30代後半女性の婚活必勝法│1年以内の結婚・高年収男性との結婚

結婚の難しさを感じることが増える30代後半女性ですが、中には1年以内の結婚や高年収男性との結婚を果たした方も!
今回は、30代後半女性が婚活に苦戦する理由や婚活事情、婚活必勝法、体験談などをまとめてご紹介します。

30代後半女性が婚活に苦戦する理由

同じ30代でも、30代前半と後半とでは婚活の難易度がまったく違います。
まずは、30代後半の女性が婚活に苦戦する主な理由をご紹介します。

35歳が足きりライン

婚活において、「相手の年齢」は非常に重要な条件で、マッチングアプリや婚活サイトなどでも、まずは年齢で絞り込んで候補を探します。

30代男性の場合は、絞込みする際の女性の年齢設定を34歳(30代前半)と35歳にすることがほとんどです。

子どもがほしいという男性からすれば、やはり妊娠・出産のリスクが少ない34歳以下、もしくはぎりぎりのラインの35歳でお相手を探したいと考えるのは当然なのかもしれません。

希望してくれる男性の母数が35歳女性と36歳女性とでは大きな差があるので、一気に婚活の難易度が上がってしまいます。

30代後半女性が結婚相手に望む条件

30代後半にもなると、ある程度人を見る目も養われ、結婚相手への要求がより具体的になり、理想が高くなりがち…というイメージが強く、だから結婚相手が見つからないのだと世間一般ではよく言われています。

しかし、弊社が行ったアンケートによると、30代女性がお相手に求める条件は、下記のような結果に。

  • 理想の年収は600~700万円だが、年収400万円くらいなら許容範囲
  • 安定した職であること
  • 同年代~5歳くらい年上男性が理想

30代後半~40代くらいの男性の平均年収は400~500万円台とされているので、実はそれほど高望みしているわけではないようなのです。

理想は高くないけれど、やり方に問題がある

決して高望みしているわけではなく、人並みの幸せな家庭を築ける程度の条件を求めているだけなのに、この人と思えるお相手に巡り合えないのは、婚活スタイルが合っていない可能性があります。

マッチングアプリだけ、婚活パーティーだけといった偏った婚活をしていたり、年収や容姿などで相手をよく知りもしないうちにばっさり足きりしてしまっていたりすると、知らないうちに運命の相手も除外してしまっているかもしれません。

うまくいっていない以上、どこかに問題があるはずです。
何がいけないのかを分析し、自分に最適な婚活スタイルを見出すところから始めましょう。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

30代後半女性の厳しい婚活事情(年齢別)

妊娠や出産など、タイムリミットがある女性の場合、30代後半になると婚活事情はたった1歳の違いでも大きく変化してくるのが現実です。
30代後半女性の婚活事情を年齢別に見ていきましょう。

35歳の婚活事情

30代に入ると婚活にも焦りが生まれますが、35歳になるとそれはさらに加速します。
34歳と35歳では、大きな差があると言っていいでしょう。

それでも、35歳までならギリギリ足きりされない年齢で、36歳以降と比較すると段違いに婚活はスムーズに進められるはずです。

なかなか思うように進まないと感じているなら、婚活スタイルの見直しを図る時期と捉えた方がよいかもしれません。

婚活アプリや婚活パーティーでは、やはり20代~30代前半の女性を求める男性が登録していることが多いので、結婚相談所への登録を試してみるなど、別の婚活サービスの利用も考えてみるとよいでしょう。

「35歳の婚活事情」をもっと詳しく >>

36歳の婚活事情

36歳になると、さらに婚活は捗りにくくなります。

30代後半女性が理想とするお相手の年齢は同年代ですが、その同年代の男性は20~30代前半の女性を求めることが多く、うまくマッチングしません。

ただし、若い女性でないとお相手が見つからない、需要がないというわけではもちろんなく、30~40代の層が厚い婚活サービスを選べば、出会いのチャンスも訪れやすくなります。

婚活サービスによっては年齢を気にすることなくお相手探しに集中できるでしょう。

「36歳の婚活事情」をもっと詳しく >>

37歳の婚活事情

37歳になると、マッチングアプリなどを卒業して、結婚相談所を選ぶ方が増加する傾向にあります。

結婚相談所であれば、登録者は30~40代が最も多く、年齢を気にする必要はなくなります。

ただし、結婚相談所と一口にいっても特色はさまざまなので、自分に合う結婚相談所を探すのに苦労をするという女性もいます。

「37歳の婚活事情」をもっと詳しく >>

38歳の婚活事情

38歳になるまで頑張って働いていれば、社会的な地位も上がり、年収も高くなっているはずです。
人生の経験を積んだことで、男性を見る目も養われているでしょう。

ここまで独身できたのですから、男性への理想も高くなり、妥協を許したくなくなるかもしれません。

しかし同年代の男性の心を射止めるのはかなり難しいので、40代男性をメインに婚活をするのがおすすめです。

40代独身男性は恋人は欲しくても結婚願望のないという方も多いので、結婚相談所など結婚する意思が高い男性が集まる婚活サービスを利用すると良いでしょう。

「38歳の婚活事情」をもっと詳しく >>

39歳の婚活事情

来年は40歳、30代最後の39歳になると、今年中に決めてしまいたいと焦りはピークに達するでしょう。

しかし、結婚に焦りは禁物です。
39歳と言っても、人生はまだ折り返してもいません。

この先の人生を共にするパートナーを選ぶのですから、慎重さも大切となる年齢です。

また、婚活世代の男性からのニーズはないと諦めてしまう方も少なくありませんが、アラフォー世代の男性からすれば、十分ストライクゾーンなので、視野や行動範囲を広げていくのも良いでしょう。

これまでのやり方では婚活成功するイメージがわかないという方は、思い切って別のサービスに乗り換えるのもおすすめです。

「39歳の婚活事情」をもっと詳しく >>

30代後半女性の婚活必勝法とは

出会いの場が少なくなる30代後半女性の婚活は、いかに出会いの数を増やせるか、また理想とする男性と出会える場所で婚活できているかが成功のカギになります。
そこで重要になるのが、下記5つの要素です。

  1. 30~40代が集中する結婚相談所を選ぶ
  2. 自分の魅力が存分に発揮される出会い方を考える
  3. 3ヶ月成果がなければ担当者や婚活スタイルを変更
  4. 婚活の時間をなんとしても確保する
  5. 結婚相手の条件は幅広く

1. 30~40代が集中する結婚相談所を選ぶ

マッチングアプリや婚活パーティーは25~34歳の女性利用者が多く、年齢的に引け目を感じることが増えます。
実際、楽しく会話していたはずの男性が年齢を口にしたとたん冷たくなったという体験談もあるほど。

その点、結婚相談所は30~40代の男女が集中しているので、30代後半でもたくさんのお誘いがあります。
ただし、結婚相談所の特色はさまざまで、会員の年齢層や年収などに偏りがあるうえ、価格帯もピンきりです。

サポート内容や、男性との出会い方にも違いがあるので、入会前にはしっかりチェックしておくことが重要です。

2. 自分の魅力が存分に発揮される出会い方を考える

30代後半になれば、自分の魅力がどこにあるか、逆に不得手なポイントはどこなのかを把握できているはずです。

たとえば、大勢の人とお話することも大好きという社交的な方ならパーティー形式の出会いが提供されているところ、これまで男性とお付き合いしたことがない方ならアドバイザーによるサポートが充実しているところなど、自分に合ったプランを打ち出している結婚相談所を選ぶのが結婚への近道となるでしょう。

せっかくの出会いを無駄にしないよう、自分の個性を把握しておくことは、婚活の大切なステップです。

3. 3ヶ月成果がなければ担当者や婚活スタイルを変更

時間に余裕がない30代後半女性にとって、成果が得られない婚活方法を続けるのは致命的な失敗です。

3ヶ月間頑張って活動してみても成果が出ないようなら、担当者の変更や婚活スタイルの見直しが必要と言えます。

場合によっては、結婚相談所の乗り換えも視野に入れましょう。
結婚相談所によって会員層が異なることがあるので、結婚相談所を変えたら紹介される異性の雰囲気ががらりと変わったという体験談も多いです。

4. 婚活の時間をなんとしても確保する

30代後半の女性は、ライフスタイルが確立されており、仕事にプライベートに忙しく活動している方も多いでしょう。

しかし、忙しさを婚活が進まない理由にしていては出会いも訪れません。

めでたく出会いがあり、交際へ発展したあとも、こまめな連絡ややりとりがなければ良い関係を築くことは難しくなり、プロポーズも遠くなってしまいます。

結婚するまでの1~2年は、ある程度時間を確保することを心がけましょう。

5. 結婚相手の条件は幅広く

30代後半にもなると、人生経験を踏んでいる分、20代の頃に比べて相手に求める条件も厳しくなりがちですが、時には妥協も必要となります。

まず、結婚相手に求める条件を書き出してみましょう。
それに優先順位を付け、譲れる条件を外していきます。

理想とするパートナー像を具体的にするという点でも有効な方法です。
また、年収や年齢などの条件も、許容できるギリギリのラインまで広げましょう。

条件を緩めることを妥協ととらえる人もいますが、運命の人を逃さないために視界を広げたにすぎません。多くの異性の中から、この人となら…!という相手を見つけましょう。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

30代後半女性におすすめの婚活方法

婚活には、マッチングアプリや街コン、結婚相談所などいくつかの選択肢があり、それぞれの年代ごとに成功しやすい方法があります。
30代後半の女性には、どの方法がマッチしているのでしょうか。

婚活パーティー/お見合いパーティー

婚活パーティーは、あらかじめ年齢別でカテゴリー分けされて開催されることが多く、マッチングアプリなどより本気の出会いを求める人たちが集まるので、結婚相手を探すにはぴったりのイベントだと言えるでしょう。

ただ、気をつけたいのは需要と供給のバランスです。

婚活パーティーの出席者は女性の割合が多く、競争率が高くなることが予想されるうえ、人気のパーティーではすぐ定員に達してしまい、予約さえ取れないことも珍しくありません。

思い立ったが吉日と、手当たり次第に婚活パーティーへ参加しても、ドラマのような出会いはおろか盛り上がりにも欠け、せっかくのおめかしも無駄になったという話もよく耳にします。

婚活パーティーは質が不安定なことが多いので、利用する際には企画内容や評判などをきちんとチェックするようにしましょう。

お見合い

婚活パーティーはややカジュアルなイメージがありますが、それよりさらに結婚への強い本気度を感じさせるのがお見合いです。

最初から結婚相手としてお互い顔を合わせるわけですから、交際が始まってから結婚願望のズレに悩むこともありません。

また、お見合いで心強いのは仲人の存在です。

相手に好印象を与えられるようフォローを入れてくれたり、当人に代わってお断りの返事をしたり、お見合いの席では話を盛り上げてくれたりするので、恋愛に奥手な方や口下手な方にぴったりです。

ただし仲人にも良し悪しがあります。

  • 自分と相性が悪い
  • ピンと来ない人しか紹介してくれない
  • お見合いがまったく成立しない

など、3ヶ月ほど活動してみてうまくいかないようなら、仲人を変える必要がでてきます。

個人の場合は新しい仲人を探すところから始めなければいけませんが、結婚相談所などを利用している場合には、希望すれば担当者を変更してくれるので、遠慮なく相談しましょう。

結婚相談所

結婚を望む男女がお金を払って登録するのが結婚相談所です。

結婚相談所のカウンセラーは、仲人と同じような働きをしてくれるうえ、万が一のトラブルなどの対応も任せられるるので安心でしょう。

入会後は、年齢や収入、職業、趣味などの条件で絞り込んでお相手を探すことができます。
プロフィールである程度の人となりを把握できるのも合理的です。

また、それなりの費用をかけて会員となっているわけですから、真剣に結婚したいという意思を持ち、安定した収入があることが証明されているということになるでしょう。

しかも、平均よりも高い収入がある30代男性も多く登録しているので、同年代の異性を探す30代後半の女性にはピッタリの婚活方法と言えます。

結婚観についても最初からきちんと話し合えるのも、結婚相談所での出会いが持つメリットの一つです。

30代後半女性には、無駄な出会いをしている時間はありません。
失敗は許されない年代だからこそ、出会う場所も慎重に選びましょう。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

30代後半女性の婚活体験談

30代後半女性は実際にどのような婚活をしているのか、体験談をいくつかご紹介します。
苦戦するイメージが強い30代後半女性ですが、婚活に成功して幸せな結婚生活を送っている方もたくさんいるようです。

お見合い結婚から5年。今も幸せです!

■ 35歳女性/介護士/年収 350万円
私は結婚相談所に入会し、お見合いパーティーに参加したことがあります。
しかし常識外れの人も多く、なかなかよい出会いがありませんでした。
お見合いもしました。
その際、プロフィールには身長170cmと書いてあったのに違和感を抱きました。
どうやらシークレットブーツをはいていたようです。
嘘はいけないと思い、その男性ともそれ以来会っていません。

お見合いに遅刻してくる人もいました。
1時間以上も遅刻され縁がないと思いお断りしました。
その他、1円単位まで割り勘をする男性もいました。

そしてようやく夫となる男性と出会えたのです。 一般常識を知らないなどで驚かされることもあったのですが、逆に教えると楽しいという気持ちになりどんどん会話が弾んだのです。
ナイフとフォークの使い方がわからない、何年もファーストフードを食べに行っていない、ホットコーヒーを注文してストローを刺そうとするなど驚かされる毎日です。

結婚した今でも驚かされることはありますが、次は何で驚かされるのだろうかとドキドキワクワクと楽しんでいます。
結婚相談所に入会してなかなかよい縁がなくつらいときもありましたが、このようなご縁がありうれしい気持ちです。

年下男性と結婚できました!

■ 36歳女性/派遣社員/年収400万円

実は36歳の誕生日に、お見合いパーティーで知り合った彼と別れてしまいました。
そうしたパーティーやネット婚活では、結婚目的ではない男性も存在するため、そういう人と気付かず交際してしまうと、結婚適齢期が過ぎてしまうのです…。
私はその彼に脅迫メールを送られるなどの被害も受けており、とにかく新たに本当に素敵な相手と出会いたいと思う一心でした。

そこで36歳の誕生日に、思い切って結婚相談所に行ってみたのです。
結婚相談所では、まずプロフィールに使う写真の撮影をしました。地味目な写りではありましたが、その写真がその後の活動にプラスに働きました。
「実物のほうがよい」と言ってもらえることが多く、会ってから好印象を持ってもらえたのです。

マッチングシステムで双方が気に入れば、メール交換をして会うシステムでしたが、そんな中で今の主人と出会いました。 高収入でしたし楽しい人でしたが、実はなかなか結婚には至らない感じでした。
交際11ヶ月にして、思い切って私のほうから逆プロポーズをして、見事ゴールイン。
運命の人にねじ込んだ感じです。

子連れ同士のお見合いで再婚!

■ 37歳女性/看護師/年収550万円
元旦那の不倫が原因で離婚し、子どもがある程度大きくなってきたところで再婚に向けて婚活することになりました。
子どもも応援してくれていて、自分自身もう1回くらい恋愛したいという気持ちが芽生えてきたからです。
もう子どもはある程度大きくなっていましたが、子連れだと大丈夫だろうかと不安な気持ちはありました。

しかし子どもの親になってくれる男性を探すのではなく、自身のパートナーとして素敵な人を探そうと考えることにしたのです。
母の友人がお見合いをセッティングしてくれることになりました。
お相手も私と同じように子連れの方で、子どもも同年代ということで環境が似ていました。
にぎやかで包容力のある男性で、外見も素敵な人だと感じます。

そして会話していてもさりげなくこちらを気遣ってくれるので、コミュニケーションがスムーズで感心しました。
その後お付き合いが始まりましたが、なかなかうまくいかないときもありました。

しかし子どもたちのほうが仲良くなり、子どもたちが背中を押してくれたことで再婚することができました。
今では子どもたちもあわせて4人で幸せな日々を送っています。

38歳で婚活を開始したけど大苦戦

■ 38歳女性/経営者/年収1,000万円
就職してほどなく社内恋愛を始めた私でしたが、仕事のほうが楽しくなって彼のことはおろそかになりました。
そのうち、私のほうが出世してしまい、気づいたら彼は社内で後輩の女の子と結婚していたのです。
職場での地位は得たのに、女性としてちょっぴり負けた気がしました。

それがキッカケというわけではありませんが、より仕事で成功したい気持ちが強くなりました。
父が会社経営者だった影響もあり、自分も起業をしたいと考え、エステサロンをオープン。
それからは仕事が楽しくて、気づいたら35歳を過ぎていました。

エステにはブライダルを控えたお客様も多く、ダイエットなどのためにやってくる女性に比べてとても輝いて見えました。
そして私も女としての輝きを得たいと思うようになり、36歳になってようやく婚活をスタートさせることに。

まずは地元の小さな結婚相談所に行きましたが、そこでは自分に合う相手が見つかりませんでした。
私の年収や社長という立場を知ると、ひるんでしまう男性が多かったのです。
「田舎は男が上でないと」というプライドがある男性が多いと感じました。
一方、婚活サイトに登録したら、実際には結婚願望がない男性ばかりで驚きました。

ようやく大手の結婚相談所にたどり着いたところ、すぐに好みのタイプの男性を見つけたのです。
このチャンスを逃すまいと自らお見合いを申し込んだのですが、会ったその日に彼からも交際の返事をいただきました。
そして交際半年後に見事プロポーズされるに至ったのです。

まさに奇跡!1ヶ月で結婚相手と出会えました

■ 38歳女性/OL/年収550万円
長年付き合った彼氏に結婚する気がなく、このままでは女の賞味期限切れと思ってお別れすることにしました。
以前、女友達の付き合いで参加した婚活パーティーでモテモテだったことを思い出し、早速、婚活パーティーに申し込んだのです。

声をかけてくれ、私も悪くないなと思った数人とデートしてみたのですが、職業や勤務先、結婚歴など詐称していたことが次々に発覚しました。
中には、奥さんと離婚協議中で次の相手を探している方までいて、これはダメだと感じました。

やはり、きちんとしたところで出会いを求めたほうがいいと、大手の結婚相談所に入会しました。
会員数が多く、さまざまな立場の方もいるせいか、39歳の私なのに入会から1ヶ月で100人の男性からアプローチがありました。

悩んだ末、これまでのような容姿や年収だけで決めず、安定した職業の方2人と実際に会ってみました。
最初に会った人は残念ながら性格が合いそうにありませんでしたが、次に会った人は垢抜けないものの話が面白く、一緒にいて楽しいと感じられました。

その人こそ、今の旦那です。
しかも、交際期間はたったの1ヶ月のスピード婚でした。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

30代後半女性におすすめの結婚相談所4選

30代後半の独身女性におすすめの結婚相談所をご紹介します。
リーズナブルで安心、実績も豊富な4社をピックアップしました!

オーネット

おすすめの理由

業界最大の自社会員数を有しているため、より多くの異性から自分に合ったお相手を探すことができます。

基本的にはデータマッチング型なので、「仕事が忙しい」「自分のペースで活動したい」という方におすすめ。一方で、自分だけで相手を選べるか不安という方であれば、専任アドバイザーが希望に合ったお相手を紹介してくれますし、イメージアップなどのサポート体制もしっかりしています。

「ライフスタイルに合った婚活をしたい」「自分に合った相手を本気で見極めたい」などさまざまな希望に沿った婚活が実現できますよ。

基本情報

東京都中央区に本社を構える株式会社オーネットが運営する結婚相談所です。業界最大級の自社会員数を誇り、男女比もほぼ1:1でバランスがよいです。会員同士の成婚退会者が多いのも特徴です。

項目 概要
運営会社 株式会社オーネット
会員数 49,936人【男性:28,390人 女性:21,546人 / 男女比 57:43】
(2019年10月1日現在。既に会費の支払いが終了した会員を含む。自己都合・交際等により一時的に活動を休止中の会員14,378人を含む。)
成婚実績 5,880人
※2018年1~12月の実績かつ会員同士のみの成婚者数
主なエリア 関東、関西、中部地方を中心に全国各地
全国支店数 40店舗
6ヶ月の活動費の目安 約19万円(成婚料なし)
他社との違い 会員限定の婚活パーティー・イベントが年間で3,000回以上開催

もっと詳しく>>

ツヴァイ

おすすめの理由

新規入会者が男女ともに30代が最多なので、同年代のお相手を探したい方におすすめです。また、男性は30代に次いで40代の会員が多いため、年上の男性と出会いたい女性にもぴったりでしょう。

さらに、成婚退会するまでの活動期間は4ヶ月が最も多く、スピーディーに効率よく婚活を終わらせたい方にもおすすめです。

法人会員制度を採用しているので、安定した企業の方や普段は出会えないような職業の方と巡り会えるチャンスもありますよ。

基本情報

ツヴァイは、東京都中央区に本社を置く株式会社ツヴァイが運営する結婚相談所です。イオングループに所属しており、法人会員向け・地方自治体向けといった団体ごとの婚活もサポートしています。全国に店舗を構えているので、地方の婚活に強いのも特徴です。

項目 概要
運営会社 株式会社ツヴァイ
会員数 27,758人
※休止中の会員を含む
成婚実績 5,427人
※2018年2月21日~2019年2月20日の実績で、会員同士・会員外含む成婚者数
主なエリア 関東、関西、中国地方など全国各地
全国支店数 51店舗
6ヶ月の活動費の目安
※パーソナルサポート スタンダード
約16万円(成婚料なし)
他社との違い 法人会員制度の対象となる企業・団体が2万以上と豊富

もっと詳しく>>

パートナーエージェント

おすすめの理由

会員の年代比率は30代が最も多いため、同年代のお相手を見つけやすいです。特に男性は30代後半から40代前半が会員の約半数を占めているため、女性にとっては適齢期の男性を見つけやすい結婚相談所と言えるでしょう。

また、コンシェルジュ同士が連携して出会いの機会を増やしたり、入会前から成婚後まで専門分野のスペシャリストが婚活を支えたりといったマルチサポートも強みです。
業界初の会員相互紹介システムを導入しており、他結婚相談所の会員も紹介対象となるので出会いの機会が広がります。

「効率的に婚活したいけどサービスの質も妥協できない」という方におすすめです。

基本情報

パートナーエージェントは、 東京都品川区に本社を構える株式会社パートナーエージェントが運営する結婚相談所です。大手結婚相談所の中でトップクラスの成婚率を誇り、また会員が安心・安全に活動できるようセキュリティやサービス品質にもこだわっています。

項目 概要
運営会社 株式会社パートナーエージェント
会員数 24,439人
※CONNECT-shipの会員数含む
成婚実績 成婚率:27.2%
※2017年4月〜2018年3月の年間成婚退会者÷年間平均在籍会員数×100で算出
主なエリア 関東、関西、中部地方を中心に全国各地
全国支店数 30店舗
6ヶ月の活動費の目安
※コンシェルジュライトコース(エリアⅠ)
約13万円(+成婚料5万円)
他社との違い 出会い保証制度を設けている

もっと詳しく>>

ノッツェ.

おすすめの理由

ノッツェ.は年代別のサービスが充実しており、30代向けのプランが設けられています。
「年齢に合った婚活をしたい」という方をしっかりサポートしてくれますよ!

また30代の会員が多いため、「結婚するなら同年代がよい」という方にとってもお相手を探しやすいでしょう。

基本情報

ノッツェ.は、東京都新宿区に本社を置く株式会社 結婚情報センターの運営する結婚相談所です。創業25年の老舗結婚相談所で、全国に支店やサテライト店を展開しています。お住まいの地域で気軽に婚活を始めることができます。

項目 概要
運営会社 株式会社 結婚情報センター
会員数 非公開
成婚実績 非公開
主なエリア 関東、関西、九州、東北など全国各地
全国支店数 21店舗
※その他、サテライトオフィスあり
6ヶ月の活動費の目安
※ベーシックコース
約21万円(成婚料なし)
他社との違い 遺伝子をもとに相手を探す「DNAマッチングコース」がある

もっと詳しく>>

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

最後に、結婚相談所を安く利用できる方法をいくつかご紹介します。
婚活費用はできるだけ抑えたい!という方は、ぜひチェックしてみてください。

地域限定プランをチェック!

地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

各結婚相談所では、期間限定のキャンペーンを打ち出しているところもあります。

たとえばツヴァイは「夏の婚活応援キャンペーン」として入会初期費用を3~9万円ほど割引きすることがあり、タイミングが合えばかなりお得な価格で利用することができます。

こういったキャンペーンであれば年齢や地域を問わないので、結婚相談所を比較する際には必ずチェックするようにしましょう。

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

関連記事 PICK UP

「30代におすすめの婚活方法」を読む>>
「35歳の婚活事情」を読む>>
「36歳の婚活事情」を読む>>
「37歳の婚活事情」を読む>>
「38歳の婚活事情」を読む>>
「39歳の婚活事情」を読む>>