婚活支援金プレゼント!当サイト経由で3ヶ月以内に入会した方全員に30,000円

2024.03.12 更新

【再婚で後悔した体験談】後悔しない再婚をするための秘訣とは?

この記事はプロモーションを含む場合があります。
【再婚で後悔した体験談】後悔しない再婚をするための秘訣とは?

再婚は新たなスタートである一方で、一定のリスクも伴います。この記事では、再婚のメリットとデメリット、実際に再婚で後悔した人の声、そして同じ過ちを繰り返さないための具体的なアドバイスを解説していきます。再婚を成功させ、より充実した夫婦生活を送るために、後悔しない再婚についての理解を深めていきましょう。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

再婚を後悔する前に知っておくべきこと

厚生労働省の「令和3年度人口動態統計」によると、結婚するカップルのうち、どちらか一方または両方が再婚である割合は、全国平均で26%となっています。30年前の約10%から大幅に増加しており、現在では4組に1組が再婚者を含んでいることを意味しています。

また再婚には「再婚禁止期間」という制限があることをご存知でしょうか。2016年の法改正により、女性は離婚後100日間再婚できないルールが設けられましたが、離婚時に妊娠していない場合はこの制限が適用されません。この規定は、離婚に伴う子の出生時の父親の特定を明確にするために設けられています。

再婚するメリット

結婚に対する再婚の割合や、再婚禁止期間について触れましたが、ここからは再婚するメリット・デメリットについてまとめていきます。まずはメリットから見ていきましょう。

パートナーがいる安心感

パートナーの存在は大きな支えとなり、人生の不安に対する安心感を与えてくれます。独り身でいると、未来に対するさまざまな心配事が生じがちですが、そんな時にそばにいて支えてくれる人がいることは心強く、そのおかげで安心して暮らすことができるようになります。

シングルで子育てをしている場合、その苦労は一層感じられますが、再婚によって苦労を分かち合えば、それを乗り越える力が湧くはずです。子どもだけでなく、両親の将来についても考えなければいけない状況では、再婚パートナーと共に将来の計画を練り、心配事を共に解決していくことができ、より強く前に進むことができます。

子どもに父親・母親ができる

再婚によって子どもに新しい親ができることは、子どもにとって大きなメリットとなります。母親もしくは父親の愛情だけで育つことも素晴らしいですが、どちらかの親の不在による寂しさを感じる子どももいます。

父親と母親はそれぞれ違う役割を持っており、両親2人から愛情を受けることは子どもの成長にとってとても重要です。突然の親役を担うことは、親にとっても子どもにとっても挑戦的かもしれませんが、長期的に見れば、子どもにとって2人の親がいることは大きなメリットです。時間をかけて、じっくりと関係を築いていくことが重要です。

反省を生かしてよりよい夫婦生活を送れる

離婚を通じて得た教訓や経験は、新たな結婚生活においてポジティブに活用できるものです。一度結婚してみることで、理想のパートナーについて再考する機会を得られ、自分自身の改善点も明らかになったのではないでしょうか。

過去の失敗から学ぶことで、次の結婚生活でどのように振る舞うべきかを見極めやすくなるはずです。結婚経験者は、結婚生活に対して現実的な期待を持つことが多く、そのため再婚は成功しやすい傾向にあります。現実を踏まえたうえでの再婚は、よりよい結果をもたらす可能性が高いです。

再婚するデメリット

続いて、再婚するデメリットを確認していきましょう。

元パートナーや子どもとの関係

先ほど子どもに新しく親ができることのメリットを述べましたが、長期的に見るとこれは確かに大きなメリットです。しかし、再婚によって子どもが心理的に不安定になるケースも少なくありません。

親子2人の生活から突然、新しい親が加わる新しい家庭環境を受け入れるのは、敏感な子どもにとっては挑戦的なことかもしれません。精神的なストレスを感じないように、子どもの意見にしっかり耳を傾け、慌てずに時間をかけて関係を築いていくことが重要です。

同じ失敗を繰り返す可能性がある

一度離婚を経験した人は、同じ失敗を繰り返したくないと思うはずです。しかし、1人では寂しいからという理由だけで急いで再婚活を進めると、また同じように失敗する可能性が高まります。

そのため、まずは再婚をする前に、改めて再婚をする理由を考えてみましょう。新しい相手を人として尊敬できるかどうか、子どもも幸せになれるのかどうかなどを冷静に分析して、再婚するかどうかを決めることが大切です。

再婚で後悔した人の体験談

再婚で後悔した人の体験談続いて、再婚で後悔した人やそれを乗り越えた人の、実際の体験談を紹介していきます。実体験に基づくリアルな話ではありますが、再婚で後悔しないためにぜひ参考にしてください。

①前妻と子どもへの嫉妬

バツイチ同士の再婚は、相手に子どもがいる場合、特に複雑な感情を伴うことがあります。

40代女性のAさんは、当初「連れ子ではないから問題ない」と考えていましたが、夫が子煩悩であることを知り、彼とその子どもとの関係に嫉妬や焦りを感じるようになりました。夫が月に一度子どもと会う際、Aさんは精神的な疲労を感じ、将来的に自分たちの子どもができたとしても、この感情が爆発するのではないかと不安に思っています。離婚後も親子関係は続くため、学校行事や特別なイベントなど、子どもの成長に伴うさまざまな場面で親としての関わりが求められることもあります。

この場合、離婚をした経験を含めて今の彼なのだから、納得して一緒にお祝いしてあげることが大きな一歩となります。再婚する際は、相手の子どもとの関係や将来起こり得る事態に対する覚悟が必要だと感じる体験談です。

②お金目当ての再婚かという不安

大学教授のBさん(50歳)は、初婚で37歳のバツイチ女性と結婚に前向きになりましたが、彼女が若く見えることに戸惑いを感じつつも喜びを覚えていました。しかし、結婚が現実になると、「彼女はお金目当てではないか」という不安が頭をよぎりました。彼女は以前、大手企業の会社員と結婚し専業主婦であり、離婚後は経済的に自立していない状態で親に依存していました。年齢と共に親の経済状況も悪化し、彼女は結婚相談所に入会したのではないかとBさんは推測しました。彼女は自ら稼ぐ意志が見られず、ファッションや美容には気を使うタイプでした。Bさんは、自身の老後やもし子どもが生まれた場合の経済的な負担を心配し、彼女が働かないことに不安を感じていました。

結婚前に将来のお金の話や、仕事に対する考え方について話し合うことの重要性をアドバイスされたBさんはこの助言を受け入れ、若く美しい女性との結婚は希望通りであり、お金に関する問題は話し合いで解決することに前向きになりました。

再婚して後悔しないための秘訣

実際の体験談を確認したところで、後悔しない再婚をするためにはどのような秘訣があるのか見ていきましょう。

失敗を繰り返さない

再婚するメリット・デメリットの際にもお伝えしましたが、過去の失敗を繰り返さないかどうかが、再婚で後悔するかどうかの大きな分かれ道と言えます。

そんな失敗を繰り返さないためには、再婚の動機をしっかりと考えることが重要です。単に寂しさを埋めるためだけの再婚は、失敗へと繋がるリスクが高くなります。パートナーを人として尊敬できるか、子どもが幸せになれるかどうかなど、さまざまな角度から冷静に分析し、再婚の決断を下しましょう。

信頼関係を構築する

後悔しない再婚をするためには、相手との信頼関係をしっかりと構築しコミュニケーションしていくことがとても重要です。感謝を忘れずに伝えることや、素直に感情表現することを念頭に置くことで、相手を理解し許し合える関係を築きやすくなります。

結婚に不安を感じている方や自分に自信がない方も、まずは相手とのコミュニケーションを頻繁に行って理解し合える関係を目指しましょう。健全な信頼関係を構築することで、再婚に対する不安や自信の無さを払拭しやすくなります。

子どもや将来のすり合わせをしておく

離婚を経験した方は感じていると思いますが、再婚前には結婚後のビジョンを共有しておくことがとても重要です。考え方や価値観の違いはすれ違いの原因となるので、子どもの有無、働き方、お金の管理方法など現実的な話題について事前に話し合い、共有しておくのがよいでしょう。

また、自分や再婚相手に子どもがいる場合は、子どもたちの意見を尊重し、再婚に対する感情を理解することが必要です。子どもが再婚に反対している場合や嫌がっている様子を見せたときは、彼らとの関係を慎重に築き直し、時間をかけて距離を縮める努力を続けましょう。

後悔しない再婚についてまとめ

後悔しない再婚についてまとめ再婚は人生の新たな章を開く大きな一歩ですが、その決断には慎重さが求められます。また多くのメリットがある一方で、過去の過ちを繰り返すリスクも伴います。再婚を成功させる鍵は、自己反省と前向きな準備です。事前にパートナーと価値観や期待を共有し、子どもがいる場合はその意見も尊重することが重要です。再婚に踏み出す前に、これらのポイントを十分に検討し、心から納得したうえでの決断を心がけましょう。

後悔しない再婚についての関連記事

後悔しない再婚を考えている方向けの関連記事はこちらです。

2024年春の最新キャンペーン

ノッツェ

お得なペア割

入会金20,000円OFF!

2人で入会すると入会金が安くなる割引制度です。
友人や親子、同僚、同性、異性同士など、どのような組み合わせでも入会可能。
1人で入会した後でも、入会後に紹介した方が入会された場合、紹介した方と紹介された方両方に商品券2万円をプレゼントしています。

★入会金20,000円OFF★

お得なペア割入会金活動初期費用月会費情報提供料
ベーシックコース13,000円
(通常33,000円)
52,250円
(通常52,250円)
4,950円~
(通常4,950円~)
85,800円
(通常99,000円)
お見合いアシストコース13,000円
(通常33,000円)
52,250円
(通常52,250円)
21,450円
(通常21,450円)
-

※上記は全て税込み金額です。
※ベーシックコース・お見合いアシストコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。
※男性は20歳以上で定職者の方が対象。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
その他のみ
詳しく見る
閉じる
ノッツェ

他社から乗りかえ料金プラン

入会金0円 活動初期費用0円!

お得に他社からの乗り換えができる婚活プランです。
入会金と活動初期費用が0円のため、費用面での負担なく入会できます。

★入会金0円★
★活動初期費用0円★

費用他社からの乗りかえプラン
入会金0円
(通常33,000円)
活動初期費用0円
(通常77,000円)
月会費4,950円~
(通常4,950円~)
情報提供料85,800円
(通常99,000円)

※上記は全て税込み金額です。
※ベーシックコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。
※男性は20歳以上で定職者の方が対象。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
他社乗換のみ
詳しく見る
閉じる
ノッツェ

シングルマザー限定料金プラン

活動初期費用0円 月会費1,650円OFFなど!

再婚を考えているシングルマザーの婚活を応援するプランです。
活動初期費用や月会費、情報提供料の割引により、費用の負担を抑えて婚活を始められます。

★活動初期費用0円★
★月会費1,650円OFF★
★情報提供料56,100円OFF★

費用シングルマザー限定料金プラン
入会金33,000円
(通常33,000円)
活動初期費用0円
(通常77,000円)
月会費3,300円~
(通常4,950円~)
情報提供料42,900円
(通常99,000円)

※上記は全て税込み金額です。
※20歳未満の学生のお子さんをお持ちの独身女性(再婚・未婚を問わず)が対象。
※ベーシックコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
女性
地域
全国
その他
シングルマザーのみ
詳しく見る
閉じる

都道府県から結婚相談所を探す

結婚相談所一覧から結婚相談所を探す