当サイト経由の入会で毎月先着10名に婚活支援金3万プレゼント!

2022.02.16 更新

お見合い相手はどこまで妥協すべき?折り合いをつけるには?

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

お見合いに妥協はつきもの?

いくらお見合いとは言っても、理想のパートナーと簡単に出会えるわけではないため、「妥協が必要になるのでは…?」と不安を感じている方も多いはず。結論から言うと、スムーズな結婚を目指しているのであれば、ある程度の妥協は必要になります。

ただし、婚活には「妥協できる条件」と「妥協できない条件」の2つがあるので、すべての条件を妥協するべきではありません。相手に求める希望条件の設定で悩んでいる方は、本記事を通して最適な妥協ラインを見極めていきましょう!

お見合い相手に希望する条件

まずは、世の中の婚活男性・婚活女性がどのような条件を希望しているのか、その実態をご紹介していきます。いずれも結婚を強く意識している方が挙げたものなので、以下の条件は幸せな結婚生活につながる要素と言えるでしょう。

順位男性女性
1位相手の人柄相手の人柄
2位自分との相性自分との相性
3位年齢年収や資産

上記の結果から、男性・女性ともに相手の内面を重視していることがわかります。もちろん、お互いの経済面や年齢差も重要なポイントですが、それ以上に「一緒にいて楽しいか?」や「楽に過ごせるか?」などの”内面”を重視する方が多いと言えるでしょう!

性格や価値観の一致は、幸せな結婚生活を送るうえでは欠かせません。ほかにも誠実さや優しさ、包容力など、数多くの方が性格・価値観に関する条件を優先的に挙げています。

経済面での条件は?男女別の最低ラインをご紹介

結婚生活では相手の内面が重要になるとは言え、生活の質に関わってくる「経済面」も軽視できないポイントです。男性はそれほど重視していませんが、女性の場合は相手の「年収や資産」を最優先することも決して珍しくありません。

では、具体的にどれくらいの年収があれば、最低ラインを越えられるのでしょうか。その点を紐解くために、大手結婚相談所「ノッツェ.」が公開しているデータを見ていきましょう。

結婚相手の条件男性(女性に対する希望)女性(男性に対する希望)
希望年収1位:201~300万円
2位:101~200万円
3位:401~500万円
1位:501万円以上
2位:401~500万円
3位:301~400万円
最低年収1位:0~100万円
2位:101~200万円
3位:201~300万円
1位:301~400万円
2位:401~500万円
3位:501万円以上

上記のデータから判断すると、男性の最低年収ラインは300万円以上ですが、女性についてはほぼ最低ラインが設けられていないことがわかります。もちろん、すべての男女に当てはまるわけではありませんが、希望条件として平均以上の年収を求める方はそれほど多くありません。

外見に関する希望条件は多い?そのほかの条件もまとめてチェック

お見合い相手への希望条件として、容姿や身長のように「外見」に関する要素を求める方もたしかに見受けられます。ただし、そのほかの条件に比べると、外見に関する希望条件はそれほど多くありません。

では、ここまでご紹介したもの以外では、どのような条件を求められることが多いのでしょうか。性別によって希望条件は多少異なるので、以下では男女別に主な条件をまとめました。

男性が女性に求める主な条件女性が男性に求める主な条件
・タバコを吸わないこと
・金銭感覚が合うこと
・無駄遣いやギャンブルをしないこと
・料理や育児ができること
・仕事に理解を示してくれること
・一緒にいる時間を大切にしてくれること
・金銭感覚が合うこと
・無駄遣いやギャンブルをしないこと
・家事を手伝ってくれるなど、優しい男性であること
・食事の好みが一致していること

ここまでをまとめると、未婚の男性・女性は相手に対して”結婚生活に直結する条件”を求める傾向が強く見られます。このことから考えると、「年齢」を重視している男性が多い点についても、出産・育児などのライフプランを意識した結果と言えるでしょう。

これらの点を踏まえてお見合いの方針や希望条件を見直しておくと、婚活全体をスムーズに進められる可能性があります、

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

お見合い相手への条件はどこまで妥協すべき?

では、婚活をスムーズに進めたい場合、実際にはどのような条件まで妥協をするべきなのでしょうか。本来こだわるべきポイントを妥協すると、幸せな結婚生活を送ることは難しくなってしまうので、妥協できるラインは慎重に見極めなくてはなりません。

そこで次からは、「幸せな結婚生活を送るための妥協」という観点から、妥協できる条件・妥協できない条件について解説していきます!

妥協しやすいポイント① 容姿

比較的妥協しやすいポイントとしては、まず「相手の容姿」が挙げられます。相手の容姿が良いと日常生活に華はありますが、幸せな結婚生活を送るうえで容姿は必須条件ではありません。多くの方は容姿が優れていることよりも、性格や居心地の良さに魅力を感じるはずです。

また、周りから「カッコイイですね」「美人ですね」と褒められる点も容姿にこだわるメリットですが、結婚はあくまでも本人たちの問題。仮にどちらかが優れた容姿の持ち主ではなくても、お互いが納得していれば周りの方は関係ありません。

もちろん、許容できる容姿であることは必要ですが、相手の容姿をスムーズに受け入れられるのであれば、美形や美人であることにこだわる必要はないでしょう。

###妥協しやすいポイント② 年齢

容姿だけではなく「年齢」も、比較的妥協しやすいポイントです。仮に女性のほうが年上であったり、年齢差がやや離れていたりしても、本人たちが了承していれば何の問題もありません。

出会ったばかりの頃はやや気になるかもしれませんが、実際に結婚生活をしてみると年齢によって問題が発生するケースは稀です。結婚生活では、お互いの年齢よりも重視するべきポイントがたくさんあるので、年齢差などは次第に気にならなくなるでしょう。

ただし、将来的に子どもがほしい場合は、年齢にも多少はこだわる必要があります。とは言うものの、最近では高齢出産も珍しくなくなってきているため、ある程度の年齢を下回っていればそこまでこだわる必要はありません。

###妥協しやすいポイント③ 住むエリア

義両親と同居する場合は別ですが、「住むエリア」も妥協することを考えておきたいポイントです。「住めば都」という言葉があるように、どのような地域も実際に住んでみれば、意外と不満を感じなくなるケースは多く聞かれます。

また、もし相手が転勤族であれば、結局はそのうち引っ越すことになるでしょう。そのため、「都会が良い」「不便なところは嫌」のように考えている方は、妥協できるラインを改めて考え直すことをおすすめします。

妥協できないポイント① 価値観や結婚観

ここからは、お見合い相手に妥協できないポイントを見ていきます。ひとつ目のポイントとしては、「価値観」や「結婚観」が挙げられるでしょう。

価値観や結婚観が一致することは、幸せな結婚生活を送るうえで必須の条件です。価値観が合わないと日常生活のさまざまな場面で衝突しますし、結婚観の不一致は将来のライフプランに深刻な影響を及ぼします。

たとえば、価値観・結婚観が合わないカップルは、人生の目的や楽しみ方なども合わないので、ライフプランを共有することができません。今後数十年と一緒に過ごしていく結婚生活において、ライフプランを共有できないことは致命的な問題です。

そのため、価値観・結婚観については基本的に妥協せず、お見合いでは相手の意思をきちんと確認しておきましょう!

妥協できないポイント② 経済面や金銭感覚

「経済面」や「金銭感覚」は、結婚生活の質に関わってくる大切なポイント。前述でご紹介した通り、相手の収入面を真っ先に条件として挙げる方はそれほど多くないものの、あまりにも世帯収入が少ないようでは幸せな結婚生活は送れません。

経済面に問題があると、将来のライフプランにも悪影響が生じてきます。子どもを育てるのにもお金はかかりますし、生活が苦しいとマイホームやマイカーも購入できなくなってしまうでしょう。

また、お互いの金銭感覚については、さらに気を付けておきたいポイントです。2人の金銭感覚があまりにもかけ離れていると、どちらか一方は常に大きな不安やストレスを抱えることになります。

妥協できないポイント③ 暴力の有無など、身体面に支障が生じる条件

幸せな結婚生活と、健康的な生活は切り離せないものです。お互いの健康を維持できないと長く一緒に暮らすことはできないので、「身体面に支障が生じる条件」は決して妥協できません。

具体的なものとしては暴力の有無が挙げられますが、お互いに健康的な生活を送りたいのであれば、以下の条件にもこだわる必要があります。

・アルコール依存症などを患っていないか
・あまりにも不健康な生活を送っていないか
・家事や育児をどれくらい負担してくれるか

上記のなかでも「家事・育児」の負担は、交際の前にしっかりと確認しておきたいポイント。共働きの状態ですべての家事・育児を押しつけられると、ストレスや身体的な負担がいつの間にか蓄積されてしまうので、特に結婚後にも働きたい方は気をつけておきましょう!

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

お見合い相手の妥協、自分の理想と折り合いの付け方

お見合いでは妥協できる条件・妥協できない条件の2つがあるとは言っても、実際に妥協できるラインは人それぞれです。なかには、上記でご紹介した「妥協できるポイント」のなかに、個人的には妥協できないポイントが含まれているような方もいらっしゃるでしょう。

では、妥協できるポイントと自分の理想は、どのように折り合いをつければ良いのでしょうか。お見合い相手への条件設定で悩んでいる方は、ぜひ以下でご紹介する方法を参考にしてみてください。

理想と現実の違いを見極める

妥協できるポイントがなかなか見つからない方は、自分の希望条件が「理想」にあたるのか、「現実的」であるのかを慎重に見極めましょう。妥協できないポイントが現実的な範囲に含まれるのであれば、無理に条件を引き下げる必要はありません。

しかし、そのポイントが理想に該当する場合は、改めて希望条件を見直すことが重要です。自分自身のステータスと、異性に求める条件のつり合いが取れていないようでは、なかなか結婚まで進める相手は見つけられません。

現実的ではない希望条件については、どうにかして引き下げないと結婚が遠のいてしまうので、そのような条件が見つかったときにはラインを限界まで引き下げることを考えましょう。

どうしても難しいポイントは、相手に相談することも考える

それでもどうしても譲れない条件がある場合は、最終手段としてお見合い相手に相談をする方法がおすすめです。相手が自分の意見に理解を示してくれれば、妥協が必要なくなるラインまで努力をしてくれるかもしれません。

ただし、相手に変わることを望むのであれば、自分も何かしらの形で変わることが求められます。その結果、お互いにストレスが溜まり距離が離れてしまう恐れもあるので、相手に相談をする方法はあくまでも”最終手段”と考えておきましょう。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

お見合い相手の条件を妥協せず、理想の結婚をする人も!

お見合いや結婚には妥協が必要とは言っても、なかには一切妥協をすることなく、理想の結婚を遂げた方も見受けられます。ただし、そのためには自分を高めたり、効率的な方法でお見合いを進めたりなど、何かしらの努力や工夫をしなければなりません。

具体的な手段としては、たとえば自分のステータスを高めるために習い事をする方法、結婚相談所の仲人に頼る方法などが挙げられます。特に結婚相談所の仲人は、さまざまな観点から的確なアドバイスをくれるので、ぜひ頼っておきたい存在です。

妥協をすれば結婚に近づくことは事実ですが、婚活には特にルールが定められていないので、実際に妥協するかどうかは本人の自由です。その結果、苦戦して婚活が長引いたり、婚活疲れに陥ったりするリスクもありますが、自分が納得できるのであれば妥協しない方法で婚活を進めることも考えてみましょう。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

結婚相談所に入会する前に

相談所によって料金メニューや婚活スタイルはさまざまです。
どの結婚紹介所が自分にあっているのか見極めるために、まずは結婚相談所の資料を取り寄せるところから始めてはいかがでしょうか。

年齢やご職業などからあなたに合う結婚相談所を自動でピックアップし、お取り寄せの手配をまとめて行えます。 資料のお取り寄せに費用はいっさいかかりませんので、お気軽にご利用ください。

厳選大手17社からあなたの年代に合わせた
結婚相談所のパンフを無料でお届けします

※結婚相談所と分からないよう無記名封筒でお送りします

結婚相談所のパンフレット
親御様はこちらから

関連記事PICK UP

≫ お見合い結婚と恋愛結婚の違いとは
≫ お見合いや初デートでおすすめの話題
≫ お見合い成功の秘訣
≫ お見合い成立の確率をあげる方法
≫ お見合いでの仲人の役割とは
≫ 結婚相談所でも婚活に苦戦する理由とは
≫ お見合いでやってしまいがちなNG行動、マナー違反とは
≫ お見合いから交際までの流れ
≫ お見合いの成功率は平均どれくらい?成功率をあげる5つの方法
≫ お見合い相手と付き合う前にチェックすべきポイント5つ
≫ 婚活女子が避けるべき男性の特徴│結婚してはいけない男の見分け方
≫ 平均年齢からわかる婚活にベストな年齢
≫ お見合いの成功率は平均どれくらい?成功率をあげる5つの方法

2023年冬の最新キャンペーン

2023/02/28まで
京都婚活サロンNepisu

冬の婚活応援キャンペーン!

30代限定で初期費用が半額に!

冬の婚活応援キャンペーン!
2月28日(火)まで!期間限定のお得なキャンペーンです。

★通常なら初期費用が税込110,000円かかるところを、
キャンペーン期間中に入会された30代の方は初期費用を
税込55,000円(半額)にさせていただきます。

キャンペーン対象
年齢
30歳以上
性別
共通
地域
京都府
詳しく見る
閉じる
フィオーレ

20代婚活応援プラン

初期費用15%OFF、最大64,350円OFF!

20代の「今から」婚活する気持ちを応援するプランです。
初期費用を抑えつつ、手厚いサポートが受けられます。

★初期費用15%OFF★

※フィオーレコースとセレクトコースが対象

20代婚活応援プラン初期費用月会費成婚料
フィオーレコース
(ショートプラン)
263,670円
(通常310,200円)
4,400円0円
フィオーレコース
(スタンダードプラン)
314,160円
(通常369,600円)
4,400円0円
フィオーレコース
(プレミアムプラン)
364,650円
(通常429,00円)
4,400円0円
セレクトコース140,250円
(通常165,000円)
13,200円110,000円

※上記は全て税込み金額です。
※他の割引・キャンペーンとの併用はできません。

キャンペーン対象
年齢
20〜29歳まで
性別
共通
地域
全国
詳しく見る
閉じる
パートナーエージェント

U29プラン

初期費用最大約50%OFF 月会費最大3,000円OFF!

20代の婚活を応援するプランです。
安い費用で20代にぴったりの婚活ができます。

★初期費用最大約50%OFF★
★月会費最大3,000円OFF★

U29プラン初期費用月会費登録料成婚料
コンシェルジュコース
(エリアⅠ)
52,250円
(通常104,500円)
16,500円
(通常18,700円)
33,000円55,000円
コンシェルジュコース
(エリアⅡ)
52,250円
(通常104,500円)
13,200円
(通常15,400円)
33,000円55,000円
コンシェルジュライトコース
(エリアⅠ)
33,000円
(通常33,000円)
12,100円
(通常14,300円)
33,000円55,000円
コンシェルジュライトコース
(エリアⅡ)
33,000円
(通常33,000円)
8,800円
(通常12,100円)
33,000円55,000円

※上記は全て税込み金額です。
※エリアやプランにより異なります。
※~29歳まで(~29歳にご入会で、満31歳の誕生日を迎えるまで継続可能です。)

エリアⅠ 該当店舗エリアⅡ 該当店舗
東京エリア
新宿店 西新宿店 銀座店 池袋店 上野店 丸の内店
関東エリア
横浜店 大宮店 船橋店
中部エリア
名古屋店
関西エリア
大阪店 京都店 神戸店
北海道エリア
札幌店
東北エリア
仙台店
関東エリア
高崎店
中部エリア
静岡店
九州エリア
福岡店
キャンペーン対象
年齢
20〜29歳まで
性別
共通
地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
詳しく見る
閉じる

都道府県から結婚相談所を探す

結婚相談所一覧から結婚相談所を探す