婚活支援金プレゼント!当サイト経由で3ヶ月以内に入会した方全員に30,000円

2024.04.02 更新

再婚の不安を乗り越える具体的な方法とは?実際の体験談もあわせて紹介

この記事はプロモーションを含む場合があります。
再婚の不安を乗り越える具体的な方法とは?実際の体験談もあわせて紹介

再婚は人生の新たな章を開く希望に満ちたステップですが、それには避けられない不安も伴います。しかし、これらの不安を乗り越え、幸せな再婚生活を築くための具体的な方法は存在します。この記事では、再婚における一般的な不安要因を解消するためのアプローチと、実際に再婚を成功させた人の体験談を通じて、再婚の不安を乗り越えるための実用的なアドバイスを紹介します。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

再婚する際に感じる不安4選

まずは、再婚する際に感じる不安としてよくある4つのケースを紹介していきます。

相手が婚姻歴を受け入れてくれるか

再婚に際して、特に相手が初婚の場合や、どちらか一方に前のパートナーがいる場合、さまざまな不安要素が存在します。初婚の人からは、「離婚歴がある人や、他人の子どもを育てることへの抵抗」があり、離婚や子どもがいるという事実をどう受け入れてもらえるかが心配になります。

また、前のパートナーの存在は再婚相手にとって不快な話題となる可能性があります。前のパートナーに関する話題が出ると、比較されていると感じたり、特に前のパートナーとの間に子どもがいる場合、その子どもとの交流が続くことで再婚相手は不安を感じることがあります。これらの複雑な感情は再婚に対するためらいの原因となり、関係の進展を難しくさせる要因となります。

子どもが再婚を受け入れてくれるか

子どもが自我を持ち始めると、親の再婚を受け入れるかどうかが一つの心配事になります。特に子連れ再婚の場合、子どもが新しい家族構成に幸せを感じられなければ、再婚は成功したとは言えません。そのため、再婚相手と子どもとの良好な関係構築は、再婚を成功させるための重要なステップとなります。

しかし、子どもと再婚相手が互いを受け入れるかどうかは、親の努力だけでは解決しない問題も多く、これが再婚に踏み出せない一因となることもあります。さらに、もし再婚が失敗に終われば、子どもに与える精神的なダメージを心配し、自分だけでなく子どもの将来にも影響を及ぼす可能性があるため、再婚に対する不安はより大きくなります。

相手が死別を受け入れてくれるか

離婚理由が「死別」の場合、自分自身が心の整理をつけられていないことがあり、再婚相手にこの事実をどのように説明し、受け入れてもらえるかについて不安を感じることがあります。死因が自殺や病気など、相手が気にする詳細についても、どのように伝えるべきか悩むことでしょう。

さらに、死別後には「また同じことが起きないか」という不安があり、前のパートナーを病気や事故で失った際の「何かできたのではないか」「もし、こうしていれば」という後悔が心に残り続けます。これらの感情は、新たなパートナー探しに対する抵抗感を生み、再婚を考えるまでに時間がかかる要因となります。死別による離婚は、相手が嫌になって別れたわけではないため、感情の整理が特に難しく、再婚に向けた心理的ハードルが高くなりがちです。

お金・親の心配

婚活中の経済的な負担が気になるかもしれませんが、再婚後の財政的な不安も考慮する必要があります。もし再婚が共働きであれば、日常の支出においてお互いに負担を分担できるため、金銭的な余裕が出てくる可能性があります。

自分自身またはパートナーが連れ子を持っている場合や、再婚相手との間に新たに子どもが誕生した場合、その子どもの養育に関して経済的な不安を感じることがあるでしょう。

再婚時の不安を解消する方法

再婚時の不安を解消する方法続いて、これらの不安要素を解消する方法を解説していきます。具体的な方法を5つに分けて紹介していきます。

期間を空けてトラウマを解消する

前の結婚生活からのトラウマ、未練、課題など、再婚を考える際には多くの不安要素が存在します。周囲の反対がある場合や、過去の経験から恐れを感じる場合でも、一度時間を置いて冷静に判断することが重要です。落ち着いて考えた結果、再び一緒になりたいと強く思える相手であれば、再婚に向けて進むことで幸せを掴むことができるでしょう。また、離婚によるトラウマや未練、具体的な課題を解決してから再婚活動を始めることで、成功への道がよりスムーズになります。

再婚カップルの離婚率が高いとされるなかで「傷つきたくない」「同じ過ちは繰り返したくない」という思いは自然なものです。しかし、過去の失敗から学び、痛みを経験したことは、再婚を成功させるための貴重な糧となります。円満な夫婦関係を築くためには、夫婦で共有する明確な目標を持つことが大切です。具体的なイメージを固め、それを夫婦で共有することで、再婚生活をより豊かなものにする努力が可能です。

不安を話し合いルールを決めておく

再婚を考える際には、さまざまな心配事が生じますが、これらの不安は事前の話し合いによって軽減できます。特に子連れ再婚の場合や、再婚後の妊娠に関する不安、お互いの過去や将来に対する期待といった、重要な話題については、再婚前にしっかりと確認し合うことが重要です。これにより、お互いに納得し安心して再婚に踏み切ることができます。

また、再婚生活が始まってからでは話しにくいテーマ、例えば遺言書の作成や親との関係、子どもとの接し方などについても、事前に話し合い、明確なルールを設けておくことが、後のトラブルを避けるためにも有効です。再婚は過去の失敗を繰り返さないための努力をする絶好の機会であり、しっかりとした意思確認を行うことが、家族全員が幸せになるための第一歩となります。

子どもの気持ちを考慮する

別居している子どもがいる場合、その子どもとどれくらいの頻度で会うかを決め、新しいパートナーにもその計画を納得してもらうことが重要です。また、新しいパートナーとの間に子どもを持つか、連れ子との養子縁組をするかについても検討が必要です。子連れ再婚を考える際には、多くの人が幸せになることに対して躊躇したり、子どものために再婚しないほうがよいのではないかという悩みを抱えたりしがちです。しかし、再婚が子どもにとってもよい影響をもたらし、家族が増えて笑顔が増えるのであれば、それは親だけでなく子どもにとっても幸せな選択となり得ます。

再婚の決断をするにあたり、子どもの気持ちを尊重し、再婚後の家族関係や教育方針についてもしっかりと話し合うことが大切です。これにより、再婚家族が互いに理解し合い、支え合う関係を築くための基盤を作ることができます。

個人の財産や管理の仕方を確認しておく

再婚において、それぞれが以前から築いてきた預貯金や不動産などの財産は基本的に個人のものとされ、夫婦の共有財産には含まれません。しかし、再婚後に共同生活が始まると、どの財産が個人のもので、どれが共有財産なのかが曖昧になりがちです。そのため、再婚前に個人の財産と共有財産を明確に区分し、お互いに確認しておくことが重要です。

また、共働きの夫婦が増えるなかで、お互いの収入について完全に把握していないケースも少なくありませんが、共同で生活を送るうえで、生活費の管理や高額な買い物に関する基本的なルールを設定することが必須です。これには、生活費の配分や、どちらが管理するか、高額な購入をする際の事前相談など、話し合いにくいテーマも含まれますが、これらを事前にしっかりと話し合い、合意に至ることで、再婚後の生活をよりスムーズに、そしてトラブルなく進めることができるでしょう。

お互いの両親に納得してもらう

再婚する際には、親の理解と支援を得ることも重要です。特に、子どもがいる場合、親からの支援があると結婚生活の負担が軽減されます。しかし、親が新しいパートナーを納得していない場合、それがトラブルの原因となり、新しい関係に対して否定的な態度を取ることもあり得ます。

また、夫婦間だけでなく、お互いの両親や親戚との関係も重要であり、夫婦お互いの考え方の不一致が衝突を引き起こすことがあります。親戚付き合いの距離感や参加する行事についての取り決め、お互いの意見を尊重することなど、事前にしっかりと話し合い、後のトラブルを避けるための準備が必要です。さらに、お互いの親や親族に対する不満や感じたことを素直に言い出せない場合も多いため、夫婦が互いの立場や気持ちを理解し、フォローし合えるように事前のコミュニケーションが重要です。

再婚で不安を感じた人の体験談

再婚で不安を感じた人の体験談最後に、再婚で不安を感じた人の実際の体験談をいくつか紹介します。男性と女性のどちらの体験談もあるので、リアルな体験談を知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

【40代元専業主婦】バツイチ男性と結婚

40代の元専業主婦であるDさんは、50歳で自営業を営むバツイチ男性と再婚しましたが、結婚直後に夫の店の売上が大きく落ち込み、家計に悩むことになります。夫は収入の波があることを理解していましたが、Dさんは将来に対する不安を感じていました。この状況を打開するため、夫は以前の妻との結婚時に購入し、離婚後10年間空き家となっていた東京郊外の自宅を売却することを提案しました。家は広く価格も高かったため買い手が見つからず、夫は資産として保持し続けることを考えていましたが、相場より安く設定したところでようやく売却することができました。

しかし、売却後に夫の元妻が現れ、離婚時に自宅を売る際は収益を半分に分けるという約束があったことが判明しました。夫が勝手に安く売却したことで受け取るべき金額が減ったとして元妻は激怒し、最終的には弁護士を介して全額を元妻に渡すという解決に至りました。この結果、Dさん夫婦は資産を失い、収入面の不安は残りつつも何とか生活を続けていますが、Dさんは再び元妻が問題を起こすのではないかと心配しています。

【50代大学教授】バツイチ女性と結婚

50代の初婚である大学教授のAさんは、37歳のバツイチ女性との結婚に前向きになりましたが、結婚を控えて彼女がお金目当てではないかという不安を抱くようになりました。彼女は以前、専業主婦として経済的に自立していなかった経歴を持ち、離婚後は親の支援を受けて生活していました。彼女が結婚相談所に入会した背景には、親の経済状況が変わり、自分のライフスタイルを維持するための経済的な必要性があったとAさんは推測しています。

彼女はファッションや美容に関心が高く、そのためには一定の経済力が必要ですが、自分で稼ぐ意志は見られませんでした。Aさんは、自身の年齢を考えると、将来的に彼女が働かない場合の経済的な負担や、もし子どもができた場合の養育費や教育費について心配していました。このような不安を抱えつつも、Aさんは彼女との結婚が自分の希望通りであることを再認識し、お金に関する問題は結婚前にしっかりと話し合うことで解決しようと前向きに考え直しました。

【35歳の初婚女性】名家のバツイチ男性と結婚

35歳の初婚女性Cさんは、地元の名家出身である40代の再婚男性と結婚しました。結婚に向けて急いでいた彼女は、彼の過去について深く掘り下げることなく結婚を進め、性格の不一致での離婚歴しか知らされていませんでした。結婚後、彼が休日に頻繁に外出するようになり、彼女は孤独を感じ始めました。この状況を母親に相談したところ、「浮気かもしれない」とのアドバイスを受け、彼の不在時に証拠を探ることにしました。その結果、彼の女装趣味とバイセクシャルであることが発覚しました。彼が前妻と離婚した理由も、恐らくは同じであったと推測されます。

彼は名家の跡取りという立場から結婚を急いでおり、Cさんも年齢を理由に結婚を急いでいたため、お互いに本音で話し合う機会を持たずに結婚してしまいました。結局、この事実を受け入れることができず、二人は離婚することになりました。Cさんは、結婚前に感じた不安に対して自ら深く追求しなかったことを後悔しています。この体験談は、結婚を急ぐ際には相手の過去や性格をしっかりと理解し、不安があればそれを解消するための努力が必要であることを示しています。

再婚の不安についてまとめ

再婚は新たな人生のスタートを意味しますが、それに伴う不安も少なくありません。これらの不安は、過去の経験、子どもの存在、経済的な問題、そして両家族との関係など、多岐にわたります。再婚を成功させるためには、これらの不安要素に対処し、解消することが重要です。これらの不安を乗り越えるためには、オープンなコミュニケーションと相互理解が鍵となります。不安を感じたときは、それを隠さずにパートナーや家族と共有し、解決策を一緒に考えることが、幸せな再婚生活への第一歩です。

再婚の不安についての関連記事

再婚の不安について考えている方向けの関連記事はこちらです。

2024年春の最新キャンペーン

ノッツェ

お得なペア割

入会金20,000円OFF!

2人で入会すると入会金が安くなる割引制度です。
友人や親子、同僚、同性、異性同士など、どのような組み合わせでも入会可能。
1人で入会した後でも、入会後に紹介した方が入会された場合、紹介した方と紹介された方両方に商品券2万円をプレゼントしています。

★入会金20,000円OFF★

お得なペア割入会金活動初期費用月会費情報提供料
ベーシックコース13,000円
(通常33,000円)
52,250円
(通常52,250円)
4,950円~
(通常4,950円~)
85,800円
(通常99,000円)
お見合いアシストコース13,000円
(通常33,000円)
52,250円
(通常52,250円)
21,450円
(通常21,450円)
-

※上記は全て税込み金額です。
※ベーシックコース・お見合いアシストコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。
※男性は20歳以上で定職者の方が対象。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
その他のみ
詳しく見る
閉じる
ノッツェ

他社から乗りかえ料金プラン

入会金0円 活動初期費用0円!

お得に他社からの乗り換えができる婚活プランです。
入会金と活動初期費用が0円のため、費用面での負担なく入会できます。

★入会金0円★
★活動初期費用0円★

費用他社からの乗りかえプラン
入会金0円
(通常33,000円)
活動初期費用0円
(通常77,000円)
月会費4,950円~
(通常4,950円~)
情報提供料85,800円
(通常99,000円)

※上記は全て税込み金額です。
※ベーシックコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。
※男性は20歳以上で定職者の方が対象。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
他社乗換のみ
詳しく見る
閉じる
ノッツェ

シングルマザー限定料金プラン

活動初期費用0円 月会費1,650円OFFなど!

再婚を考えているシングルマザーの婚活を応援するプランです。
活動初期費用や月会費、情報提供料の割引により、費用の負担を抑えて婚活を始められます。

★活動初期費用0円★
★月会費1,650円OFF★
★情報提供料56,100円OFF★

費用シングルマザー限定料金プラン
入会金33,000円
(通常33,000円)
活動初期費用0円
(通常77,000円)
月会費3,300円~
(通常4,950円~)
情報提供料42,900円
(通常99,000円)

※上記は全て税込み金額です。
※20歳未満の学生のお子さんをお持ちの独身女性(再婚・未婚を問わず)が対象。
※ベーシックコースが対象。月会費の変更によって、紹介人数を増やすことが可能です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。

キャンペーン対象
年齢
18歳以上
性別
女性
地域
全国
その他
シングルマザーのみ
詳しく見る
閉じる

都道府県から結婚相談所を探す

結婚相談所一覧から結婚相談所を探す