当サイト経由の入会で毎月先着10名に婚活支援金3万プレゼント!

2020.11.30 更新

お見合い相手と付き合う前にチェックすべきポイント5つ

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

お見合い相手とお付き合いするには

お見合い相手とお付き合いをする際には、以下の手順を踏むケースが一般です。

1.お見合いの直後に感謝と自分の気持ちを伝える
2.「交際希望」の連絡に対して、相手から返事が届く
3.仮交際のスタート
4.ファーストデートをする
5.食事やデートを重ね、親交を深める
6.告白が成功すれば、真剣交際の開始

上記を見てわかるように、お互いが結婚を強く意識していても、すぐに真剣交際に発展するわけではありません。また、交際を申し込む前には、「幸せな結婚生活を実現できる相手なのか?」について慎重に判断することが大切です。

そこで以下では、お見合い相手との交際前にチェックしておきたいポイントや、お付き合いにいたったカップルの特徴をまとめました。お見合いからの流れに不安を感じている方は、ぜひ最後までチェックしていきましょう。

お見合い相手と付き合う前にチェックすべきポイント5つ

お見合い相手とお付き合いをする前には、「幸せな結婚生活をイメージできるか?」という点をしっかりと確認しておく必要があります。相手に致命的な欠点があるにも関わらず、そのまま結婚まで進んでしまえばもう後戻りはできません。

そこで次からは、お見合い相手との交際前にチェックしておきたい5つのポイントをご紹介していきましょう。

相手の金銭感覚

結婚生活において夫婦の金銭感覚が異なると、お互いに強いストレスを感じることになります。その結果、離婚をしてしまうカップルも珍しくないので、結婚を見据えた交際では「相手の金銭感覚」を事前にチェックしておかなくてはなりません。

特に気を付けておきたいのは、浪費癖やギャンブル癖のある人。お金を消費することが癖になっている人は、どれだけパートナーから注意をされてもなかなか辞められない傾向があります。

「自分がしっかり管理すれば良い」と考えている方もいらっしゃいますが、隠れてお金を遣われてしまえば管理をする意味もありません。お互いの金銭感覚は、将来の生活水準やライフプランに大きな影響を及ぼすので、特に浪費癖やギャンブル癖の有無は細かくチェックしておきましょう。

住むエリアや住まいについての考え方

将来的に住むエリアや住まいも、将来の結婚生活に大きな影響を及ぼすポイントです。

住むエリアについては、やはり「親と同居するつもりがあるか?」を真っ先に聞いておきたいところ。相手が両親との同居を希望している場合は、義母・義父との信頼関係も構築しなければなりません。

また、なかには離島や海外など、生活に不便なエリアを望むような方もいらっしゃいます。つまり、住むエリアに対する考え方が異なると、どちらかが大きなストレスを抱えることになるので、「将来的にどこに住みたいか?」は事前にしっかりと聞いておきましょう。

さらに、マンションや戸建てなどの「住まいに対する考え方」も、確実にチェックしておきたい部分。特に賃貸と持ち家とでは、これからのお金の貯め方や使い方が大きく変わってくるので、相手の意思をきちんと確認しておくことが大切です。

子どもを欲しがっているかどうか

今回ご紹介するなかでも、「子どもが欲しいかどうか?」は特に重要なポイントと言えます。子どもがいる人生と、2人きりで過ごす人生とでは、これからの過ごし方や目標が大きく異なるためです。

子どもをつくる場合は、すぐにでも出産費用や教育費用を貯めなくてはなりません。家族など周囲からの理解も必要になりますし、お互いの考え方が一致していなければ、そもそも子どもをつくることが難しいでしょう。

「結婚をすれば子どもはつくるもの」と考える人がいる一方で、「2人きりの人生を過ごしたい」と感じている人も多くいらっしゃいます。そのため、「相手もきっと子どもが欲しいはず」と勝手に思い込んでいると、考え方の不一致によりすぐに離婚に追い込まれてしまうことも。

また、子どもをつくる時期によっても今後の人生プランは大きく変わるので、子どもが欲しい"タイミング"についてもしっかりと話し合いましょう。

家事に対する考え方

特に共働きを想定している場合は、相手の「家事に対する考え方」もチェックしておく必要があります。男性が家事をする時代になったとは言え、「家事はすべて任せたい」と考えている方は少なくありません。

また、理想の家庭を築きたいのであれば、家事の分担方法もぜひ話し合っておきたいポイントです。単に分担するとは言っても、分担方法には以下のような方法があるので、できれば細かい部分まで突き詰めておきましょう。

・数日に1回など、お手伝い感覚で男性が家事をサポートする
・男性は洗い物、女性は洗濯のように、作業ごとに分担する
・「5対5」や「7対3」のように、割合で分担を決める

まだお付き合いをしていない相手に対して、家事分担の具体的な方法はやや話しづらいかもしれません。しかし、分担方法によっては夫婦間トラブルや大きなストレスにつながるため、少なくとも相手の"考え方"は把握しておく必要があります。

両親の健康状態や、介護に対する考え方

結婚を見据えるのであれば、お互いの両親の健康状態や、介護に対する考え方も切り離せないポイントです。

たとえば、相手の両親がすぐにでも介護を必要としている場合は、結婚の直後に義両親との同居を強いられることも。すぐに介護生活に入ると、満足な新婚生活を送れない可能性がありますし、生活状況の変化によって大きなストレスを抱えるリスクも考えられるでしょう。

また、自分の両親が倒れたときに「相手が介護に理解を示してくれるか?」という点も、しっかりと確認しておく必要があります。デリケートな問題ではありますが、介護の問題は夫婦間トラブルにつながりやすいので、できれば交際前にはっきりとさせておかなくてはなりません。

現時点でお互いの両親が健康であっても、いつどのタイミングで介護が必要になるのかはわからないので、デリケートな部分もしっかりと話し合っておくことをおすすめします。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

お見合いでお付き合いにいたったカップルの特徴

婚活を成功させるには、お見合いでチェックするべきポイントを丁寧に確認するだけではなく、自分自身の考え方も見直すことが大切です。婚活に対する考え方は人それぞれですが、実際に交際や成婚を果たしたカップルを参考にすれば、考え方のヒントが得られるはずです。

そこで次からは、お見合いでお付き合いにいたったカップルの特徴をご紹介していきます。現在の自分の考え方と比較しながら、可能な部分については考えを改めていきましょう!

容姿ではなく「人間性」で相手を判断している

お付き合いにいたったカップルの多くは、パートナーを容姿ではなく「人間性」で判断しています。一方で、容姿だけで判断をすると自然とライバルが増えるため、思ったように婚活を進められなくなるリスクが高まってしまうでしょう。

実は途中で「外見よりも中身のほうが大切」と考えを改め直したことで、スムーズに幸せな結婚を迎えるケースは多く見受けられます。ここまでご紹介してきたように、容姿以外の部分のほうが結婚生活に及ぼす影響は大きいので、お見合い相手はできるだけ内面で判断することを意識しましょう!

探り探りではなく、お互いに素直な気持ちをぶつけている

気になるお見合い相手がいるにも関わらず、「嫌われたくない」「傷つきたくない」などの不安から、なかなか気持ちを伝えられない方は多くいらっしゃるでしょう。しかし、お見合いからお付き合いへと進むには、どちらかが先に気持ちを伝える必要があります。仮に相手も消極的な性格の場合は、ただ待っていると2人の関係性は全く発展しません。

一方で、お見合いからお付き合いをするカップルは、早い段階で素直な気持ちをお互いに伝えています。相手の気持ちがわかることで、「これからどう付き合うべきか?」や「どのように動くべきか?」もわかりやすくなるので、気持ちを早く伝えることは決して悪いことではありません。

逆に探り探りの状態が続くと、いつの間にか2人の関係性が解消されてしまう恐れもあるので、気になった相手に対しては早めに気持ちを伝えることが大切です!

容姿や人間性のつり合いがとれている

お見合いでお付き合いまで進むカップルは、自然と容姿や人間性のつり合いがとれています。つまり、どちらか一方が高望みをしたり、妥協をしすぎていたりするケースは多くありません。

婚活において「高望み」や「妥協のしすぎ」は、失敗につながる行動です。両者のつり合いがとれていないと、次第にどちらか一方が優越感や劣等感を感じてしまいます。

特に婚活があまりうまく進んでいない方は、焦りからさまざまな条件を妥協しがちなので注意しておきましょう。

将来に関して同じ目標や考え方をもっている

将来に関して同じ目標や考え方をもっているカップルは、自然と2人の距離が縮まります。子どもや住まい、両親などに対する考え方が一致していれば、お互いに不安を感じることなく幸せに過ごせるためです。

そのため、前述でご紹介した5つのチェックポイントは、やはり細かくチェックしておかなくてはなりません。「相手はどのように考えているんだろう…」と何かしらの不安を抱えている状態では、素直な気持ちや態度を出すことも難しくなるので、必要な部分は早い段階ではっきりとさせておきましょう。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

結婚相談所に入会する前に

相談所によって料金メニューや婚活スタイルはさまざまです。
どの結婚紹介所が自分にあっているのか見極めるために、まずは結婚相談所の資料を取り寄せるところから始めてはいかがでしょうか。

年齢やご職業などからあなたに合う結婚相談所を自動でピックアップし、お取り寄せの手配をまとめて行えます。 資料のお取り寄せに費用はいっさいかかりませんので、お気軽にご利用ください。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

関連記事ピックアップ

関連記事PICK UP

≫ お見合い結婚と恋愛結婚の違いとは
≫ お見合いや初デートでおすすめの話題
≫ お見合い成功の秘訣
≫ お見合い成立の確率をあげる方法
≫ お見合いでの仲人の役割とは
≫ 結婚相談所でも婚活に苦戦する理由とは
≫ お見合いでやってしまいがちなNG行動、マナー違反とは
≫ お見合いから交際までの流れ
≫ お見合いの成功率は平均どれくらい?成功率をあげる5つの方法
≫ お見合い相手はどこまで妥協すべき?折り合いをつけるには?
≫ 婚活女子が避けるべき男性の特徴│結婚してはいけない男の見分け方
≫ 平均年齢からわかる婚活にベストな年齢
≫ お見合いの成功率は平均どれくらい?成功率をあげる5つの方法

2021年春の最新キャンペーン

2021/04/30まで
一般社団法人仲人協会連合会

入会金無料キャンペーン

入会金22,000円→0円 入会月の月会費6,600円→0円!

お得な費用で婚活を始められる3月限定のキャンペーンです。
入会金・入会月の月会費が無料、登録料のみで入会できます。

★入会金22,000円→0円★
★入会月の月会費6,600円→0円★

費用 入会金無料キャンペーン
入会金 0円
(通常22,000円)
登録料 6,600円
(通常6,600円)
月会費 0円
(通常6,600円)

※上記は全て税込み金額です。
※入会後、6ヶ月以上の活動の継続が必要です。
※入会月の月会費は無料、翌月から6,600円のお支払いとなります。

キャンペーン対象
年齢
20歳以上
性別
共通
地域
全国
詳しく見る
閉じる
ツヴァイ

再入会割引コース

登録料+初期費用50%OFF!

ツヴァイを一度退会した方がお得な費用で婚活を再開できるキャンペーンです。
登録料と初期費用の合計金額が57,750円割引(半額)されます。

★登録料+初期費用50%OFF★

費用 再入会割引コース
登録料+初期費用 57,750円
(通常115,500円 )

※上記は全て税込み金額です。
※ご紹介+自由検索コースと同じサービス内容です。

キャンペーン対象
年齢
20歳以上
性別
共通
地域
全国
その他
その他のみ
詳しく見る
閉じる
ツヴァイ

20代割引コース

初期費用60,500円OFF 月会費3,520円OFF!

20代限定の婚活応援プランです。
初期費用の割引により、気軽に婚活を始められます。

★初期費用60,500円OFF★
★月会費3,520円OFF★

費用 20代割引コース
入会料金 55,000円
(通常115,500円)
月会費 11,880円
(通常15,400円)
成婚料 0円

※上記は全て税込み金額です。

キャンペーン対象
年齢
20〜29歳まで
性別
共通
地域
全国
詳しく見る
閉じる