点を受け入れつつ、共に成長していく様子が伺えます。

バツイチ同士の再婚活についてまとめ

バツイチ同士の再婚活は、過去の離婚経験を踏まえ、新たなパートナーを見つける過程です。成功の鍵は、お互いの離婚原因を正直に共有し、未練を残さないよう元配偶者との思い出を持ち出さないことにあります。特に子連れの場合は、子どもの感情を尊重し、再婚による変化への配慮が必要です。体験談からも、目的意識を持って相手の人柄や相性を重視することの大切さが見て取れます。バツイチ同士の再婚活は、過去を乗り越え、共に成長するための新たなスタートと言えるでしょう。

バツイチ同士の再婚活についての関連記事

バツイチ同士の再婚活を考えている方向けの関連記事はこちらです。

2024年春の最新キャンペーン

ノッツェ

お得なペア割

入会金20,000円OFF!

2人で入会すると入会金が安くなる割引制度です。
友人や親子、同僚、同性、異性同士など、どのような組み合わせでも入会可能。
1人で入会した後でも、入会後に紹介した方が入会された場合、紹介した方と紹介された方両方に商品券2万円をプレゼントしています。

★入会金20,000円OFF★

お得なペア割入会金活動初期費用月会費情報提供料
ベーシックコース13,000円
(通常33,000円)
52,250円
(通常52,250円)
4,950円~
(通常4,950円~)
85,800円
(通常99,000円)
お見合いアシストコース13,000円
(通常33,000円)
52,250円
(通常52,250円)
21,450円
(通常21,450円)
-

※上記は全て税込み金額です。
※ベーシックコース・お見合いアシストコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。
※男性は20歳以上で定職者の方が対象。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
その他のみ
詳しく見る
閉じる
ノッツェ

他社から乗りかえ料金プラン

入会金0円 活動初期費用0円!

お得に他社からの乗り換えができる婚活プランです。
入会金と活動初期費用が0円のため、費用面での負担なく入会できます。

★入会金0円★
★活動初期費用0円★

費用他社からの乗りかえプラン
入会金0円
(通常33,000円)
活動初期費用0円
(通常77,000円)
月会費4,950円~
(通常4,950円~)
情報提供料85,800円
(通常99,000円)

※上記は全て税込み金額です。
※ベーシックコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。
※男性は20歳以上で定職者の方が対象。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
他社乗換のみ
詳しく見る
閉じる
ノッツェ

シングルマザー限定料金プラン

活動初期費用0円 月会費1,650円OFFなど!

再婚を考えているシングルマザーの婚活を応援するプランです。
活動初期費用や月会費、情報提供料の割引により、費用の負担を抑えて婚活を始められます。

★活動初期費用0円★
★月会費1,650円OFF★
★情報提供料56,100円OFF★

費用シングルマザー限定料金プラン
入会金33,000円
(通常33,000円)
活動初期費用0円
(通常77,000円)
月会費3,300円~
(通常4,950円~)
情報提供料42,900円
(通常99,000円)

※上記は全て税込み金額です。
※20歳未満の学生のお子さんをお持ちの独身女性(再婚・未婚を問わず)が対象。
※ベーシックコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
女性
地域
全国
その他
シングルマザーのみ
詳しく見る
閉じる

都道府県から結婚相談所を探す

結婚相談所一覧から結婚相談所を探す