歯科医師と出会いたい、結婚したい人へ

結婚したい職業として人気が高い歯科医師!
職業柄、きめ細やかで優しい男性が多いと言われています。

今回はそんな「歯科医師」の人気が高い理由、平均年収、結婚するメリット、結婚生活、婚活体験談などをまとめてご紹介します!

結婚したい職業で「歯科医師」が人気!その理由とは?

歯科医師(歯医者さん)が結婚したい職業で人気の理由として、独立開業がしやすい、高収入傾向にあるなど経済的な面で憧れる女性が多いほか、自慢できると専門性や歯科医師の資格を重視する方もいます。

歯科医師との結婚事情 メリットとデメリット

歯科医師と結婚した場合、その生活にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
勝手に思い描くイメージと、実際の結婚生活にはズレがあることも多いため、実際の歯科医師に嫁いだ女性の声をもとにメリットやデメリットをご紹介していきます。

メリット① 独立開業しやすく、専門によっては高収入

歯科医師と言えば、病院やクリニック勤務より開業医が人気なほか、独立開業するという彼についていき結婚する女性が多いです。

コンビニほど数があると言われて競争も激しい歯科業界ですが、得意分野や専門性を高めることで差別化が図れます。 特にインプラントや矯正歯科、審美歯科など自費診療が基本の分野を専門にクリニックを開業している場合は、高収入が見込めるため、裕福な暮らしが期待できます。

メリット② 性格が細かいけれど優しい

歯科医師はその職業柄、細かいところまで気付き、配慮しようとします。 そう言うと「神経質で口うるさそう」「寡黙な職人気質ではないか」と思われがちですが、歯科医師は患者とのコミュニケーションも重視される仕事です。

治療を怖がる小さなお子さまから大人まで、リラックスさせ安心して治療を受けてもらう必要がありますので、性格自体は穏やかで人当たりがよく優しい人が多いそう。 温かな家庭を築きたいという女性にとって、夫となる男性が温和で優しい性格というのは嬉しいポイントではないでしょうか。

メリット③ 歯科医師の妻として自慢できる

歯科医師に限ったことではありませんが、医師、歯科医師、教師など、一般的に「先生」と呼ばれる職業は、仕事の上だけでなくプライベートでも尊敬されます。

ご近所の方から知り合いや親族に至るまで「先生の奥さま」と一目置いてくれたり、ご主人のことを立派なお仕事に就かれていると褒めてくれたりします。

自分の夫を褒められて嫌な妻はいませんし、そんな夫に選ばれたのが自分だと思うと誇らしくなります。 周囲から相談を受けるなど頼りにされることも多く、自慢の夫、父親となってくれるでしょう。

デメリット 思ったより忙しい

「開業医だから休日はしっかり取れるのではと思っていたのに意外に忙しい…」というのが歯科医師のデメリットと言えるでしょう。

今の時代はライフスタイルやワークスタイルの多様化に合わせて、夜間や休日に診療をする病院が増えています。 特に競争率が激しい歯医者さんの場合、患者にとって通いやすい(自分が行きたいときに行ける、予約しやすい)ことはとても重要です。

対応時間が柔軟なほど患者が増え高収入となる一方、家族との時間が思ったより少ないという不満の声もあります。

歯科医師と相性がいいのはどんな女性?

歯科医師は失敗の許されない責任ある仕事です。 常に神経を研ぎ澄ませて治療にあたらなければならず、心身の疲労やストレスが多いという特徴があります。 そのため、リラックスさせてくれる、和やかで優しい女性と相性がよいといえるでしょう。

一方で独立開業にあたって奥さまにサポートしてほしい方もおり、歯科衛生士や歯科技工士などの資格を持つ女性も歓迎されます。 夫婦二人三脚で歯科医院を運営していくという道もあるのです。

歯科医師との結婚生活

「独立開業している歯科医師との生活って、一体どんなものだろう」と考えても、サラリーマン家庭に育った女性なら想像もつかないかもしれません。 歯科医師との結婚後の生活を想像するのに、参考になりそうな情報をまとめてご紹介しますね!

歯科医師の平均年収

歯科医師の年収は地域差や経験による差が多いのが特徴です。

地域別の平均年収は500万円台から1000万円台とばらつきがあり、地方だから低く、都会だから高いとは限りません。 歯科医院の数と患者となる人口にも影響を受けるからです。

また、経験が高まるほどに年収が上がっていくのが一般的で、20代後半の駆け出しの頃は500万円に届かない程度ですが、30代では900万円台、40代になれば1000万円前後が平均となってきます。

年代 平均年収の目安(※)
20~29歳 約330~425万円
30~39歳 約930~1380万円
40~49歳 約1000~1130万円
50~59歳 約680~1350万円
60~69歳 約1000~1165万円
70歳以上 約1080万円

<図表:年代別にみる歯科医師の平均年収  ※『平成30年賃金構造基本統計調査』参考>

※月収×12+年間賞与その他を合計した年収の目安です

歯科医師との暮らし

開業医の最近多い診療スケジュールとしては、「平日のうち4日が診察日で、1日は休診日」「土日はいずれかを診療日にするか土曜の午前のみ診療」とするパターンが多いです。 週休2日の会社員より休みが少ないといって差し支えないでしょう。

また、経験が浅い歯科医や開業して間もない歯科医の場合、休診日は完全なお休みではなく、技術習得の時間・病院のアルバイト・経営の勉強などに充てており、休日だからといって家族サービスをねだったり家事の協力をお願いしたりしづらい傾向にあります。

ただし、会社員のような繁忙期の残業・医師のような急患対応などがないため、家族旅行や行事の計画は比較的立てやすいと言えます。

歯科医師の将来性

「歯科医院はコンビニの数よりも多い」というのは例え話ではなく、実際にコンビニの数より1.6倍もの数があることが判明しているのです。 地域によっては、まさに患者の取り合いといった激戦区もあります。

患者人口と歯科医師の数が見合っていないように受け取れますが、だからといって将来的に厳しくなるという単純な話ではありません。 人が集まる仕組みを理解し、お金の儲け方をある程度勉強した経営上手の歯科医師は、変わらず高い将来性が期待できます。

また、独立ではなく病院に雇用される形でも、矯正やインプラントなどの専門性が高い分野を得意としていれば民間企業に勤める会社員より高収入であることがほとんどです。

歯科医師と出会いたい!おすすめの方法は?

男女の出会いと言えば、合コンやパーティー、友人の紹介やマッチングアプリなどがありますが、歯科医師はとても忙しいため、効率的に少ない手間で婚活できるのであれば、結婚相談所のようなお金がかかるサービスもためらいなく利用します。

職業で相手を絞れる婚活サービスのフル活用

歯科医師は夜間診療や土日診療があり、プライベートの時間がそれほど多くなく、休診日には技術を学ぶために研修に行ったり、経営の勉強をしたりと慌しいため、わずかな時間を見つけて合コンしようとか、パーティーに参加して探そうという人はあまり多くありません。

また、職業柄、社会的な評価や患者の目を気にするので、不特定多数の人が利用するマッチングアプリは利用しづらいという方が多いのです。

しかし時間は取りにくい一方でお金の余裕はあるため、お金を払うことで効率的に婚活ができる結婚相談所は歯科医師にぴったりなのです。 女性の側でも歯科医師と結婚したいという明確な希望があるなら、歯科医師が選ぶサービスを利用するのがおすすめです。

結婚前提のまじめな出会いなら「結婚相談所」

婚活パーティーの中には歯科医師や医師限定のパーティーがあったり、マッチングサイトでも歯科医師のプロフィールで登録していたりする方はよく見かけますが、中には女性と出会いたいがために平気で嘘をついて登録する男性もいます。

職業詐称のリスクを回避するためにも、本人確認や資格確認がしっかりしている信頼のおける結婚相談所を選ぶのがベストです。

結婚相談所をおすすめする3つの理由

歯科医師との結婚に向けて「結婚相談所」がなぜおすすめなのか、3つに分けて詳しくご紹介します。

希望の条件相手と出会える

結婚相談所では、出会いたい相手について自分の希望条件を提示することができます。 つまり、出会いたい「理想の結婚相手」を効率的に探すことができるのです。

もちろん、すべてが理想通りに上手くいくとは限りませんが、友人に紹介を頼んだり合コンに参加したりするよりも、ずっと高い確率で希望条件に合った相手と出会えるでしょう。

「歯科医師と結婚したい!」とお考えで、普段の生活で歯科医師との出会いがないという方は、結婚相談所の利用をご検討ください。未来の結婚相手と巡り会えるかもしれませんよ。

もちろん、相手の男性も希望を出していますから、あなたと出会いを希望された時点で相手の希望条件に自分が当てはまっているということも、会う前の安心材料になりますよね。

嘘のないプロフィールを確認

結婚相手の条件を大事にする方ならば、出会いの場では「そのプロフィールに嘘、偽りがないか?」ということが気になりますよね。

実際に合コンやパーティーなどのイベントでは、その場限りの嘘の職業や収入を口にしたり、年齢をごまかしたり、実は結婚していることを隠しているといったことも少なくありません。 本気で結婚相手を探しているのに、嘘の情報で惑わされてしまってはとても迷惑ですよね。

「結婚相談所」を通しての出会いでは、プロフィールが真実であることが保証されているので、冷静な目で条件を確認することができます。信頼できるということはとても大きな安心材料ですよね。

結婚までが早い

最後に、結婚相談所を利用した出会いはお互いに「結婚したい」という気持ちが前提にあるので、結婚への流れがとてもスムーズにいきやすいことをあげておきます。

たとえ歯科医師と出会えたとしても、互いに結婚の意思がなければ意味がありませんよね。 特に、女性の中には「結婚するならできるだけ早いうちがよい」と年齢にこだわる方もいるでしょう。

結婚相談所を利用する方は、男性女性ともに結婚を希望されているため相互の結婚に対する意思にズレがありません。ですので、限られた時間を有効的に使って婚約までスムーズに進めやすいのです。

また男性側も、仕事が忙しくなかなか婚活の時間が取れないため、出会いが欲しいと思っていても行動に移せない方も多いようです。 そんな男性歯科医師の方が「結婚登録所」に登録し、あなたのような方との出会いを今も夢見ているかもしれません。

結婚相談所経由で結婚した歯科医の声

期待して行った歯科医師(開業医)合コン
  • 24歳
  • 東京都
  • 年収250万円
  • 37歳
  • 男性歯科医
  • 年収1000万円

ずっと楽しみにしていた高収入な男性との合コン

初めて出会い系合コンサイトを利用してみました。 自分のプロフィールを入力して、合コンの申し込みをこちらからしたり待ってみたりできるそうです。 今回の合コンは先方から申し込みがありました。 相手は歯科医師!しかも開業医!合コン代金は全て男性もち!なんだか楽しそうな予感。 婚活真っ最中だった私たち24歳は、楽しみに向かいました。 » つづきを読む

違う世界を知った恋愛
  • 33歳
  • 東京都
  • 年収400万円
  • 32歳
  • 会社員
  • 年収9999万円

最初は他の娘を狙っていた彼

彼との出会いは合コンです。男性メンバーは歯科医、社長等。女性メンバーは一般事務とCA。 私は遅刻していったのですが、場が盛り上がりすぎていて、なじめず終わりました。 彼は別の女の子を気に入っているようでしたし、私はもともと好きになってくれた人の中で、好感を持てる人とした付き合った事がなかったので、彼は対象外でした。 合コン後の当たり障りのないお礼メールで終わりになるだろうと思っていましたが、たまたま彼の学生時代通っていた駅に私が住んでいたので、なんとなく会う話がでて、付き合うようになりました。 » つづきを読む

東京の殿方ってスゴイ!
  • 26歳
  • 京都府
  • 年収200万円
  • 43歳
  • その他
  • 年収万円

東京で開催される合コンに誘われる

京都に住みながらも大阪勤務、時々東京出張という仕事についていた私。東京の女友達に、京オンナに憧れを抱く東京の男性たちと合コンをして欲しい!と頼まれ、当時周りの結婚ラッシュも重なって結婚願望が高まっていたのもあって快諾しました。 東京に住みたいという願望もあり、どうせ結婚するなら東京のイケてるお金持ちの男性がいいという理想もあったので、東京出張が終わった後に合コンに合流することにしました。 東京に住む京都出身の女友達と私、最近上京したという女友達の友達と3人に対し、広告代理店勤務の男性、歯科医師、経営コンサルタントの男性3人というメンバー。名刺交換の時点で田舎者の私は鼻血が出そうでした。 合コン会場もパーティールームみたいなホテルのスイートルームのようなインテリア。今まで居酒屋か、ちょっとこじゃれたダイニングバーみたいな所で合コンをしていた私には夢心地な空間でした。 » つづきを読む

医師がたくさんの結婚相談所
  • 29歳
  • 東京都
  • 年収400万円
  • 36歳
  • 男性医師
  • 年収1000万円

セレブリティ婚活の開始

この相談所のウリでもあるセレブ男性との真面目な出会いを夢見て入会しました。 いくつかコースのある中で私の登録したプランでは、パーティーに参加するものと自宅に何名かのデータが送られてきて気に入った人がいれば申し込みをして、お互い合意のもと面会が許されるという選択肢がありました。 入会するとそれぞれにアドバイザーの様な人が専属でつくのですが、20代のうちは出られるパーティーも多いので今のうちに出ておいた方がいいと勧められ、パーティーに参加することにしました。 パーティー参加の度に登録料以外にも費用がかかるので迷ったものの、参加しなければ意味がないと思い、いくつか参加してみることにしました。 » つづきを読む

イチオシ結婚相談所選定基準
  • 担当者が話してみて信頼がおける
  • 個人情報保護が徹底している
詳しくはこちら