2020.08.07 更新

お見合いする人の年齢層|何歳から始めるのが普通?

あなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

大手おすすめ13社からピックアップ!

オーネット ツヴァイ ノッツェ. パートナーエージェント etc...
親御様はこちらから

お見合いの主な年齢層は30~40代

お見合いを始める年齢層は、30~40代が中心と言われています。

お見合いを主力サービスとして提供する「日本結婚相談所連盟(IBJ)」の場合、会員層は2020年4月の時点で、30代前半~40代前半がボリュームゾーンです。一方で、20代や50代の会員数はボリュームゾーンの3分の1ほどであり、30~40代の会員数を合わせると全会員数の約70%にも上ります。

30~40代といえば、結婚に対して「遠回りしている余裕がない…」と焦り始める年齢層。また、20代のときに自然恋愛や合コンをしていた方のうち、なかなか理想の相手を見つけられなかった方もお見合いを考え始める時期なので、30~40代になるとお見合いを考え始める方が必然的に増えてきます。

性別により年齢のボリュームゾーンは多少異なる

お見合いを始める年齢層は、実は性別によってやや異なります。
たとえば、男性は30代になると学生気分がすっかりと抜け落ち、経済的な余裕も少しずつ出てくるため、次第にお見合いに興味を示す人が増えてきます。一方で、女性は出産や子育てを強く意識する方が多いので、20代後半からお見合いに参加する女性が多く見受けられます。

これらの実情を踏まえると、男性は30代前半~40代、女性は20代後半~30代前半がお見合いを始める年齢層のピークと言えるでしょう。

また、30~40代になると、再婚を目指す方のお見合い希望者も増えてきます。つまり、30~40代はさまざまな目的で結婚を目指す方が増えるので、必然的にお見合いのボリュームゾーンになりやすい傾向があります。

男性は30代前半、女性は20代後半になると焦り始める!

一般的に男性は30代前半、女性は20代後半になると、結婚に対して焦りを感じ始めると言われています。では、なぜこの時期に焦りを感じ始めるのかについて、男女それぞれの理由を見ていきましょう。

「30歳」という年齢は、多くの男性にとって自分の将来像を考えるタイミングです。仕事や役職が安定し、貯蓄もそれなりに貯まってくるので、30代にさしかかった男性は自然と結婚を意識します。

一方で、女性にとって20代後半は、周りがどんどんと結婚をし始める時期。一緒に遊べる友達が減っていき、自分自身にも出産や子育てのタイムリミットが迫ってくる時期にあたるので、多くの女性は「25歳」を境に結婚への意識が変わります。
また、年を取ると体力的に子育てが厳しくなる点も、男女ともに結婚を意識するきっかけになるでしょう。

最終的な手段として、「お見合い」に辿りつく男女が多い

30~40代がお見合いのボリュームゾーンとは言っても、すべての男女がこの時期に婚活を始めるわけではありません。では、具体的にはどのような方が、この年齢層からお見合いを意識するのでしょうか。
たとえば、多くの方は将来のパートナーを探す際に、「自然恋愛」による出会いを期待しているはずです。

しかし、一般的な自然恋愛では、最初からお互いが結婚を意識しているわけではありません。数年程度は愛情や信頼関係を育むことが多いですし、場合によっては同棲も必要になるでしょう。

このような自然恋愛が成就しなかった結果、婚期を逃してしまう方は意外と多く見られます。ほかにも以下のようなケースに該当する方は、いつの間にか婚期を逃してしまいがちです。

・出会いが少ないにも関わらず、自然恋愛による出会いを期待する
・合コンやマッチングアプリなど、結婚につながりにくい恋愛手段を選んでいる
・婚活パーティーに参加したものの、理想が高すぎて異性と出会えない

上記に該当する方が最終的にたどり着く婚活手段こそ、まさに今回ご紹介している「お見合い」。あらゆる恋愛手段・婚活手段を試してからお見合いに辿りつく方は非常に多いので、その結果として30~40代頃にお見合いを始める方が多くなっているのです。

あなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

大手おすすめ13社からピックアップ!

オーネット ツヴァイ ノッツェ. パートナーエージェント etc...
親御様はこちらから

お見合いは何歳から始めるのがベスト?

お見合いを最終的な手段として考える方は多いものの、お見合いを始める時期があまりにも遅れると、婚期を逃してしまう恐れがあります。実はお見合いを始めるベストな時期は、「結婚をしたいと思う年齢の1~2歳前」にあたるタイミング。

では、なぜこのタイミングでお見合いを始めるべきなのか、その理由を以下で詳しく解説していきましょう。

理想的な結婚年齢の1~2年前が、お見合いのベストなはじめどき!

良い人に出会いさえすれば、お見合いは「半年~1年後」に結婚する方が多い婚活手段です。ただし、素敵な異性とすぐに出会えるとは限りませんし、実際に半年~1年ほどお見合いを続ける方も多いので、理想的な結婚年齢の1~2歳前にあたる時期が、やはりお見合いのはじめどきと言えるでしょう。
つまり、30歳までに結婚したい方は28~29歳頃、35歳までに結婚したい方は33~34歳頃がベストなはじめどきとなります。

アラフォー以上の方は「早めの婚活」が重要に!

ただし、年齢が上がるにつれて「お見合いの快諾率」が下がる点は、あらかじめ加味しなくてはなりません。たとえば、40代や50代の方はお見合いの快諾率が低いので、結婚までに3年以上の時間がかかる可能性もあります。

IBJが2013年に公表したレポートによると、20代後半と40代後半の「お見合い快諾率」には倍以上の開きがあります。特に女性は30代後半にさしかかると、お見合い快諾率が一気に下がってしまうので、慎重に婚活をはじめる時期を考えなくてはなりません。
したがって、すでにアラフォーにさしかかっている方は理想的な結婚年齢の1~2年前ではなく、できるだけ早めに婚活を始めることが大切です。

あなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

大手おすすめ13社からピックアップ!

オーネット ツヴァイ ノッツェ. パートナーエージェント etc...
親御様はこちらから

<年齢別>お見合いのメリット

お見合いをするメリットは、実は本人の年齢によって若干変わってきます。そこで以下では、20代・30代・40代がお見合いをするメリットについて、それぞれ詳しくまとめました。
婚活手段としてお見合いを検討している方は、ぜひチェックしていきましょう。

20代のお見合いするメリット

20代がお見合いをする最大のメリットは、魅力的な異性とのお見合い成立率が高まる点です。特に女性は20代というだけでお見合い快諾率が高いので、理想的なパートナーを見つけられる可能性がぐっと高まるでしょう。

婚活市場において、「若さ」は非常に大きな武器。同年代が多いマッチングアプリではうまくいかなくても、30~40代が中心のお見合いでは注目の的になることも可能です。

希望条件にもこだわりやすくなるため、容姿が整った人や経済力が高い人、家事能力が高い人などとお見合いをすることは難しくありません。また、必然的に婚活に割ける時間が長くなる影響で、数多くの異性と出会える可能性がある点も20代ならではのメリットになるでしょう。

30代のお見合いするメリット

30代がお見合いをするメリットとしては、「スピード婚を目指しやすい点」が挙げられるでしょう。基本的にお見合いは結婚願望の強い人のみが参加するため、良い人と出会いさえすれば半年~1年後に結婚を迎えるケースも珍しくありません。
また、お互いの希望条件はもちろん、結婚観も最初にすり合わせるので、遠回りをせずに結婚を迎えることができます。結婚を焦っている30代の方にとって、スピード婚を目指せる点は非常に心強いポイントでしょう。

さらに、お見合いの快諾率が比較的高い点も、30代からお見合いを始めるメリットです。婚活市場において、30代の相手を求める男女は決して少なくないので、取り組み方次第ではスムーズに理想のパートナーを見つけられるでしょう。

40代のお見合いするメリット

30代と同じく、40代の方にとってもお見合いはスピード婚を目指しやすい婚活手段と言えます。お見合いによる出会いは、交際から結婚までの期間が短い傾向にあるため、効率的に婚活を進められるでしょう。

また、40代の方にとって非常に心強いポイントが、「仲人」の存在です。最近では、経験豊富な仲人が専任でつき、会員のお見合いをサポートする結婚相談所が珍しくありません。

仲人が同席するタイプのお見合いでは、この年になるまでの恋愛遍歴や人となりを相手に伝える際に、徹底的なフォローを受けられます。たとえば、差しさわりのない表現で会話を成り立たせてくれたり、自分の魅力をさりげなく伝えたりしてくれるので、相手との距離を縮めやすくなるでしょう。

50代以上でのお見合いも遅すぎることはない

50代の方にとっても、お見合いは効果的な婚活手段になり得ます。
ほかの年代に比べると数は少なくなりがちですが、50代以上で婚活に取り組んでいる方の多くは、婚活手段として「お見合い」を選んでいます。つまり、ほかの婚活手段を選ぶ人数に比べると、お見合いをする50代以上の方は決して少なくありません。

また、お見合いと並んで多くの方が利用する婚活手段としては、「お見合いパーティー」が挙げられます。ただし、パーティーは茶飲み友達を増やしたい方や、内縁関係を希望する方なども多く集まるので、婚活の効率はやや下がってしまうでしょう。

一方で、お見合いは結婚を前提とした出会いとなるため、結婚を希望するのであればお見合いのほうが効率的な手段となります。

結婚相談所に入会する前に

相談所によって料金メニューや婚活スタイルはさまざまです。
どの結婚紹介所が自分にあっているのか見極めるために、まずは結婚相談所の資料を取り寄せるところから始めてはいかがでしょうか。

年齢やご職業などからあなたに合う結婚相談所を自動でピックアップし、お取り寄せの手配をまとめて行えます。 資料のお取り寄せに費用はいっさいかかりませんので、お気軽にご利用ください。

あなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

大手おすすめ13社からピックアップ!

オーネット ツヴァイ ノッツェ. パートナーエージェント etc...
親御様はこちらから

関連記事PICK UP

≫ お見合い無料の結婚相談所の注意点|おすすめの結婚相談所3選
≫ お見合いから始まる恋愛体験談
≫ お見合いと紹介の違いとは?どちらが成功しやすい?
≫ お見合いが成立しない理由4つ
≫ お見合いで好感を与えるテクニック
≫ お見合い相手の条件はどこまで妥協すべき?

2020年秋の最新キャンペーン

2020/09/30まで
一般社団法人仲人協会連合会

婚活応援キャンペーン

入会金20,000円→0円!

お得な費用で婚活を始められる8月限定キャンペーンです。
入会金が無料となり、登録費6,000円のみという特別料金で利用できます。

★入会金20,000円→0円★

費用 夏の婚活応援キャンペーン
入会金 0円
(通常20,000円)
登録料 6,000円
(通常6,000円)
月会費 6,000円
(通常6,000円)

※上記は全て税抜き金額です。
※入会後、6ヶ月以上の活動の継続が必要です。

キャンペーン対象
年齢
20歳以上
性別
共通
地域
全国
詳しく見る
閉じる
オーネット

20代女子プラン

活動初期費用56,000円OFF 月会費3,600円OFF!

20代女性向けの婚活プランです。
初期費用・月会費を抑え、20代でも婚活を始めやすくなっています。
お互いの希望に合ったお相手候補の紹介は毎月2名(年間24名)。プロフィール検索は通常プランと同じく毎月8名(年間96名)に申し込みが可能で、お相手候補からの申し込み数には制限がありません。

★活動初期費用56,000円OFF★ ★月会費3,600円OFF★

費用 20代女子プラン
入会金 30,000円
(通常30,000円)
活動初期費用 20,000円
(通常76,000円)
月会費 10,300円
(通常13,900円)

※上記は全て税抜き金額です。

キャンペーン対象
年齢
20〜29歳まで
性別
女性
地域
全国
詳しく見る
閉じる
サンマリエ

シニア割

シニアの婚活をバックアップ!

シニア向けの割引プランです。
60歳以上の男性、56歳以上の女性が対象で、お得に婚活を始めることができます。
詳細はお問い合わせください。

※カジュアルプランは除く。

キャンペーン対象
年齢
56歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
シニアのみ
詳しく見る
閉じる