弁護士と出会いたい、結婚したい人へ!

結婚したい職業として人気が高い弁護士!
職業柄、正義感が強くトラブルの際にも頼りがいのある男性が多いと言われています。

今回はそんな「弁護士」の人気が高い理由、平均年収、結婚するメリット、結婚生活、婚活体験談などをまとめてご紹介します!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚したい職業で「弁護士」が人気!その理由とは?

弁護士と言えばエリートであることに加え、品行方正で収入も非常によく、社会的ステータスも高いため、結婚相手として非常に人気の職業です。
弁護士のドラマや映画を見て憧れる女性や情報番組などで活躍する姿を見て興味を持つ女性も少なくありません。

弁護士との結婚事情 メリットとデメリット

弁護士が裁判の判決が出た際の会見を見たり、テレビ番組で事件やトラブルなどの説明をしたりする姿を見たことはあっても、法廷での実際の現場やプライベートは想像ができない方が多いのではないでしょうか。
こちらでは、弁護士と結婚した場合のメリットやデメリットについてご紹介していきます。

メリット① 社会的ステータスが高く、高収入

弁護士は「先生」と呼ばれることもある、社会的ステータスが高い職業です。
司法試験という超難関の国家試験を通過しており、その多くが名門校出身であることから、学歴も頭脳も優秀なエリートが揃う職業といってよいでしょう。
駆け出しの弁護士でも、一般サラリーマンに比べて格段に高い年収が期待でき、裕福な生活が期待できます。

メリット② トラブル時に頼りになる

日常生活を送る中で、交通事故に巻き込まれたり、ご近所さんと一悶着があったりなどさまざまなトラブルの可能性がありますよね。

ですが、法律のプロである弁護士が最も身近な存在としていることは、とても強みになります。
トラブルが起きた際にもすぐに相談でき、迅速に最適な対応策を見出してくれるため、大きな問題となるのを未然に防ぐこともできるでしょう。

もしもの時に頼れる男性は、夫としても父親としても周囲に堂々自慢できますね。

メリット③ 家族の時間が持ちやすい

独立開業している弁護士はもちろん、事務所に雇用されている弁護士でも受け持つ分野によっては土日・祝日、盆休み、年末年始などお休みがしっかりとれます
特に経験を重ねた中堅以上の弁護士はゆとりが出てくるため、プライベートの時間を確保しやすく、夫婦一緒に子どもの成長を見守れます。

デメリット 分野によって差がある

弁護士は、専門分野によって収入や暮らしに大きな差があります。
たとえば刑事弁護を主にしている場合、収入がそれほど高くないため、稼ぎやすい民事弁護と二足のわらじを履くケースも多く、そういう方は多忙をきわめます。

これに対し、離婚や相続問題、交通事故、借金問題、企業法務などの民事弁護が中心だと、収入が高く安定しています。 国際弁護や大手法律事務所勤務となれば、さらに収入は期待できますが、その分、忙しくて家族との時間が持ちづらいなどのデメリットがあります。
夫婦の時間を大切にしたい方は、何の専門分野かを把握しておき、覚悟する必要が出てくるでしょう。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

弁護士と相性がいいのはどんな女性?

弁護士は職業柄、ルールなどに細かく、理論立てて意見を述べる方が多く、法律問題以外の日常的なことでも明確な線引きを設けたり、事細かに理詰めをしたりするといった特徴があります。

主張することにかけては右に出るものなしの弁護士。
日常的な会話から生まれた主張に一つひとつ向き合っていると、精神的に追い詰められてしまうこともあります。

末長くお付き合いするためにも、法令や社会的なルールなど大事なところはきっちり守れる方、彼の話を関心深く聞きながらも、さらりと受け流したり、その雰囲気を楽しめたりする方が、相性のいい女性と言えるでしょう。

弁護士との結婚生活

弁護士はその分野によって収入や暮らしが異なるため、結婚生活のイメージがしづらいかもしれません。
こちらでは、弁護士の平均年収など、結婚後の暮らしを想像する上で参考になりそうな内容をご紹介します。

弁護士の平均年収

厚生労働省の発表している「平成30年賃金構造基本統計調査[HP]」によると、弁護士の平均年収は約772万円です。

意外に低いように見えるかもしれませんが、弁護士は調査の対象となる人数が少ないため、調査年度ごとの差が大きくなってしまいます。例えば平成30年は230人のみの平均ですが、平成29年の発表では890人に調査した年収の平均が1097万円とのことですので、こちらのほうがより実際の数値に近いと言えるでしょう。

また、弁護士の年収は独立開業なのか、雇われているのか、専門分野は何なのかによっても大きく異なります。高収入の弁護士と結婚したい方は、ただ職業だけを見るのではなくその方の雇用形態についてもあらかじめ確認しておきたいですね。

年代別にみる弁護士の平均年収

弁護士の平均年収は、年代によってどのように変化するのでしょうか。
こちらでは、調査対象の多かった平成29年のデータをもとに算出した平均年収の目安をご紹介します。

年代 平均年収の目安
25~29歳 約580万円
30~39歳 約690~1000万円
40~49歳 約970~1650万円
50~54歳 約2975万円
65~69歳 約480万円

※平均年収の目安は、厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査[HP]」をもとに(きまって支給する現金給与額×12ヶ月)+(年間賞与その他特別給与額)を計算しています。
※55~64歳はデータなし

弁護士との暮らし

弁護士の一般的なスケジュールは、平日の9時から17時を基本に法廷での実務や顧問企業などに対応しています。
※人によっては夜間や土日に一般個人などの相談を受けることもあります。

一方、国際弁護士になると相手の国に合わせて、夜間も働くといった方も珍しくないでしょう。
大変そうな仕事ですが、守秘義務があるため家に仕事を持ち込むことはまずありません。
仕事とプライベートが分離されている分、家では穏やかに過ごせるといえます。

弁護士の将来性

グローバル化が進む中、企業間で国際的なトラブル解決や契約などにあたって弁護士へのニーズが高まる一方で、弁護士が増えすぎているという指摘があります。
しかし、転職の際に有利に働くのが資格の強みであり、弁護士資格はその中でも大変優位です。
独立している場合には収入に波が出ることもありますが、いわゆる経済的な将来の不安はないでしょう。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

弁護士と出会いたい!おすすめの方法は?

弁護士の場合、ネット炎上・信頼喪失などのリスクを避けるために、マッチングアプリなど不特定多数の方が利用する婚活サービスは使用しない傾向にあります。

職業で相手を絞れる婚活サービスのフル活用

「弁護士と出会いたい」と結婚したい相手の職業が決まっているのであれば、知り合いを介して出会ったり、そういった方を対象とした婚活パーティーやマッチングアプリなどを利用したりという方法が考えられます。

ですが、弁護士の数は他の職業よりも少なく、しかも半数近くを東京が占めているため、お住まいの地域によっては、そもそも弁護士とつながりのある知り合いがいない、あるいは婚活パーティーが開催されないということもあります。

また、「高収入限定」「弁護士・会計士などの〇〇士限定」というように条件が設定されていたとしても、職業を証明できる身分証の提出は特に義務付けられてない婚活パーティーも多いです。弁護士は人気の職業である分、「弁護士である」と虚偽の申請をして参加する方がいることも十分に考えられます。

確実に弁護士と出会いたい方は、相手の職業がきちんと証明された上で利用できるサービスを選択するようにするとよいですね。

結婚前提のまじめな出会いなら「結婚相談所」

結婚を前提としたまじめな出会いを求めるのであれば、「結婚相談所」がおすすめです。

弁護士の場合、結婚詐欺や婚活サービスに関する問題などを対処することもあるため、その危険性を熟知している方が多いです。

婚活サービスを介してトラブルに巻き込まれるとすると、自身の信用問題に発展する可能性もあるため、証明書の提出や個人情報の保護に配慮された結婚相談所のほうを選択しやすいのは何となくうかがえますよね。

また、結婚相談所によっては弁護士や医者のようにハイクラスの男性との出会いのみを対象とした結婚相談所もあります。 結婚相談所に登録している男性は、結婚に対して真剣に考えている方ばかりなので、出会ってから1年以内で結婚というのも珍しくありません。弁護士の男性とできるだけ早く結婚したい方にとって、そういった結婚相談所はぴったりだと言えるでしょう。

結婚相談所をおすすめする3つの理由

弁護士との結婚に向けて「結婚相談所」がなぜおすすめなのか、3つに分けて詳しくご紹介します。

理想の相手と効率よく出会える

結婚相手との出会いを求めている人なら誰にでも理想像があると思います。職業は男性のステータスの1つですから、誰しも気になりますよね。
もし弁護士と結婚したいといったような希望が具体的にある方は、ただ待っているだけではなかなか出会えません。
弁護士は人気の職業ゆえに出会いたいと思っている女性の数も多いからです。

多忙な弁護士の方は出会いにも効率を求めて結婚相談所を利用している可能性は高いですし、仕事一筋ゆえに出会いがないと嘆いている場合、あなたとの出会いを待っているかもしれません。
結婚相談所は出会いのチャンスを提供してくれるので、賢く上手く利用しましょう。

安心できる出会い

次に、結婚相談所を利用した出会いは、合コンやイベントでの出会いよりも安心できることが挙げられます。
なぜなら、相手の「職業」や「年収」などのプロフィールを事前に確認することができ、またそのプロフィールが真実であることも保証されているからです。
結婚相談所では最初にプロフィールを提出し、独身証明書などの提出も求められます。

合コンで出会った相手と付き合ってから、実は職業を詐称していたり、年収を盛って伝えられていたという話も聞きますし、ひどい話では既婚者だったというケースもあるようです。
間違いなく「弁護士」の男性と出会いたいのであれば、身元を証明をしなくては登録できない結婚相談所は最適と言えるでしょう。

事前に条件を確認できる

最後に、基本的なことですが出会う前にお互いの求める「条件」を確認できること、これはとても重要です。
せっかく出会いがあったのに、「思っていた相手と違った…」「人柄は最高だけれど、結婚に求める条件が合わない」といった可能性を大きく減らすことができます。
結婚相談所では細かい相手のプロフィールを確認してから、出会いの場をセッティングしてもらえます。
手もあなたのプロフィールを先に知っているということも、大きな安心材料となりますよね。

弁護士があなたのプロフィールを見て、運命を感じることも夢ではありません。
競争率が高いからといって、最初から諦めてしまう必要はないのです。

自分の希望と相手の希望を上手くマッチングしてくれるのが、結婚相談所の最大のメリットです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの3つの方法をご紹介します。

地域限定プランをチェック!

20代割のほかに、地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

弁護士との婚活体験談

40代にして、弁護士と初婚を迎えることができました

40歳
職業女性 事務職
年収~400万
50代後半
職業男性弁護士
年収1000万〜

まさかの弁護士さんからの指名でした

私は自分自身とにかく地味だと思います。昔交際していた男性にもそれを指摘されたあげく、「もっと華やかな女性の方が良い」とふられた経験もあります。そのため男女関係に対してはとても臆病で、あまり恋愛をしてきませんでした。 そんな私も40になり、母親からいい加減将来のことを考えろといわれてしまい、とりあえず親を納得させなくてはという思いがあり、結婚相談所に入会を決めました。 どうせ結婚はできないだろうと思っていたので、入会して弁護士さんから指名があった時にはとても驚きました。

続きを読む


人気がある「結婚したい職業」

相手の職業一覧に戻る