当サイト経由の入会で毎月先着10名に婚活支援金3万プレゼント!

2021.05.10 更新

結婚を焦ると失敗につながる!?焦りの原因や対処法をチェック

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

周囲の結婚・出産ラッシュなどで婚活に焦りを感じている方も多いのではないでしょうか。ですが婚活は焦らずに進めることも大切です。

そこで今回は、男性・女性が結婚を焦り始める年齢や理由、焦りから生じる主な失敗、後悔しないためのステップなどをまとめました。

結婚に焦り始める年齢は30~34歳

周りの友人や同僚の結婚ラッシュを見て、急に結婚を意識し始める方は多いはず。では、世の中の人が結婚に焦り始める年齢は、何歳くらいなのでしょうか。

厚生労働省の調査によると、2019年(令和元年)の平均初婚年齢は男性が31.2歳、女性は29.6歳です。この結果から、多くの人は30歳が近づくと結婚を意識すると思われますが、実際に結婚を焦り始める年齢は性別によってやや異なります。

女性が結婚に焦り始める年齢

厚生労働省の「人口動態調査」によると、女性の初婚者が最も多い年代は25~29歳。つまり、多くの女性は20代後半を迎えた頃に、周りの結婚ラッシュを経験することになります。

また、女性にとって結婚と出産は切り離せない問題であり、多くの方は「高齢出産(※35歳以上からの出産)は避けたい」と考えています。高齢出産を確実に避けるとなると、遅くても30代に差しかかった頃には結婚を意識しなくてはなりません。

これらの点を踏まえると、女性が結婚に焦り始める年齢は「30歳」がひとつの基準になるでしょう。

男性が結婚に焦り始める年齢(女性との違い)

男性の平均初婚年齢は女性よりもやや高めですが、実は初婚者が最も多い年代は女性と同じく25~29歳です(※参考:厚生労働省の人口動態調査)。また、男性には出産リミットはないものの、婚期を逃すと20~30代の相手が見つからなくなるケースも珍しくありません。

そのため、特に「将来的に子どもがほしい」と考えている男性は、30歳を過ぎると徐々に結婚を意識するようになります。また、婚活市場におけるニーズの観点では、男性は35歳を過ぎるとアプローチが減ると言われるため、多くの男性は「32~34歳」になると焦りを感じ始めるでしょう。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

結婚に焦りを感じる理由

結婚に焦りを感じ始める理由は人それぞれです。自身のライフプランを意識している方もいれば、周りからの影響で結婚に焦り始めた方もいらっしゃいます。

では、そのなかで特に多く見られる理由としては、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
こちらでは5つの理由をご紹介します。

周囲の結婚・出産ラッシュが続く

友人や同僚、親戚など、「周りの結婚・出産ラッシュ」をきっかけに結婚に焦り始める人は少なくありません。喜ばしいことではあるものの、周りの結婚・出産が続くと取り残された気持ちになるため、「素直に喜べない…」と悩んでしまう方も多いはずです。

普段はマイペースを貫いている方でも、結婚式などに出席した際に「まだ結婚してないの?」と尋ねられれば、自然と焦りを感じてしまうもの。なかには、近所の夫婦が子どもと遊んでいる姿を見て、つい羨ましく感じる方もいらっしゃるでしょう。

結婚・出産適齢期や20代・30代などの基準を過ぎてしまう

結婚適齢期や出産適齢期は、自身のライフプランに大きく影響してくるものです。たとえば結婚適齢期が過ぎれば相手候補の数は減りますし、出産適齢期を過ぎると子どもがいない人生を送ることになるかもしれません。

そのため、結婚・出産適齢期を過ぎた頃に結婚を焦り始める方は多く見られます。将来的に子どもがいる家庭を築きたいのであれば、特に出産適齢期は強く意識する必要があるでしょう。

ちなみに、一般的な出産適齢期は「20~35歳」と言われています。

病気など将来に対して不安を感じる瞬間があった

以下のような「将来に対する不安」を感じたことをきっかけに、結婚を考え始める方も多くいらっしゃいます。

  • 今後の生活に影響が生じる病気にかかった
  • 老後資金をほとんど貯められていない
  • 一緒に住む両親が倒れてしまった

独身状態が続くと、最終的には上記のような不安を1人で抱えなくてはなりません。大きな不安を抱えたままではストレスが溜まる一方なので、多くの方は不安を共有できるパートナーや理解者を見つけるために、徐々に婚活を始めるようになります。

親や職場など周囲からのプレッシャーを感じた

独身生活が長い方にとって、周りから結婚を催促される言葉は意外と心につきささるもの。本人に悪気はなかったとしても、「早く孫の顔が見たい」「まだ結婚しないの?」といった言葉をかけられたときに、深く傷ついてしまった方も少なくないはずです。

周囲からの結婚に対するプレッシャーは、一般的に20代後半~30代前半の頃に増え始めます。40歳を超えるとプレッシャーは徐々におさまりますが、その頃になると婚活市場で相手を見つけることがさらに難しくなるため、また別の問題が発生してしまうでしょう。

交際相手が結婚に対して焦っていない

「恋人が結婚に焦っていない…」という声は、主に女性が結婚を焦り始める理由として多く聞かれるもの。前述のとおり、男性は女性に比べると平均初婚年齢がやや高いため、同年齢の彼氏がいると結婚願望の薄さに悩まされることがあります。

自分の結婚願望を伝えても動いてくれない場合は、将来のために決断をしなければなりません。特に将来的に子どもを望んでいる方は、どのような結末になったとしても心を切り替える必要があるでしょう。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

結婚は焦っちゃダメ?焦りから生じる失敗とは

結婚適齢期が近づくとつい焦ってしまうものですが、実は婚活において焦りは厳禁です。焦って行動をすると冷静・客観的な視点を失ってしまうため、なかには思わぬ失敗を招くようなケースも見られます。

では、婚活における焦りがどのような失敗を招くのか、以下で具体例をいくつかご紹介していきましょう。

焦ってアピールすることで自分の魅力や良さが伝わらない

婚活のなかでも特にお見合いでは、「自分の魅力や良さをいかに伝えるか?」が成功を左右するポイントになります。しかし、焦りの気持ちがあると強引なアピールにつながってしまうことから、相手に悪い印象を与えかねません。

また、お見合いの場では自分のことだけではなく、相手の話もきちんと聞く必要があります。必要に応じて相づちを打ったり、相手の魅力を褒めたりすることが重要になるので、自分のことだけを焦ってアピールするような言動は控えましょう。

結婚を迫りすぎて交際相手から距離を置かれる

焦りの気持ちから結婚を迫りすぎる行動も、婚活では基本的にNGです。特に以下のような言動は、相手を引かせてしまう恐れがあるので注意しなくてはなりません。

  • 「いつ両親に紹介しよう?」と勝手に話を進める
  • 「○○さんはもう結婚している」のように周りの話を持ち出す
  • 「何月に結婚する?」など、具体的な時期を強引に決めようとする

上記のように相手の気持ちを無視した行動を取ると、次第に距離を置かれてしまいます。2人の意思を統一しないと幸せな結婚は迎えられないので、婚活では必ず相手の気持ちも考えるようにしましょう。

相手に妥協したことで結果的に離婚することに…

婚活の目的は、ただ単に結婚をすることだけではありません。理想的なパートナーと幸せな結婚を迎えないと、将来的に大きな問題が生じてしまう恐れがあります。

特に注意しておきたいのは、焦りの気持ちから「妥協婚」をすること。本来は譲れない部分を妥協すると、一緒に生活を送るうちに悪い部分ばかりが目立ってしまい、次第に愛情が薄れてしまうかもしれません。
焦っているからと言って多くの部分を妥協することは控えましょう。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

結婚は焦らずに進めることも大切!後悔しないための3ステップ

前述の通り、焦って婚活をすると良い結果には結びつきません。将来的に後悔しない結婚を迎えるには、焦らずに自分の婚活スタイルを見直すことが重要になります。

そこでここからは、結婚に後悔しないための3つのステップをまとめました。

1. 焦る気持ちと向き合い、結婚観や人生設計について考える

婚活に向けてどうしても冷静になれない方は、「なぜ自分が焦っているのか?」を分析してみましょう。自分が焦っている理由と結婚観・人生設計を見比べると、今後の動き方が少しずつ見えてきます。

たとえば周りの結婚・出産ラッシュで焦っている場合は、そもそも焦る必要がないこともあります。結婚・出産ラッシュの年齢には地域差がありますし、周りが結婚生活を送っているからと言って適齢期に差しかかっているとは限りません。

また、仮に結婚適齢期が過ぎていたとしても、自分の結婚観・人生設計について改めて考えると、冷静な心を取り戻しやすくなります。

2. 趣味の活動範囲や交友関係を広げてみる

自分の将来について考えたら、次は趣味の活動範囲や交友関係を広げてみましょう。「婚活とは関係がない」と思うかもしれませんが、これらのものを広げると実は以下のようなメリットが発生します。

  • 焦っていた気持ちがリフレッシュされる
  • 出会いのチャンスが増える
  • 自分にとって大切なものを見直す機会になる

また、プライベートでの行動範囲を広げると、コミュニケーション能力が鍛えられることで自信がつく可能性も。婚活期間だからと言って結婚のことだけを考えていると、気が滅入って「婚活疲れ」を引き起こす恐れもあるため、ときには気分転換にも取り組んでみましょう。

3. 婚活サービスの利用も検討する

自分の人生を改めて見直した結果、「やっぱり結婚がしたい」と強く感じた方には婚活サービスの利用がおすすめです。婚活サービスを利用すると、自然な出会いを待つよりも効率的に婚活を進められるため、趣味などで気持ちをリフレッシュする時間もしっかりと確保できます。

なかでも結婚相談所は、会員の婚活をさまざまな角度からサポートしてくれます。仲人(カウンセラー)が悩みを聞いてくれたり、条件とマッチする相手を紹介してくれたりする結婚相談所も多いので、結婚願望が強い方はぜひ利用を考えてみましょう。

番外編:相手がいるなら、待てる期間を具体的に考えよう

現時点で将来のパートナー候補がいる場合は、「待てる期間」を具体的に考えることが大切です。お互いが若くても結婚適齢期は着実に近づいてくるため、幸せな恋人関係にただ満足するだけの生活を送っていると、男女ともにベストな婚期を逃しかねません。

特に女性は出産のタイミングも考える必要があるので、将来設計も含めてきちんと相手と話し合うことが重要です。まずは、「自分がいつまでに結婚したいのか?」を明確にし、その内容から「いつまで待てるのか?」を逆算しておきましょう。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

安心して利用できる結婚相談所を探すなら

結婚相談所によってサービス内容や価格帯はさまざまです。
どの結婚紹介所が自分にあっているのか見極めるために、まずは結婚相談所の資料を取り寄せるところから始めてはいかがでしょうか。

年齢やご職業などからあなたに合う結婚相談所を自動でピックアップし、お取り寄せの手配をまとめて行えます。 資料のお取り寄せに費用はいっさいかかりませんので、お気軽にご利用ください。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

関連記事ピックアップ

「結婚相談所の成功・失敗体験談」を読む>>
「婚活失敗談から学ぶ合コンの落とし穴」を読む>>
「婚活に疲れた時の対処法」を読む>>

2021年夏の最新キャンペーン

2021/08/15まで
ツヴァイ

夏の婚活応援キャンペーン

入会初期費用 2万円OFF! プロフィール検索のお見合い申込数2倍!

お得な費用で婚活を始められる、8月15日(日)までの限定キャンペーン。
通常料金115,500円(税込)の入会料金が20,000円OFFとなる特典です。
また、合わせてプロフィール検索のお見合い申込数が2倍となる特典もあります。

キャンペーン対象
年齢
25歳以上
性別
共通
地域
全国
詳しく見る
閉じる
2021/08/27まで
ツヴァイ

夏の婚活応援キャンペーン

期間限定!お得に婚活をスタートできる割引キャンペーンです!

期間限定!お得に婚活をスタートできる割引キャンペーンです!

特典1.入会初期費用 2万円OFF

キャンペーン対象
年齢
25歳以上
性別
共通
地域
全国
詳しく見る
閉じる
2021/08/31まで
株式会社スマイルモーメント

夏トク!婚活キャンペーン

女性:活動費74%OFF、男性:活動費最大40%OFF!

お得な費用で婚活を始められる夏限定のキャンペーンです。
女性はファーストクラス&ネット婚活「スマモ」のセットプランで活動費が74%OFF、男性はプランによって活動費が最大40%OFFになります。

※こちらのキャンペーンは予告なく終了する場合があります。

<女性>

★ファーストクラス&スマモセットプランの通常料金:215,600円→55,000円★

費用 通常料金
入会金 52,800円
登録料 22,000円
活動費 88,000円
スマモ 52,800円
合計 215,600円

※上記は全て税込み金額です。

<男性>

★スマモと同時申し込みで活動費が20~40%OFF!★

費用 エコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
活動費 50,820円
(通常:84,700円)
77,220円
(通常:128,700円)
190,960円
(通常:238,700円)

※上記は全て税込み金額です。
※上記の活動費はキャンペーン適用時および通常時の金額です。

キャンペーン対象
年齢
28歳以上
性別
共通
地域
岩手県 宮城県
詳しく見る
閉じる