医者と出会いたい、結婚したい人へ!

結婚したい職業として人気が高い医者!
男性医師は、収入の高さや安定性など女性にとって魅力的なポイントが多く、競争率が高いとも言われています。

今回はそんな「医者」の人気が高い理由、平均年収、結婚するメリット、結婚生活、婚活体験談などをまとめてご紹介します!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚したい職業で「医者」が人気!その理由とは?

医者は多くの女性が憧れる職業です。
結婚したい職業ランキングなどでは常に上位にランクインしています。

人気の理由は、やはりその収入の高さ。
実際、医者と結婚した女性からは「何一つ不自由なく生活できている」という意見もあります。

もちろん収入がすべてというわけではありませんが、お金に困らない生活ができるのはうれしいポイントですよね!

医者との結婚事情 メリットとデメリット

医者との結婚について、こんなメリットがあります。

  • 経済的に安定した生活を送ることができる
  • 社会的な信頼を得やすい
  • 子どもの教育に力を入れることができる

しかし一方で、仕事が忙しく家事や育児が妻任せになる、急な呼び出しが発生しやすいというデメリットもあります。

メリット① 経済的に安定した生活を送ることができる

医者は数ある職業の中でも、特に収入の多い職業です。
そのため、経済的に安定した生活を送れるようになります。

また、安定のためには定期的な収入が欠かせませんが、急な引っ越しなどで転職が必要になる場合も考えられますよね。
国家資格である医師は「なり手」が限られていることもあり、地域によっては医師不足と言われるほど医師の数が足りていないところもあります。 そのため、転職の際でも次の働き口を見つけやすいというメリットもあるでしょう。

メリット② 社会的な信頼を得やすい

高収入や権威的な職業のイメージがある医師は、「医師」というだけで社会的な信頼を得やすくなります。
「うちの主人は医者をしていて…」というだけでも周囲から一目を置かれますし、憧れの目を向けられることもあるでしょう。

また、社会的な信頼があることで、銀行から融資をしてもらう際や家を購入する際などでも、スムーズに申請が通りやすくなるというメリットもあります。

メリット③ 子どもの教育に力を入れることができる

収入が高いこととも関連しますが、医師と結婚することで子どもにレベルの高い教育を受けさせられるというメリットがあります。

経済的に余裕があるため、子ども自らが習いたいと言ったことや受けさせたい教育などを諦めなくてよいのはうれしいですよね。

また、子どもが怪我をしたときや病気になったときに的確に判断してもらいやすいです。
最も身近な存在として「お医者さん」がいることの安心感は大きいでしょう。

デメリット

逆に、医者と結婚することのデメリットとして挙げられるのが、家族の時間が取りにくいという点です。

勤務医なのか開業医なのか、もしくは何科なのかによっても異なりますが、医者という職業柄、休日であっても急患などで呼び出しがかかることがあります。

そのため、夫婦の時間や家族の時間はあまり作れない、子育てはほとんど1人で担当すると考えておいたほうがよいでしょう。

結婚相手としておすすめなのは何科?

メリットやデメリットがそれぞれある医者ですが、一口に医者と言っても、内科系・外科系などまったく性質が異なります。

また、細かく見ていくと同じ内科系でも循環器科や神経内科、消化器内科などに分かれており、忙しさなどもさまざまです。
外科や小児科などは突然の呼び出しも多いため、休日に家族で外出していても急に帰宅する必要が出てくることがあります。逆に、眼科や皮膚科は緊急性が比較的低いため、ゆっくり休日を過ごせる可能性が高いです。

このように診療科によって特徴は異なりますので、理想の結婚生活が具体的に決まっている方は「何科のお医者さんか」まで含めて相手を探してみるのもよいでしょう。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

医者と相性がいいのはどんな女性?

医者は仕事が忙しく、なかなか家にいる時間を取ることができません。
当直や夜勤の日々が続き、すれ違いの生活になることもあるため、

  • 医師の忙しさを理解し、支える覚悟がある
  • 1人で家事や育児をすることになっても構わない
  • 相手に依存せず、1人の時間も楽しむことができる

といった女性と相性がよいと言えるでしょう。

また、医者の妻になると、社交の場に顔を出す機会が生じる場合もあります。同行者としてどういった振る舞いや言葉遣いをすべきなのか、TPOを考えて行動できる女性であると、さらによいでしょう。

医者と相性が悪いのはどんな女性?

一方、医者と相性が悪い女性は、夫婦で子育てをしたい人や自身のキャリアも大事にしたい人です。

医者の激務さを考えると、家族と一緒に過ごす時間をあまり作れない可能性が高く、子育ては妻にまかせっきりになる場合があります。
また、医者の相手としては精神的に自立した女性であることも大切ですが、キャリア志向の高い方だと家事や育児との両立は難しいでしょう。

「主人を支えながら生きていきたい」という意識のある方でないと、医者の相手として務まりにくいかもしれません。

医者との結婚生活

では、実際の医者との結婚生活はどのようなものになりうるのでしょうか。
医者との結婚後の生活を想像するのに、参考になりそうな情報をまとめてご紹介します。

医者の平均年収

厚生労働省が毎年発表している「賃金構造基本統計調査」によると、平成30年(2018年)の医師の平均年収は約1160万円です。

上記は企業規模が10人以上の場合をすべて含めた平均年収ですが、企業規模によっても年収は異なります。

たとえば企業規模が100~999人の場合は年収が約1500万円となりますが、1000人以上では約950万円となり、およそ500万円もの開きがあります。※ 参考:平成30年賃金構造基本統計調査[HP]

また、古いデータではありますが、平成21年に実施された「医療経済実態調査報告」によると、勤務医は年収1479万円、開業医は年収2530万円とあり、年収に1.7倍もの差があると発表されています。

病院勤務医の平均年齢は43.4歳、開業医は59.4歳と異なるため、同年代で比較すると違った結果になる可能性が高いですが、どちらにしろその他の職業よりも年収が高いことがわかりますね。

年代別にみる医者の平均年収

こちらでは、人事院の「平成30年職種別民間給与実態調査」により報告された、100人以上500人未満の企業における「平成30年4月分平均支給額」をもとに算出した医師の平均年収をご紹介します。

年代 平均年収の目安
24~32歳 約900~1200万円
32~40歳 約1200~1400万円
40~48歳 約1400~1700万円
48~56歳 約1700~1750万円
56歳~ 約1650万円

※年間賞与として、厚生労働省によって発表された「年間賞与 その他特別給与額」を加算しています

上記の表は医師のみを対象とした平均年収の目安ですが、病院長や副院長、医科長になると、同じ年代でも月収がさらに数十万円ほど高くなります。
できるだけ年収の高い医者と結婚したい方は、上昇志向があるか、開業を考えているかなどを聞いてみるのもよいかもしれませんね。

医者との暮らし

日々の業務に追われている医師。
通常の勤務だけでも忙しいですが、突然の呼び出しに対応する必要もあり、休日も多くありません。
特に20代などの若い勤務医は休日に別の病院でアルバイトをするなどもあり、なかなか一緒の時間をとれないでしょう。

また、勤務医の場合は転勤の可能性もあるため、相手に合わせて引っ越すとなると定職につきにくくなります。専業主婦、もしくはパートやアルバイトになる可能性が高いと考えておいたほうがよいでしょう。

医者の将来性

初めのうちは給料があまり高くない医者ですが、年齢を重ねるごとにどんどん給料が高くなります。
医師免許に有効期限はなく、一般的な定年(65歳)を超えても勤務し続けることができるため、相手の体力が続く限り安心してともに生活を歩んでいくことはできるでしょう。

ただし、退職金制度や定年後の再就職に関しては、医療機関によってさまざまです。もちろん65歳までの収入でも、その後の人生をまかなうことはできますが、より不安なく過ごしたい方は勤務先の退職金制度などについても確認しておくとよいかもしれませんね。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

医者との出会い方 おすすめの方法は?

男女の出会いと言えば、一般的に友人の紹介や合コン、街コン、婚活パーティー、マッチングアプリなどさまざまありますが、友人の紹介や合コンは知り合いに医師がいなければセッティングが難しいですし、婚活パーティーやマッチングアプリに関しても出会い目的による詐称が横行しているため注意が必要です。
確実に医者と出会いたい、多くの男性医師の中からより自分と相性が良さそうな人と結婚したいという方におすすめの方法をご紹介します。

職業で相手を絞れる婚活サービスのフル活用

普通の女性が、婚活中の男性医師と知り合う機会はなかなか訪れません。
「医者と結婚したい」という気持ちが明確に決まっているのあれば、そういった方を対象にした婚活パーティーや婚活サービスを活用するのが一般的です。

ただし、絶対数が少ない医師の場合、お住まいの地域によっては男性側が集まらず、婚活パーティーを開催できないこともあります。そのため、職業別で相手を絞ることのできる婚活サービスを使って出会う方法がおすすめです。

ですが、冒頭で述べたとおり、結婚相手として医者の人気が高いことは周知の事実であり、他の職業よりも女性からの注目を集めやすいです。
マッチングアプリのように、虚偽のステータスでも登録できる方法を用いると、医者ではないのに医者と偽っている男性と出会うことにもなりかねません。また、たとえ本当に医者だとしても、「医者はモテる」と自認している浮気性の既婚男性が相手を探している可能性もあるため、出会い方としては不安が残ります。

結婚前提のまじめな出会いなら「結婚相談所」

結婚を前提としたまじめな出会いがしたい場合、一番のおすすめは「結婚相談所」です。

結婚相談所は、入会時に独身証明書や収入証明書、資格証明書の提出が求められるため、虚偽のプロフィールで登録することができません。
そして何より、結婚相談所には「結婚したい」「家族がほしい」と真剣に考えている方のみが相談に訪れ、入会します。出会ってから1年以内に結婚する人が珍しくないのも、互いに真剣だからこそと言えるでしょう。

また、結婚相談所によっては「医師や弁護士限定」とハイクラスな男性との出会いのみを提供しているところもあります。できるだけ早く、そして確実に医者と出会いたい方にとって、ぴったりの方法なのではないでしょうか。

結婚相談所をおすすめする3つの理由

医者との結婚に向けて「結婚相談所」がなぜおすすめなのか、3つに分けて詳しくご紹介します。

相手の条件を確認してから出会える

「出会う前に相手のプロフィールを確認できる」ということが、結婚相談所のうれしいところです。つまり、相手と出会う前に「年齢、職業、学歴、家族構成など」を知ることができるので、出会ってから自分の希望とまったく違っているということがありません。
お相手候補のプロフィールを見て、じっくり相手を厳選してから、安心して出会うことができます。

合コンやパーティーなどのイベントだと、先に相手のプロフィールを確認することはなかなかできないですし、そもそも医師とつながりのある友人や知人がいない…という方が大半ではないでしょうか。

また、出会ってすぐの相手には聞きづらいですが、結婚相手には非常に重要な「年収」といった譲れないポイントも、結婚相談所では先に確認することができます。
お付き合いが始まってから、結婚に対する条件が合わずに泣く泣くお別れなんて心配もなくなります。

「相手のプロフィールを確認してから出会える」ということは、相手の方もあなたと会うことを希望した時点で、相手の結婚条件に当てはまっていることになりますから、安心して出会うことができるでしょう。

普段の生活ではなかなか出会えない人と出会える

次に、結婚相談所は「普段の生活ではなかなか出会えない人」と出会えることもおすすめの理由の1つです。

今の生活で男性医師と出会うことがありますか?
体調不良で病院に行くときやお見舞いに行くときぐらいですよね。

また、男性医師はとても多忙なお仕事ですので、自分が出席した合コンにたまたま男性医師がいた…なんて可能性はとても低いです。待っているだけではまず出会えない職業でしょう。

人気の職業とはいえ、実のところ多忙で出会いの少ない男性医師は、効率よく出会いを求めるために、結婚相談所を利用している方は多いそうです。

待つだけはもう卒業して、結婚相談所を利用してみてはいかがですか?
理想にぴったりな医者の男性との出会いが待っているかもしれません。

だまされる心配がなく安心

最後に、本気で結婚相手を探している人にとって一番の心配は「相手が嘘をついていないか」ではないでしょうか?

医師は人気の職業ですから、自分をよく見せるために、職業を詐称して医者を名乗る人は少なからずいるようです。
合コンで出会った相手が医者だと信じていたら、実はまったく違う職業で結婚までしていた…という話まであるようで、とても恐ろしいですよね。

結婚相手の職業の条件にこだわっている人には、とても大きな問題です。
結婚相談所の場合、最初にプロフィールを提出し、独身証明書や収入の証明も提出するので、嘘をつくことができません。ですから、安心してプロフィールを信用することができるのです。

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

結婚相談所を安く利用できる賢い方法

「仕事を始めて期間が浅い」「所得が平均より少ない地域に住んでいる」「派遣や契約社員で正社員よりもお給料が少ない」…さまざまな理由で、婚活費用はなるべくリーズナブルにしたい方もいらっしゃるでしょう。
そこで、そういった方々におすすめの3つの方法をご紹介します。

地域限定プランをチェック!

20代割のほかに、地域限定で料金が割安になることもあります。
平均より所得が少ない地域や、会員数が他店舗より少ない地域を対象に、入会費や月会費が安くなるプランを適用しているところがあるのです。

大手の結婚相談所以外にも、特定のエリアに強く料金も割安にしているなど特色が分かれるため、相談所を探すときはお住まいの地域で独自に展開しているところも併せて候補に入れておくとよいでしょう。

最新のキャンペーン情報をチェック!

結婚相談所の入会金はキャンペーンなどで大幅値下げの対象になることもあります。
普段から、なるべく公式の最新情報を確認し、お得なキャンペーンが打ち出されていないかチェックするようにしましょう!

婚活支援金が受けられるところを経由して入会!

また、当サイトでは「より多くの方にお役立ていただきたい」、そんな想いから婚活支援金を用意しています。

当サイト経由で資料を請求し、結婚相談所に入会した方を対象に、毎月・支援金申込み先着10名様に3万円をプレゼントしています。ささやかではありますが、婚活をスタートするにあたって費用面でお悩みの方はぜひご利用ください!

本気の婚活はじめよう!

パンフレットをもらう 無料

医者との婚活体験談

誠実な人?年収1000万以上の方ばかりの婚活パーティ

26歳
職業会社員
年収~300万
40代前半
職業男性歯科医
年収〜1000万

婚活パーティには、常連さんが潜んでいるかも!

そろそろ結婚を意識し始めたお年頃に、合コンも毎週のように参加していましたが、結婚につながるような良い出会いがありませんでした。そこで思い切って、独身の友人と二人で婚活パーティに参加してみることに。 初めてなので、どこの婚活パーティに行っていいのやら・・・不安でしたが、有名な婚活パーティー会社主催の婚活パーティがあると聞き、ちゃんとした会社がやっているという安心感でやっと出向く勇気が出ました。 そこで友人と都合が合う日に開催される数件のパーティを見つけ、「年収1000万以上の男性のみ」というキャッチフレーズに惹かれ、予約をしました。初めての婚活パーティはお金持ちの方がお相手に・・・!

続きを読む


さっすがドクター!ラグジュアリー合コン!

25歳
職業会社員
年収~300万
年齢 未回答
職業男性医師
年収未回答

人脈がモノをいう、参加費無料の接待合コン

「製薬会社の営業主催の合コンがあるから、一緒に参加しない?」と友人から誘いがあり、一緒に参加してみることになりました。 営業マンが付き添いの4対4での飲み会でしたが、まずは大井町競馬場で待ち合わせでした。 すでにボックス席が抑えてあり、そこでトゥインクルレースを楽しみます。 賭け金は自腹でしたが、人懐こい女性は掛け金すらもドクターが支払ってくれていたようでした。 「やっぱりドクターとの合コンってちょっと世界が違うな。お金持ちなんだな。」と実感しました。

続きを読む


高級な婚活パーティーに参加した結果むなしさを感じる事に

27歳
職業会社員
年収~500万
30代後半
職業男性医師
年収〜1000万

初めて高級な婚活パーティーへ

今まで3回ほど婚活パーティーに参加してきたのですが、なかなか自分の希望する条件の男性と出会う事ができませんでした。年収も私より低い方が多いですし、そこで男性の年収を限定した婚活パーティーに参加してみることにしたんです。 そのパーティーでは、年収が800万円以上の男性ばかり。それが参加できる最低条件でした。女性の場合は20代までで、他には特に条件はありません。お金持ちと出会いたい女性と、若い女性と出会いたいお金持ち男性のためのパーティーという感じですね。

続きを読む


奇跡の1ヶ月婚への道のり

38歳
職業OL
年収~550万
30代後半
職業男性公務員
年収〜650万

私のガチ婚活は婚活パーティーから

長く付き合った彼と別れて、ちょっとこれは結婚できないかもしれない、と焦った私は新聞に載っていた婚活パーティーに参加をすることにしました。 とはいえ当時37歳も終わりがけ、これで出会いはあるのか心配にはなりましたが、30歳の頃に行った婚活パーティーでは常に人気上位だったし、それにいまもわりとイケてない?と自分を自分で励まし参加をすることにしました。 そこでまずはいくつか婚活パーティーがある中でふたつに参加することに決めました。

続きを読む


人気がある「結婚したい職業」

相手の職業一覧に戻る