商社マンと出会いたい、結婚したい人へ

結婚したい職業として人気が高い商社マン!
職業柄、語学が堪能でフットワーク軽く明るい男性が多いといわれています。
今回はそんな「商社マン」の人気が高い理由、平均年収、結婚するメリット、結婚生活、婚活体験談などをまとめてご紹介します!

結婚したい職業で「商社マン」が人気!その理由とは?

商社マンは海外を駆け巡り、大きな取引や生活に役立つ製品の輸入などにかかわる仕事です。
語学が堪能で今の時代に頼もしく、結婚後は海外赴任でグローバルな生活が楽しめると憧れる女性も少なくありません。
高年収も期待できる仕事で、子どももインターナショナルに育てられると大変人気なのです。

商社マンとの結婚事情 メリットとデメリット

商社マンといっても、どの業界のどのような立場にいるかなどで仕事内容や得意分野が大きく異なります。
こちらでは、商社マンとの結婚についてメリットとデメリットをそれぞれまとめてみました。

メリット① 海外での暮らしが楽しめる

商社マンとの結婚を希望する方の一番の理由が、海外生活をしたいというものです。

商社の種類や規模、担当業務によって欧米先進国から中国や韓国、東南アジアから中東や南米、アフリカに至るまで渡航機会が得られます。3年から5年ほどのスパンで世界を巡れるのが楽しいという奥さまは少なくありません。

特に東南アジアは物価が安く暮らしやすいうえ、賃金も安い地域なら家政婦を雇うこともできるため人気の滞在地です。勤務先から住宅手当も出るため、ゆとりあるセレブな生活を楽しめるのがメリットです。

メリット② 高収入に加え、高級品を安く手に入れることも

商社マンは全般的に年収が高いだけでなく、海外赴任先の物価や生活費のレベルが日本より低くても、基本的には日本国内と同じレベルで給料が支払われます。
ですので「お金が貯まりやすい」「優雅な生活を楽しめる」と奥さま方に好評です。

赴任費用や家族の帯同費用なども会社が負担してくれるので、頻繁に転勤があっても費用面で困ることはありません。また、海外で為替の差を利用してブランド品を安く手に入れられたり、商社の社割で高級品を安く買えたりするメリットもあります。

メリット③ 子どもをバイリンガルに育てられる

商社マンは英語はもちろん、多言語を操るバイリンガルであることが少なくありません。

一方、商社マンと結婚される女性は必ずしも語学が堪能である必要はありません。ご主人がサポートしてくれますし、さまざまな国に赴任するので1つの言葉ができるだけでは意味がない場合もあります。
現地での生活を楽しめる柔軟性と適応力があれば、奥さまの語学力は必ずしも必要ないのです。

一方で、子どもは生まれたときから国際的な環境に置かれるため、英語や現地語、母国語である日本語を巧みに操るバイリンガルに育てられます。

デメリット 海外赴任と子どもの教育との調整が必要

商社マンは出張が多いため、家族サービスのために時間を取りづらいのがデメリットです。子どもがいないうちは夫婦の時間が、子どもができてからは学校行事や家族行事の時間がどうしても少なくなってしまいます。

また、子どもが小さなうちは比較的身軽にあちこちを家族で赴任する方が多いですが、子どもの学年が上がるに連れて状況が変わってくる家庭もあります。

子どもを国内の学校に進学させる、また日本で勤務中に子どもが受験を控えているときなどに海外赴任となると、夫が単身赴任となり家族がバラバラの生活になってしまうのもデメリットと言えるでしょう。

商社マンと相性がいいのはどんな女性?

商社マンは、海外や新しい世界へどんどん踏み出していくような好奇心旺盛で快活な女性と相性がよいです。
語学は英語くらいはできたほうが楽しいかもしれませんが、商社マンの妻はビジネス英語を使うより現地の住人と交流する機会が多いため、どんな場所でも柔軟になじめる適応能力やコミュニケーション力に長けた方が向いています。

逆に、内向的な性格で現地に溶け込めない方は、海外でホームシックにかかったりストレスを抱えたりしてしまいます。
また、商社マンは仕事が忙しく家にいる時間が少ないため、寂しがりで「できるだけ夫との時間が多いほうがよい」という女性も不向きと言えるでしょう。

商社マンとの結婚生活

商社マンとの結婚生活といっても、海外赴任をするイメージしかなく「商社マンの仕事の内容も実はよく分からないし、海外での暮らしも海外旅行くらいしか想像できない…」という方も多いのではないでしょうか。
商社マンとの結婚後の生活を想像するのに、参考になりそうな情報をまとめてご紹介しますね!

商社マンの平均年収

商社は規模にもよりますが、人気の大手商社になると初任給でも年収が450万円程度と高く、勤続7年目あたりで1000万プレイヤーになる方も少なくありません。
結婚相手の対象や家族の生活を支える責任世代の40代にもなれば、大手商社なら平均年収が1500万円近くにも昇ります。

もちろん、担当業務や仕事での実績にもよりますが、順調に昇進していく人であれば、より高い年収も期待できます。

年代 平均年収の目安(※)
20~29歳 約450~920万円
30~39歳 約800~1340万円
40~49歳 約1000~1770万円
50~59歳 約1200~1500万円

<図表:年代別にみる商社マンの平均年収 >

※「三菱商事」「三井物産」などの大手商社、また役職者の年収も含む平均値です

商社マンとの暮らし

商社マンといっても、ずっと海外を飛び回っている人もいれば、日本勤務が多いといった人もいます。こればかりは勤務先での立場もありますので、どのような場所で暮らすのかも未知数です。

ですが、赴任にかかる費用はほぼ会社が負担してくれ、住宅の手配や、お子さまの現地で通う学校の手配などもしてくれますので、費用面や生活面で困ることはありません。

帰国する際にも、子どもの学齢に合わせて、帰国子女枠がある学校を案内してくれるなど家族のフォロー体制も充実しています。

商社マンの将来性

経済がますますグローバル化している中、日本と海外諸国との取引はいっそう盛んになることが期待できます。
先進国に加えて、急成長する東南アジアをはじめ、南米諸国やアフリカ諸国でも少しずつ経済力高まっていますので、商社マンが活躍できる場は山ほどあります。

日本が少子高齢化で市場が縮小したり、労働者不足になったりすることに悩む中、中国やインドなど人口が多い市場をターゲットにしたい企業は山ほどあり、商社マンのサポートを頼りにしているものです。

仕事が増えることはあっても減ることはなく、これから将来性も年収アップも期待できる職業です。

商社マンと出会いたい!おすすめの方法は?

日本での男女の出会いといえば、合コンやお見合いパーティー、友人の紹介などがありますが、既に活躍している商社マンは日本にいない期間が多いものです。
そんな商社マンと出会うには、どのような方法があるのでしょうか。

職業で相手を絞れる婚活サービスのフル活用

商社マンが日本で婚活ができるのは日本勤務のときや、海外から一時的に戻ってきているわずかな時間です。その貴重な時間を使って積極的に仲間に声をかけて合コンをしたり、目ぼしい婚活パーティーに出たりする方も少なくありません。

また、海外赴任中に婚活サービスサイトを使って好みの女性とメッセージ交換などで親交を深め、日本に戻ったときに一気に距離を縮めるという方もいます。そのため、こうしたチャンスを逃さないようにしたいものです。

もっとも、その人が本当に商社マンなのか、実際に有名な商社に勤務しているのかは自己申告次第なので、教えられたプロフィールが嘘かもしれないというリスクもあります。

普段なかなか連絡が取れない場合、偽りのプロフィールでも発覚しにくい可能性もありますので、都合のよい関係に発展しかねない恐れもあります。
騙されるのでは…と不安な方は、身分保証がしっかりしたサービスを選ぶのがおすすめです。

結婚前提のまじめな出会いなら「結婚相談所」

確実に有名な商社に勤めている、バリバリの商社マンと結婚して海外セレブ生活をしたいなら、勤務先や職業の確認もしっかりしている信頼できる結婚相談所を選びましょう。
運転免許証やパスポートといった本人確認はもちろん、勤務先の健康保険証や収入証明書なども確認して、商社勤めであることを明確にしてくれるところが安心です。

初めてお見合いをした際には名刺をもらい、不安であれば、名刺に書かれている電話番号やメールアドレスに連絡を入れて本当に在籍しているか確認する方法もあります。上手く行えば、相手に不快な思いをさせずに勤務先確認ができます。

もちろん、丁寧なフォローが売りの結婚相談所なら、そうしたサポートもあなたに代わって助けてくれたりしますのでより安心です。

結婚相談所をおすすめする3つの理由

商社マンとの結婚に向けて「結婚相談所」がなぜおすすめなのか、3つに分けて詳しくご紹介します。

希望の条件相手と出会える

結婚相談所では、出会いたい相手について自分の希望条件を提示することができます。
特に、商社マンは高収入が多い仕事ですが、ひとくちに商社といっても非常に幅広いのですべての商社マンが高収入なわけではありません。

仮に友人から紹介してもらったり合コンで出会えたりしても、「面と向かって収入のことは聞きづらい」「実は自分の希望する条件にマッチしていなかった」ということもあり得ます。

結婚相談所であれば、最初に条件を確認し厳選した上で相手と出会えるので、「理想の結婚相手」を効率的に探すことができます。友人の紹介や合コンへの参加以上に、高い確率で、希望条件に合った相手と出会うことができるでしょう。

もちろん、相手の男性も希望を出していますから、あなたと出会いを希望された時点で相手の希望条件に自分が当てはまっているということも、会う前の安心材料になりますよね。

嘘のないプロフィールを確認

結婚相手の条件を大事にする方ならば、出会いの場では「そのプロフィールに嘘、偽りがないか?」ということが気になりますよね。

実際に合コンやパーティーなどのイベントでは、その場限りの嘘の職業や収入を口にしたり、年齢をごまかしたり、実は結婚していることを隠しているといったことも少なくありません。
本気で結婚相手を探しているのに、嘘の情報で惑わされてしまってはとても迷惑ですよね。

「結婚相談所」を通しての出会いでは、プロフィールが真実であることが保証されているので、冷静な目で条件を確認することができます。信頼できるということはとても大きな安心材料ですよね。

結婚までがスムーズにいきやすい

合コンなどのように自ら動いていくスタイルの婚活だと、初めて参加される方は「どうすれば商社マンと出会えるの?」「どんなお付き合いをすればよい?」と悩まれるでしょう。

結婚相談所には、そうした悩みを親身に聞いてくれるアドバイザーが在籍しています。多くの人たちの結婚をサポートしてきた「結婚のプロ」だからこそ、あなたの婚活が上手くいくように支援してくれるはずです。

また、結婚相手として人気のある商社マンも、出張が多かったり夜遅くまで残業したりと忙しいため、理想の相手と効率的に出会える結婚相談所を利用する方が多いです。

結婚相談所に登録しているということは、互いに結婚の意思があるということですので、男性も女性もよりスムーズに出会い、結婚まで進みやすいのです。

「毎日仕事が忙しくて、家に帰った時に美味しいご飯を用意して精神的に癒してくれる存在が欲しい…」
そう考える男性商社マンの方が結婚登録所に登録し、あなたのような方との出会いを今も夢見ているかもしれませんよ。

結婚相談所経由で結婚した商社マンの声

とにかく脱ぎたがる商社マンたち
  • 28歳
  • 東京都
  • 年収600万円
  • 27歳
  • 商社
  • 年収1000万円

商社マンだらけの大規模パーティー

某大手商社マンが15人ほど集まるパーティーに友達に呼ばれて参加しました。 女性も商社マンたちがそれぞれ呼んで同じ位の数が集まっており、全部で30人弱の大規模パーティーです。 » つづきを読む

イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら